イベントを探す?

  • 2016年1月22日(金)

吉田豪×宇野維正『「最強の歌姫」は誰だ!?』

音楽ジャーナリスト・宇野維正氏の『1998年の宇多田ヒカル』(2016年1月15日刊行予定、新潮新書)は、史上最もCDが売れた1998年と、その年に揃ってデビューした宇多田ヒカル、椎名林檎、aiko、そして浜崎あゆみについて論じた注目のデビュー作。その刊行を記念して、プロインタビュアーの吉田豪氏とトークショーを行います。

初顔合わせの両者は、同じ1970年東京都生まれ、初めて買ったレコード(アニメ『宇宙戦士バルディオス』の挿入歌)まで一緒。今回、宇野氏の熱烈なラブコールに吉田氏が応える形で、トークショーが実現。ロッキング・オン出身の宇野氏と、そのライバル誌「クロスビート」で長らくコラムを連載していた吉田氏、というアングルも魅力。役者からレスラー、バンドマン、アイドルに至るまで、数多くの「名インタビュー」を発表してきた吉田氏は、はたして宇多田、林檎、aiko、そして浜崎について何を語るのか?4人のうちインタビューしてみたいのは? インタビュアーを手こずらせそうなのは? 芸能界/音楽界における「事務所チェック問題」とは? 早くもオフレコ必至が予想される「ここだけの話」をお楽しみに!(la kaguウェブサイトより)

吉田豪×宇野維正『「最強の歌姫」は誰だ!?』

2016年1月22日(金)OPEN 18:30 / START 19:00
会場:東京都 神楽坂 la kagu 2F soko
出演:
宇野維正
吉田豪
料金:2,000円

  • 『1998年の宇多田ヒカル』 ©新潮社
    『1998年の宇多田ヒカル』 ©新潮社
  • 宇野維正
    宇野維正
  • 吉田豪
    吉田豪
画像を拡大する(3枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. Ken Yokoyama、個の力強さが問われる時代に示す音楽家の矜持 1

    Ken Yokoyama、個の力強さが問われる時代に示す音楽家の矜持

  2. 三浦春馬が日本の未来を切り開いた五代友厚役 映画『天外者』12月公開 2

    三浦春馬が日本の未来を切り開いた五代友厚役 映画『天外者』12月公開

  3. 相葉雅紀と松本潤が新聞の見開き広告で向かい合う オリジナル壁紙も 3

    相葉雅紀と松本潤が新聞の見開き広告で向かい合う オリジナル壁紙も

  4. 『保健教師アン・ウニョン』Netflixで配信。キャストや見どころ紹介 4

    『保健教師アン・ウニョン』Netflixで配信。キャストや見どころ紹介

  5. STUTSがマイクをとる 数々の音楽家から受けた刺激と経験を武器に 5

    STUTSがマイクをとる 数々の音楽家から受けた刺激と経験を武器に

  6. 機材で聴くヒップホップ。90年代の音を支えたSP-1200 6

    機材で聴くヒップホップ。90年代の音を支えたSP-1200

  7. 伊藤万理華が主演、青春SF映画『サマーフィルムにのって』2021年公開 7

    伊藤万理華が主演、青春SF映画『サマーフィルムにのって』2021年公開

  8. MONOEYES、新アルバム『Between the Black and Gray』本日リリース&PV公開 8

    MONOEYES、新アルバム『Between the Black and Gray』本日リリース&PV公開

  9. 安斉かれんというアーティスト。『M』で注目された21歳の真の顔 9

    安斉かれんというアーティスト。『M』で注目された21歳の真の顔

  10. Dos Monosからの挑戦状に、自由な発想で表現。リミックス座談会 10

    Dos Monosからの挑戦状に、自由な発想で表現。リミックス座談会