イベントを探す?

  • 2016年1月9日(土)〜2016年2月5日(金)

『アピチャッポン・イン・ザ・ウッズ2016』

2010年の『ブンミおじさんの森』で『カンヌ国際映画際』パルムドールを受賞し、美術家としても数々の国際展に参加しているタイ出身の映像作家アピチャッポン・ウィーラセタクン。3月には新作『光りの墓』の公開を控えているほか、『さいたまトリエンナーレ2016』への参加や東京・恵比寿の東京都写真美術館での個展なども予定されている。

『アピチャッポン・イン・ザ・ウッズ2016』は、2006年の監督作『世紀の光』の劇場初公開にあわせて開催。上映作品には『世紀の光』『ブンミおじさんの森』に加え、長編初監督作の『真昼の不思議な物体』、『カンヌ国際映画際』ある視点賞に輝いた『ブリスフリー・ユアーズ』、中島敦『山月記』の一説を引用した2004年の作品『トロピカル・マラディ』がラインナップしている。さらに中・短編の映像作品7作も一挙上映。

『アピチャッポン・イン・ザ・ウッズ2016』

2016年1月9日(土)~2月5日(金)
会場:東京都 渋谷 シアター・イメージフォーラム
上映作品:
『真昼の不思議な物体』
『ブリスフリー・ユアーズ』
『トロピカル・マラディ』
『ブンミおじさんの森』
『世紀の光』
アートプログラム(中・短編集)
料金:3回券3,600円 一般1,500円 学生・シニア1,200円 会員1,100円
※『世紀の光』は一般1,800円

続きを見る
  • 『アピチャッポン・イン・ザ・ウッズ2016』チラシビジュアル
    『アピチャッポン・イン・ザ・ウッズ2016』チラシビジュアル
  • 『トロピカル・マラディ』 ©Kick the Machine Films
    『トロピカル・マラディ』 ©Kick the Machine Films
  • 『世紀の光』 ©2006 Kick the Machine Films
    『世紀の光』 ©2006 Kick the Machine Films
  • 『ブンミおじさんの森』 ©Kick the Machine Films
    『ブンミおじさんの森』 ©Kick the Machine Films
画像を拡大する(7枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 映画『ミッドサマー』に星野之宣、行定勲、人間食べ食べカエルらがコメント 1

    映画『ミッドサマー』に星野之宣、行定勲、人間食べ食べカエルらがコメント

  2. 『リメンバー・ミー』が金ローで放送。歌が繋ぐ家族と「記憶」 2

    『リメンバー・ミー』が金ローで放送。歌が繋ぐ家族と「記憶」

  3. 綾瀬はるか、妻夫木聡、藤原竜也、深田恭子ら12人が「じゃんけんグリコ」 3

    綾瀬はるか、妻夫木聡、藤原竜也、深田恭子ら12人が「じゃんけんグリコ」

  4. 橋本環奈の瞳をカラコンで再現 ロート製薬エマーブル新企画「環奈Eye」 4

    橋本環奈の瞳をカラコンで再現 ロート製薬エマーブル新企画「環奈Eye」

  5. 剣心・佐藤健と縁・新田真剣佑が睨み合う『るろうに剣心 最終章』特報公開 5

    剣心・佐藤健と縁・新田真剣佑が睨み合う『るろうに剣心 最終章』特報公開

  6. スタジオジブリレコーズがサブスク解禁 サントラ23作含む38作を一挙配信 6

    スタジオジブリレコーズがサブスク解禁 サントラ23作含む38作を一挙配信

  7. 『映像研には手を出すな!』実写ドラマ化、4月放送 映画版は5月15日公開 7

    『映像研には手を出すな!』実写ドラマ化、4月放送 映画版は5月15日公開

  8. シェア社会に疲れた入江陽が別府・鉄輪で感じた秘密基地の豊かさ 8

    シェア社会に疲れた入江陽が別府・鉄輪で感じた秘密基地の豊かさ

  9. 菊地成孔が渋谷PARCOでお買い物。買うことは、生きている実感 9

    菊地成孔が渋谷PARCOでお買い物。買うことは、生きている実感

  10. 折坂悠太とカネコアヤノの再会の記録 「歌」に注ぐ眼差しの違い 10

    折坂悠太とカネコアヤノの再会の記録 「歌」に注ぐ眼差しの違い