イベントを探す?

  • 2016年1月13日(水)〜2016年2月28日(日)

『恩地孝四郎展』

恩地孝四郎は、日本における抽象美術の先駆者であり、創作版画の大成者として知られるアーティスト。1914年に20代前半の美術学生だった田中恭吉、藤森静雄と共に雑誌『月映』を創刊、1955年に逝去するまでに油彩、水彩、素描、写真、装丁、詩など様々な領域で作品を発表した。

『恩地孝四郎展』は、日本では約20年ぶりとなる恩地の回顧展。大英博物館、シカゴ美術館、ボストン美術館、ホノルル美術館が所蔵する62点の作品や初期の代表作である『抒情』シリーズを含む計約400点の作品から恩地の生涯を紐解いていく。

展示作品は、木版画と詩の同人誌『月映』に始まる初期から、油彩画やペン画を経て木版に回帰した中期、外国人たちの評価を背景に抽象版画を探究した晩年の3部構成で紹介。

『恩地孝四郎展』

2016年1月13日(水)~2月28日(日)
会場:東京都 竹橋 東京国立近代美術館 1階企画展ギャラリー
時間:10:00~17:00(金曜は20:00まで、入館は閉館の30分前まで)
休館日:月曜
料金:一般1,000円 大学生500円
※高校生以下および18歳未満、障害者手帳をお持ちの方とその付添者1名は無料

続きを見る
  • 『抒情「あかるい時」』1915、木版・紙、東京国立近代美術館
    『抒情「あかるい時」』1915、木版・紙、東京国立近代美術館
  • 『あるヴァイオリニストの印象(諏訪根自子像)』1946、木版・紙、東京国立近代美術館
    『あるヴァイオリニストの印象(諏訪根自子像)』1946、木版・紙、東京国立近代美術館
  • 『音楽作品による抒情 No.4 山田耕筰「日本風な影絵」の内「おやすみ」』1933(1935)、木版・紙、ボストン美術館 Museum of Fine Arts, Boston, Gift of L. Aaron Lebowich, 49.737
    『音楽作品による抒情 No.4 山田耕筰「日本風な影絵」の内「おやすみ」』1933(1935)、木版・紙、ボストン美術館 Museum of Fine Arts, Boston, Gift of L. Aaron Lebowich, 49.737
  • 『裸膚白布』1928、木版・紙、ドゥファミリィ美術館
    『裸膚白布』1928、木版・紙、ドゥファミリィ美術館
画像を拡大する(11枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『悲しみに、こんにちは』予告編

映画『悲しみに、こんにちは』予告編。両親の死によって、都会から田舎の伯父伯母のもとに引き取られることになった少女・フリダ。スペイン・カタルーニャで過ごす彼女の、きらめくようなひと夏の様子が、新鋭監督による瑞々しい感性によって描かれています。映画批評サイト「ロッテン・トマト」100%Fresh獲得も納得の一作です。(久野)

  1. 『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート 1

    『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート

  2. 吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ 2

    吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ

  3. ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す 3

    ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す

  4. ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現 4

    ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現

  5. 夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演 5

    夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演

  6. SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤 6

    SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤

  7. アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』 7

    アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』

  8. 『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画 8

    『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画

  9. 細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像 9

    細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像