イベントを探す?

  • 2016年1月23日(土)〜2016年3月5日(土)

千崎千恵夫、松井紫朗『二人展』

千崎千恵夫(1953年広島県生まれ)は1979年に東京藝術大学美術学部油画科を卒業、1981年に同大学院修了。国内のギャラリー、美術館で作品を展示する他、奨学制度やレジデンスプログラムによって、たびたびアメリカ・ドイツなどに滞在し制作を行ってきました。木の枝を組んだ巨大なインスタレーションや、鉄や廃材を組み合わせた構造物など、平面に留まらないスケールの作品を制作しています。

松井紫朗(1960年奈良生まれ)は1984年に京都市立芸術大学彫刻専攻を卒業、1986年同大学院修士課程修了。在学中より作品を発表し、80年代には関西圏で現れた新表現主義「関西ニューウェイブ」を担うアーティストの一人として注目を集めました。1991年にシリコンラバーを使った作品を制作、以降、人工素材を用いて空間に特異な変容を与える作品を次々と発表。2011年、豊田市美術館開催の個展『松井紫朗−亀がアキレスに言ったこと新しい世界の測定法−』は記憶に新しいところです。

日本の抽象表現は、昨今国際的な関心の高まっている具体、もの派を受けて、1980年代に新たな成熟期を迎えます。千崎と松井の活躍もこの流れに位置付けられるでしょう。両者とも、榎倉康二(千崎)、小清水漸(松井)という、もの派を牽引したアーティストに学んでいることは示唆的です。また、両者とも90年代ドイツに滞在しており、このことにもベルリンの壁が崩壊し、あらたな越境の空間性が開けた時代精神を探ることができます。本展においては、絵画と彫刻を出発点とする二人の作品が、同じ空間に交錯し、対照的に示されることになるでしょう。(東京画廊+BTAPウェブサイトより)

千崎千恵夫、松井紫朗『二人展』

2016年1月23日(土)~3月5日(土)
会場:東京都 銀座 東京画廊+BTAP
時間:火~金曜11:00~19:00、土曜11:00~17:00
休廊日:日、月曜、祝日

  • 千崎千恵夫『手と電球』1999  78 x 57.5 cm   photograph, pine needles
    千崎千恵夫『手と電球』1999 78 x 57.5 cm photograph, pine needles
  • 松井紫朗『ENTERING-Monet Garden』2013  104.4 x 140 x 110 cm   ceramic, wood, water, water grass
    松井紫朗『ENTERING-Monet Garden』2013 104.4 x 140 x 110 cm ceramic, wood, water, water grass
  • 松井紫朗 detail of『ENTERING-Monet Garden』2013  104.4 x 140 x 110 cm   ceramic, wood, water, water grass
    松井紫朗 detail of『ENTERING-Monet Garden』2013 104.4 x 140 x 110 cm ceramic, wood, water, water grass
  • 千崎千恵夫『歩く女』2007  75 x 53.5 cm   photograph, pine needles
    千崎千恵夫『歩く女』2007 75 x 53.5 cm photograph, pine needles
画像を拡大する(4枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PUNPEE“タイムマシーンにのって”

あのPUNPEEがまたやった!!! 昨年発売のアルバム『MODERN TIMES』から初のMVとなる“タイムマシーンにのって”が公開。1度見ただけでも存分に楽しめる作品だけれど、この情報量の多さ。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を思わせる時計台のロゴがSEIKOならぬSAYHOになっていたり、車体に『AKIRA』の成田山ステッカーが貼られていたり……ピザなど頼んで細部まで何時間も見ていたい。(井戸沼)

  1. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 1

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  2. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 2

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  3. BiSHが6人全員で振り返る、この夏出演した17本もの音楽フェス 3

    BiSHが6人全員で振り返る、この夏出演した17本もの音楽フェス

  4. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 4

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー

  5. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 5

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  6. 星野源『POP VIRUS』特典映像は全11曲スタジオライブ&ニセ明の創作密着 6

    星野源『POP VIRUS』特典映像は全11曲スタジオライブ&ニセ明の創作密着

  7. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 7

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  8. RADWIMPS新ALにTaka、あいみょんら 小松菜奈&神尾楓珠出演の新曲PV公開 8

    RADWIMPS新ALにTaka、あいみょんら 小松菜奈&神尾楓珠出演の新曲PV公開

  9. 『情熱大陸』で諫山創に密着 『進撃の巨人』ラストネームに挑む様子を映す 9

    『情熱大陸』で諫山創に密着 『進撃の巨人』ラストネームに挑む様子を映す

  10. 土屋太鳳×北村匠海の「TAOTAK」が『春待つ僕ら』主題歌担当、PV公開 10

    土屋太鳳×北村匠海の「TAOTAK」が『春待つ僕ら』主題歌担当、PV公開