イベントを探す?

  • 2016年1月16日(土)〜2016年2月28日(日)

京橋映画小劇場 No. 32『キューバ映画特集 革命映画から映画革命へ』

『ルシア』
『ルシア』

キューバは1959年の革命以降、国立の映画芸術産業庁(ICAICイカイック)を拠点に次々と先鋭的な映画を送り出してきた「小さな映画大国」でもあります。展覧会「キューバの映画ポスター」の開催に合わせて、革命初期から1980年代までの重要作を上映し、「革命のための映画」を超えて映画表現自体の革新に至ったキューバ映画の流れをたどります。(フィルムセンターウェブサイトより)

京橋映画小劇場 No. 32『キューバ映画特集 革命映画から映画革命へ』

2016年1月16日(土)~2月28日(日)
※上映は土曜・日曜のみ
会場:東京都 京橋 東京国立近代美術館フィルムセンター 小ホール
上映作品:
『エル・メガノ』(監督:フリオ・ガルシア・エスピノーサ、トマス・グティエレス・アレア)
『われらの土地』(監督:トマス・グティエレス・アレア)
『レボルシオン 革命の物語』(監督:トマス・グティエレス・アレア)
『怒りのキューバ』(監督:ミハイル・カラトーゾフ)
『はじめて映画を見た日』(監督:オクタビオ・コルタサル)
『低開発の記憶』(監督:トマス・グティエレス・アレア)
『ルシア』(監督:ウンベルト・ソラス)
『第三世界・第三次世界大戦』(監督:フリオ・ガルシア・エスピノーサ)
『最後の晩餐』(監督:トマス・グティエレス・アレア)
『天国の晩餐』(監督:トマス・グティエレス・アレア)
『フルカウント』(監督:ローランド・ディアス)
『ダビドの花嫁』(監督:オルランド・ロハス)
『成功した男』(監督:ウンベルト・ソラス)
『危険に生きて』(監督:フェルナンド・ペレス)
『公園からの手紙』(監督:トマス・グティエレス・アレア)
料金:
一般520円 高校・大学生・65歳以上310円 小・中学生100円
※障害者手帳提示で本人及び付添者1名無料
※学生・65歳以上は要証明書

続きを見る
  • 『怒りのキューバ』
    『怒りのキューバ』
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 漫画家・鳥飼茜が浅野いにおとの結婚を報告、日記公開 1

    漫画家・鳥飼茜が浅野いにおとの結婚を報告、日記公開

  2. 『このマンガがすごい!』OP曲はアンジュルム、蒼井優がOP映像で振付披露 2

    『このマンガがすごい!』OP曲はアンジュルム、蒼井優がOP映像で振付披露

  3. 後藤正文主宰only in dreamsのイベント『Gifted』11月開催、第1弾で10組 3

    後藤正文主宰only in dreamsのイベント『Gifted』11月開催、第1弾で10組

  4. 高畑充希主演ドラマ『忘却のサチコ』に温水洋一がゲスト出演&ED曲はedda 4

    高畑充希主演ドラマ『忘却のサチコ』に温水洋一がゲスト出演&ED曲はedda

  5. 勝地涼×澤部佑 深夜の大人向けNHK教育番組『ジミーとふしぎな雑誌たち』 5

    勝地涼×澤部佑 深夜の大人向けNHK教育番組『ジミーとふしぎな雑誌たち』

  6. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 6

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  7. 『新潮45』が休刊、「十分な編集体制を整備しないまま刊行」 7

    『新潮45』が休刊、「十分な編集体制を整備しないまま刊行」

  8. 『フェルメール展』に日本初公開含む9点が来日 『牛乳を注ぐ女』も 8

    『フェルメール展』に日本初公開含む9点が来日 『牛乳を注ぐ女』も

  9. 堀未央奈×清水尋也×板垣瑞生×間宮祥太朗 山戸結希監督『ホットギミック』 9

    堀未央奈×清水尋也×板垣瑞生×間宮祥太朗 山戸結希監督『ホットギミック』

  10. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 10

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音