イベントを探す?

  • 2016年2月6日(土)〜2016年3月21日(月)

『平山郁夫展-遙かなるシルクロードと北海道-』

『パルミラ遺跡を行く 朝』 2006年 平山郁夫 平山郁夫シルクロード美術館蔵
『パルミラ遺跡を行く 朝』 2006年 平山郁夫 平山郁夫シルクロード美術館蔵

平山郁夫は昭和5年、瀬戸内に浮かぶ生口島に生まれ、青い海や緑の島々の織り成す豊かな自然の中で少年期を過ごしました。画家・平山郁夫の感性は瀬戸内の風土に育まれたと言えるでしょう。昭和20年8月6日、広島市で被爆。その後遺症に苦しめられ、のちに「仏教伝来」をはじめとする平和を願う作品を多く描くことになったのです。

平山は日本文化の源流を仏教に求め、その思いは時空を越えて、東西文化の交流の路・シルクロードへと広がっていきました。玄奘三蔵による仏教東漸の道を辿る取材旅行は、実に35万キロにも及び、壮大な構想力を背景に、幻想的な大作が生みだされていきました。また、シルクロード取材旅行中に、自然の脅威や紛争で破壊されている大切な文化遺産の現状を目の当たりにし、「文化財保護の赤十字構想」を掲げます。国や民族、宗教を越えて人類共通の遺産として保護、修復を訴え、その活動にも精力的に取り組んだことは、世界中から賞賛されています。これら全ての活動は、「平和への祈り」が原動力となっています。

本展覧会では、歴史や自然を敬い、平和への祈りと心の平穏を求め、描き続けた作品に加え、平山郁夫が保護したアフガニスタンの「流出文化財」、そして、生涯にわたって収集した優れたシルクロード美術コレクションもあわせて紹介いたします。また最近、シルクロードを代表する世界遺産、パルミラ遺跡が破壊されるという、非常に悲しいニュースが報道されましたが、平山郁夫がこの遺跡をテーマにした大作を残していることが話題となりました。本展ではその作品「パルミラ遺跡を行く」(朝)(夜)を展示します。(北海道初展示)。さらに、シルクロード紀行以前の昭和40年頃に北海道を旅し描いた「北海道原風景」スケッチも全国初公開となります。悠久の時の流れにこめた偉大なる画家の足跡に是非、触れて下さい。(STVウェブサイトより)

『平山郁夫展-遙かなるシルクロードと北海道-』

2016年2月6日(土)~3月21日(月・祝)
会場:北海道 札幌 北海道立近代美術館
時間:9:30~17:00(入場は閉館の30分前まで)
休館日:月曜(3月21日は開館)
料金:前売 一般1,100円 高大生600円 小中生300円 
当日 一般1,300円 高大生800円 小中生500円
※65歳以上は身分証提示で当日料金1,100円。
※障がい者手帳提示で本人と付き添い1名無料。

続きを見る
  • 『パルミラ遺跡を行く 夜』 2006年 平山郁夫 平山郁夫シルクロード美術館蔵
    『パルミラ遺跡を行く 夜』 2006年 平山郁夫 平山郁夫シルクロード美術館蔵
  • 『敦煌A』 1980年 平山郁夫 平山郁夫美術館蔵
    『敦煌A』 1980年 平山郁夫 平山郁夫美術館蔵
  • 『太子出城』 1969年 平山郁夫 平山郁夫シルクロード美術館蔵
    『太子出城』 1969年 平山郁夫 平山郁夫シルクロード美術館蔵
  • スケッチブック『摩周湖』1965年 平山郁夫 平山郁夫シルクロード美術館蔵
    スケッチブック『摩周湖』1965年 平山郁夫 平山郁夫シルクロード美術館蔵
画像を拡大する(5枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PUNPEE“タイムマシーンにのって”

あのPUNPEEがまたやった!!! 昨年発売のアルバム『MODERN TIMES』から初のMVとなる“タイムマシーンにのって”が公開。1度見ただけでも存分に楽しめる作品だけれど、この情報量の多さ。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を思わせる時計台のロゴがSEIKOならぬSAYHOになっていたり、車体に『AKIRA』の成田山ステッカーが貼られていたり……ピザなど頼んで細部まで何時間も見ていたい。(井戸沼)

  1. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 1

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  2. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 2

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  3. BiSHが6人全員で振り返る、この夏出演した17本もの音楽フェス 3

    BiSHが6人全員で振り返る、この夏出演した17本もの音楽フェス

  4. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 4

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー

  5. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 5

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  6. 星野源『POP VIRUS』特典映像は全11曲スタジオライブ&ニセ明の創作密着 6

    星野源『POP VIRUS』特典映像は全11曲スタジオライブ&ニセ明の創作密着

  7. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 7

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  8. RADWIMPS新ALにTaka、あいみょんら 小松菜奈&神尾楓珠出演の新曲PV公開 8

    RADWIMPS新ALにTaka、あいみょんら 小松菜奈&神尾楓珠出演の新曲PV公開

  9. 『情熱大陸』で諫山創に密着 『進撃の巨人』ラストネームに挑む様子を映す 9

    『情熱大陸』で諫山創に密着 『進撃の巨人』ラストネームに挑む様子を映す

  10. 土屋太鳳×北村匠海の「TAOTAK」が『春待つ僕ら』主題歌担当、PV公開 10

    土屋太鳳×北村匠海の「TAOTAK」が『春待つ僕ら』主題歌担当、PV公開