イベントを探す?

  • 2016年1月23日(土)〜2016年1月31日(日)

『Generation Y: 1977』

『Generation Y: 1977』フライヤービジュアル (使用作品:Jonas Wood『The Hypnotist』2011, 274.0 x 427.0 cm, oil and  acrylic on canvas)
『Generation Y: 1977』フライヤービジュアル (使用作品:Jonas Wood『The Hypnotist』2011, 274.0 x 427.0 cm, oil and acrylic on canvas)

「Generation Y」とは、ベトナム戦争終結からベルリンの壁崩壊までの時代に生まれた世代を指します。10代半ばまでの時期に冷戦の終結と社会主義の没落を目の当たりにし、20歳になるまでにインターネットの爆発的普及を経験しました。テクノロジーの発展とともに目まぐるしく変わっていく世の中に素早く順応し、人種や文化の違いを軽々と飛び越え、自由に自己を定義する彼らは、現在青年・壮年期を迎え、世界で活躍しています。

本展では、当財団会長を務めるファッションショッピングサイト「ZOZOTOWN(ゾゾタウン)」を運営する株式会社スタートトゥデイ(本社:千葉県千葉市)代表取締役の前澤友作のコレクションより、コンテンポラリーアートの世界で今最も注目を集める若手作家、エイドリアン・ゲーニー、ジョナス・ウッド、リネット・ヤドム・ボアキエの絵画作品9点を紹介いたします。3人はともに「Generation Y」初年である1977年生まれ、具象絵画作品で世界的に知られています。ペインティングという、メディウムの中で最も歴史ある手法を用いて、新たな表現を追求する三者三様のクリエーションを探ります。(公益財団法人 現代芸術振興財団プレスリリースより)

『Generation Y: 1977』

2016年1月23日(土)~1月31日(日)
会場:神奈川県 馬車道 BankART1929
時間:11:00~19:00
料金:無料

  • Adrian Ghenie『The Blue Rain』2009, 240.0 x 190.0cm, oil on canvas
    Adrian Ghenie『The Blue Rain』2009, 240.0 x 190.0cm, oil on canvas
  • Jonas Wood『Studio Hallway』2010, 243.8 x 228.6cm, oil and  acrylic on canvas
    Jonas Wood『Studio Hallway』2010, 243.8 x 228.6cm, oil and acrylic on canvas
画像を拡大する(4枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年