イベントを探す?

  • 2016年1月9日(土)〜2016年2月5日(金)

『アピチャッポン・イン・ザ・ウッズ2016』

2010年の『ブンミおじさんの森』で『カンヌ国際映画際』パルムドールを受賞し、美術家としても数々の国際展に参加しているタイ出身の映像作家アピチャッポン・ウィーラセタクン。3月には新作『光りの墓』の公開を控えているほか、『さいたまトリエンナーレ2016』への参加や東京・恵比寿の東京都写真美術館での個展なども予定されている。

『アピチャッポン・イン・ザ・ウッズ2016』は、2006年の監督作『世紀の光』の劇場初公開にあわせて開催。上映作品には『世紀の光』『ブンミおじさんの森』に加え、長編初監督作の『真昼の不思議な物体』、『カンヌ国際映画際』ある視点賞に輝いた『ブリスフリー・ユアーズ』、中島敦『山月記』の一説を引用した2004年の作品『トロピカル・マラディ』がラインナップしている。さらに中・短編の映像作品7作も一挙上映。

『アピチャッポン・イン・ザ・ウッズ2016』

2016年1月9日(土)~2月5日(金)
会場:東京都 渋谷 シアター・イメージフォーラム
上映作品:
『真昼の不思議な物体』
『ブリスフリー・ユアーズ』
『トロピカル・マラディ』
『ブンミおじさんの森』
『世紀の光』
アートプログラム(中・短編集)
料金:3回券3,600円 一般1,500円 学生・シニア1,200円 会員1,100円
※『世紀の光』は一般1,800円

続きを見る
  • 『アピチャッポン・イン・ザ・ウッズ2016』チラシビジュアル
    『アピチャッポン・イン・ザ・ウッズ2016』チラシビジュアル
  • 『トロピカル・マラディ』 ©Kick the Machine Films
    『トロピカル・マラディ』 ©Kick the Machine Films
  • 『世紀の光』 ©2006 Kick the Machine Films
    『世紀の光』 ©2006 Kick the Machine Films
  • 『ブンミおじさんの森』 ©Kick the Machine Films
    『ブンミおじさんの森』 ©Kick the Machine Films
画像を拡大する(7枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“完熟宣言”

<もしも願いが叶うならば はぐれた仲間の分まで 幸せな未来をちょうだい>。円陣を組んでシャムキャッツの4人が歌っている。大切な人との別れ、当たり前だった日常が失われていくことも横目に、ステップは絶えず前に。無邪気に笑顔を振りまく姿に、大人になるのは哀しくも楽しく、なんてことを思う。(山元)

  1. NHK『坂道テレビ』に中村勘九郎、吉岡里帆、井上芳雄ら&“黒い羊”写真も 1

    NHK『坂道テレビ』に中村勘九郎、吉岡里帆、井上芳雄ら&“黒い羊”写真も

  2. ピノキオピー、思春期に「優しさ」を学んだ大槻ケンヂとご対面 2

    ピノキオピー、思春期に「優しさ」を学んだ大槻ケンヂとご対面

  3. 石田スイ×TK from 凛として時雨 みんな何かと戦い、傷ついている 3

    石田スイ×TK from 凛として時雨 みんな何かと戦い、傷ついている

  4. Yogee New Wavesは時代を代表するバンドへ。青春の音の旅は続く 4

    Yogee New Wavesは時代を代表するバンドへ。青春の音の旅は続く

  5. 志尊淳が『HiGH&LOW THE WORST』参戦、鳳仙学園のリーダー役 特報公開 5

    志尊淳が『HiGH&LOW THE WORST』参戦、鳳仙学園のリーダー役 特報公開

  6. サカナクション山口一郎がオーストラリアの砂漠へ 「カロリーメイト」新CM 6

    サカナクション山口一郎がオーストラリアの砂漠へ 「カロリーメイト」新CM

  7. 日比野克彦が成功した理由 若手アーティストたちが自ら訊く 7

    日比野克彦が成功した理由 若手アーティストたちが自ら訊く

  8. NHK大河ドラマ『いだてん』、ピエール瀧の代役に三宅弘城 8

    NHK大河ドラマ『いだてん』、ピエール瀧の代役に三宅弘城

  9. 上白石萌音×杉野遥亮×横浜流星が同居生活 『L♡DK』新作映画キャスト発表 9

    上白石萌音×杉野遥亮×横浜流星が同居生活 『L♡DK』新作映画キャスト発表

  10. 映画『名探偵ピカチュウ』吹替声優に竹内涼真、飯豊まりえら 新予告編公開 10

    映画『名探偵ピカチュウ』吹替声優に竹内涼真、飯豊まりえら 新予告編公開