イベントを探す?

  • 2016年1月22日(金)〜2016年2月3日(水)

MARCO『Innocent Blue』

MARCO作品 ©MARCO
MARCO作品 ©MARCO

女性ファッションやアーティストたちのポートレート、旅の写真などを数多く手がけているMARCO氏。ヴィヴィッドな色彩バランスと、フットワークの軽さを活かしたユニークな画面構成力が魅力です。彼女のファインダーを通すことで人物も風景も、まるでファンタジーのひとコマのように仕立てられ、見るものの心へ転送され躍動。被写体のあり得る内面的世界を外形として露わにできる自由な演出力は、コンストラクテッドフォトの現代的な形を最も体現している才能とも言えるでしょう。ガーリーな明るさ、可愛らしさだけでなく、その裏に張りついた醒めた眼差しと私小説な切なさも深い魅力となっています。

ミュージシャンやファッションモデル、ブランドなどとの共作も数多く、また映像など写真と隣接するジャンルにも活躍の場を広げ、多くのファンを獲得してきました。10代のモデルたちとセッションした初めての写真集「Spring Pedals by lovely hickey」を2014年に刊行し、大きな反響を集めたところです。

本展は、MARCO氏にとって約3年ぶりの個展となります。「夢と現実の境界を写真に撮りたい」という彼女。目的地の実景というよりパーソナルの心のありようを定着させるような旅の写真群をメインとし、合わせて新作の水中写真シリーズを初めて披露する機会となります。それらの写真画面に潜む様々な青と、水のごとき透明感をタイトルに引きました。本展のために制作される大小のプリント40点あまりを展示・販売いたします。(GALLERY SPEAK FORウェブサイトより)

MARCO『Innocent Blue』

2016年1月22日(金)~2月3日(水)
会場:東京都 代官山 GALLERY SPEAK FOR
時間:11:00~19:00(最終日は18:00まで)
休廊日:木曜
料金:無料

  • MARCO作品 ©MARCO
    MARCO作品 ©MARCO
  • MARCO作品 ©MARCO
    MARCO作品 ©MARCO
  • MARCO作品 ©MARCO
    MARCO作品 ©MARCO
画像を拡大する(6枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 映画『ミッドサマー』に星野之宣、行定勲、人間食べ食べカエルらがコメント 1

    映画『ミッドサマー』に星野之宣、行定勲、人間食べ食べカエルらがコメント

  2. 『リメンバー・ミー』が金ローで放送。歌が繋ぐ家族と「記憶」 2

    『リメンバー・ミー』が金ローで放送。歌が繋ぐ家族と「記憶」

  3. 綾瀬はるか、妻夫木聡、藤原竜也、深田恭子ら12人が「じゃんけんグリコ」 3

    綾瀬はるか、妻夫木聡、藤原竜也、深田恭子ら12人が「じゃんけんグリコ」

  4. 橋本環奈の瞳をカラコンで再現 ロート製薬エマーブル新企画「環奈Eye」 4

    橋本環奈の瞳をカラコンで再現 ロート製薬エマーブル新企画「環奈Eye」

  5. 剣心・佐藤健と縁・新田真剣佑が睨み合う『るろうに剣心 最終章』特報公開 5

    剣心・佐藤健と縁・新田真剣佑が睨み合う『るろうに剣心 最終章』特報公開

  6. スタジオジブリレコーズがサブスク解禁 サントラ23作含む38作を一挙配信 6

    スタジオジブリレコーズがサブスク解禁 サントラ23作含む38作を一挙配信

  7. 『映像研には手を出すな!』実写ドラマ化、4月放送 映画版は5月15日公開 7

    『映像研には手を出すな!』実写ドラマ化、4月放送 映画版は5月15日公開

  8. シェア社会に疲れた入江陽が別府・鉄輪で感じた秘密基地の豊かさ 8

    シェア社会に疲れた入江陽が別府・鉄輪で感じた秘密基地の豊かさ

  9. 菊地成孔が渋谷PARCOでお買い物。買うことは、生きている実感 9

    菊地成孔が渋谷PARCOでお買い物。買うことは、生きている実感

  10. 折坂悠太とカネコアヤノの再会の記録 「歌」に注ぐ眼差しの違い 10

    折坂悠太とカネコアヤノの再会の記録 「歌」に注ぐ眼差しの違い