イベントを探す?

  • 2016年2月6日(土)〜2016年3月21日(月)

『ソフィ・カル―最後のとき/最初のとき』

『海を見る』(部分) 2011年、ヴィデオ・インスタレーション ©Sophie Calle / Adagp, Paris, 2016 Courtesy Galerie Perrotin and Gallery Koyanagi
『海を見る』(部分) 2011年、ヴィデオ・インスタレーション ©Sophie Calle / Adagp, Paris, 2016 Courtesy Galerie Perrotin and Gallery Koyanagi

写真と言葉を用いた物語性の強い作品で知られるフランスの現代美術家、ソフィ・カル(1953年、パリ生まれ)。ロンドンのテート・ギャラリー(1998年)やパリのポンピドゥー・センター(2003年)で個展が開催されたほか、2007年には第52回ヴェネツィア・ビエンナーレにフランス代表として参加するなど、国際的に活躍するアーティストです。

固有のルールに従って現実と虚構を織り交ぜて紡ぎ出されるソフィ・カルの作品は、その大胆かつ奇抜な制作プロセスや、時には内容のあまりの赤裸々さによって見る者をたじろがせますが、そこに提示されるのは、常にアイデンティティやコミュニケーションといった、誰もが生きていく上で向き合う普遍的なテーマにほかなりません。

「ソフィ・カル―最後のとき/最初のとき」と題した本展は、ソフィ・カルの長年のテーマである「見ること」をめぐる三つのシリーズで構成するものです。生まれつき盲目の人々に「美しいものとは何か」を問うた《盲目の人々》(1986年)。人生の途上で失明した人々に「最後に見たもの」について語らせた《最後に見たもの》(2010年)。貧しさゆえに海を見たことがなかった人々が生まれて初めて海を見たときの姿をとらえた《海を見る》(2011年)。これらの作品は、私たちに「見ること」、あるいは「不在」や「喪失」などについて、静かに思考する機会を与えてくれるでしょう。

『ソフィ・カル―最後のとき/最初のとき』

2016年2月6日(土)~3月21日(月・祝)
会場:長崎県 長崎県美術館 企画展示室
時間:10:00~20:00(入場は閉場の30分前まで、2月29日は展示替えのため18:00閉場)
休館日:2月8日、2月22日、3月14日
料金:一般1,000円 大学生・70歳以上800円 高校生600円
※障害者手帳保持者及び介護者1名までは5割減額

続きを見る
  • 『盲目の人々― no.1』1986年、カラー写真、テキスト、額 豊田市美術館 ©Sophie Calle / Adagp, Paris, 2016 Courtesy Galerie Perrotin and Gallery Koyanagi
    『盲目の人々― no.1』1986年、カラー写真、テキスト、額 豊田市美術館 ©Sophie Calle / Adagp, Paris, 2016 Courtesy Galerie Perrotin and Gallery Koyanagi
  • 『海を見る』(部分) 2011年、カラー写真 ©Sophie Calle / Adagp, Paris, 2016 Courtesy Galerie Perrotin and Gallery Koyanagi
    『海を見る』(部分) 2011年、カラー写真 ©Sophie Calle / Adagp, Paris, 2016 Courtesy Galerie Perrotin and Gallery Koyanagi
  • 『海を見る』(部分) 2011年、ヴィデオ・インスタレーション ©Sophie Calle / Adagp, Paris, 2016 Courtesy Galerie Perrotin and Gallery Koyanagi
    『海を見る』(部分) 2011年、ヴィデオ・インスタレーション ©Sophie Calle / Adagp, Paris, 2016 Courtesy Galerie Perrotin and Gallery Koyanagi
  • 『最後に見たもの―盲目の人とライフル』(部分) 2010年、カラー写真 ©Sophie Calle / Adagp, Paris, 2016 Courtesy Galerie Perrotin and Gallery Koyanagi
    『最後に見たもの―盲目の人とライフル』(部分) 2010年、カラー写真 ©Sophie Calle / Adagp, Paris, 2016 Courtesy Galerie Perrotin and Gallery Koyanagi
画像を拡大する(7枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. 秋山黄色×佐藤寛太対談 互いに認め合う「異常さ」、交わる遊び心 1

    秋山黄色×佐藤寛太対談 互いに認め合う「異常さ」、交わる遊び心

  2. 古田新太が振返る劇団☆新感線40年 演劇界に吹かせたエンタメの風 2

    古田新太が振返る劇団☆新感線40年 演劇界に吹かせたエンタメの風

  3. 青葉市子の新AL『アダンの風』詳細発表&原美術館でのライブ配信も 3

    青葉市子の新AL『アダンの風』詳細発表&原美術館でのライブ配信も

  4. 米津玄師と是枝裕和監督が初タッグ“カナリヤ”PV公開 蒔田彩珠らが出演 4

    米津玄師と是枝裕和監督が初タッグ“カナリヤ”PV公開 蒔田彩珠らが出演

  5. 角舘健悟の『未知との遭遇』たなかみさき編(後編) 5

    角舘健悟の『未知との遭遇』たなかみさき編(後編)

  6. 坂本龍一の過去ライブ映像が本日から3週にわたってYouTubeでプレミア公開 6

    坂本龍一の過去ライブ映像が本日から3週にわたってYouTubeでプレミア公開

  7. 三浦春馬主演、映画『天外者』五代友厚の「志」と「天外者」な部分を紹介 7

    三浦春馬主演、映画『天外者』五代友厚の「志」と「天外者」な部分を紹介

  8. 小沢健二が「手紙」を読み上げる生配信番組『キツネを追ってゆくんだよ』 8

    小沢健二が「手紙」を読み上げる生配信番組『キツネを追ってゆくんだよ』

  9. 『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』論評 自立と解放への戦い描く 9

    『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』論評 自立と解放への戦い描く

  10. 『あつ森』とジェラート ピケのコラボブック刊行 表紙は松岡茉優 10

    『あつ森』とジェラート ピケのコラボブック刊行 表紙は松岡茉優