イベントを探す?

  • 2016年2月6日(土)〜2016年3月21日(月)

『ソフィ・カル―最後のとき/最初のとき』

『海を見る』(部分) 2011年、ヴィデオ・インスタレーション ©Sophie Calle / Adagp, Paris, 2016 Courtesy Galerie Perrotin and Gallery Koyanagi
『海を見る』(部分) 2011年、ヴィデオ・インスタレーション ©Sophie Calle / Adagp, Paris, 2016 Courtesy Galerie Perrotin and Gallery Koyanagi

写真と言葉を用いた物語性の強い作品で知られるフランスの現代美術家、ソフィ・カル(1953年、パリ生まれ)。ロンドンのテート・ギャラリー(1998年)やパリのポンピドゥー・センター(2003年)で個展が開催されたほか、2007年には第52回ヴェネツィア・ビエンナーレにフランス代表として参加するなど、国際的に活躍するアーティストです。

固有のルールに従って現実と虚構を織り交ぜて紡ぎ出されるソフィ・カルの作品は、その大胆かつ奇抜な制作プロセスや、時には内容のあまりの赤裸々さによって見る者をたじろがせますが、そこに提示されるのは、常にアイデンティティやコミュニケーションといった、誰もが生きていく上で向き合う普遍的なテーマにほかなりません。

「ソフィ・カル―最後のとき/最初のとき」と題した本展は、ソフィ・カルの長年のテーマである「見ること」をめぐる三つのシリーズで構成するものです。生まれつき盲目の人々に「美しいものとは何か」を問うた《盲目の人々》(1986年)。人生の途上で失明した人々に「最後に見たもの」について語らせた《最後に見たもの》(2010年)。貧しさゆえに海を見たことがなかった人々が生まれて初めて海を見たときの姿をとらえた《海を見る》(2011年)。これらの作品は、私たちに「見ること」、あるいは「不在」や「喪失」などについて、静かに思考する機会を与えてくれるでしょう。

『ソフィ・カル―最後のとき/最初のとき』

2016年2月6日(土)~3月21日(月・祝)
会場:長崎県 長崎県美術館 企画展示室
時間:10:00~20:00(入場は閉場の30分前まで、2月29日は展示替えのため18:00閉場)
休館日:2月8日、2月22日、3月14日
料金:一般1,000円 大学生・70歳以上800円 高校生600円
※障害者手帳保持者及び介護者1名までは5割減額

続きを見る
  • 『盲目の人々― no.1』1986年、カラー写真、テキスト、額 豊田市美術館 ©Sophie Calle / Adagp, Paris, 2016 Courtesy Galerie Perrotin and Gallery Koyanagi
    『盲目の人々― no.1』1986年、カラー写真、テキスト、額 豊田市美術館 ©Sophie Calle / Adagp, Paris, 2016 Courtesy Galerie Perrotin and Gallery Koyanagi
  • 『海を見る』(部分) 2011年、カラー写真 ©Sophie Calle / Adagp, Paris, 2016 Courtesy Galerie Perrotin and Gallery Koyanagi
    『海を見る』(部分) 2011年、カラー写真 ©Sophie Calle / Adagp, Paris, 2016 Courtesy Galerie Perrotin and Gallery Koyanagi
  • 『海を見る』(部分) 2011年、ヴィデオ・インスタレーション ©Sophie Calle / Adagp, Paris, 2016 Courtesy Galerie Perrotin and Gallery Koyanagi
    『海を見る』(部分) 2011年、ヴィデオ・インスタレーション ©Sophie Calle / Adagp, Paris, 2016 Courtesy Galerie Perrotin and Gallery Koyanagi
  • 『最後に見たもの―盲目の人とライフル』(部分) 2010年、カラー写真 ©Sophie Calle / Adagp, Paris, 2016 Courtesy Galerie Perrotin and Gallery Koyanagi
    『最後に見たもの―盲目の人とライフル』(部分) 2010年、カラー写真 ©Sophie Calle / Adagp, Paris, 2016 Courtesy Galerie Perrotin and Gallery Koyanagi
画像を拡大する(7枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 星野源、ドラマ『着飾る恋には理由があって』主題歌“不思議”ジャケ公開 1

    星野源、ドラマ『着飾る恋には理由があって』主題歌“不思議”ジャケ公開

  2. くるり・岸田繁と君島大空の共鳴するところ 歌と言葉とギターの話 2

    くるり・岸田繁と君島大空の共鳴するところ 歌と言葉とギターの話

  3. Honda新型VEZELのCMに井浦新、玉城ティナ、Licaxxxら 楽曲は藤井 風が担当 3

    Honda新型VEZELのCMに井浦新、玉城ティナ、Licaxxxら 楽曲は藤井 風が担当

  4. Puzzle Projectとは?YOASOBIの仕掛け人と3人の10代が語る 4

    Puzzle Projectとは?YOASOBIの仕掛け人と3人の10代が語る

  5. 君島大空が照らす、生の暗がり 明日を繋ぐよう裸の音で語りかける 5

    君島大空が照らす、生の暗がり 明日を繋ぐよう裸の音で語りかける

  6. 今泉力哉と根本宗子が決めたこと ちゃんと「面倒くさい人」になる 6

    今泉力哉と根本宗子が決めたこと ちゃんと「面倒くさい人」になる

  7. パソコン音楽クラブが語る「生活」の音 非日常下で見つめた自然 7

    パソコン音楽クラブが語る「生活」の音 非日常下で見つめた自然

  8. サブスク以降のバンド活動 97年生まれ、Subway Daydreamの場合 8

    サブスク以降のバンド活動 97年生まれ、Subway Daydreamの場合

  9. Huluの映像クリエイター発掘&育成企画『HU35』発足の理由とは? Pが語る 9

    Huluの映像クリエイター発掘&育成企画『HU35』発足の理由とは? Pが語る

  10. 「日本が滅びても残る芸術を作りたい」平田オリザ×金森穣対談 10

    「日本が滅びても残る芸術を作りたい」平田オリザ×金森穣対談