イベントを探す?

  • 2016年3月26日(土)〜2016年4月23日(土)

小橋陽介『とん・ちん・かん』

GALLERY MoMo Ryogokuでは3月26日から4月23日まで小橋陽介展「とん・ちん・かん」を開催いたします。
小橋陽介は1980年奈良県生まれ。2003年大阪芸術大学卒業後、翌年神戸アートアニュアルに出品、2006年水戸芸術館クリテリオムでの個展と同時にVOCA展へも推薦され、自由で伸びやかな画面構成と豊かな色彩感で注目されるところとなりました。

その後アーティストユニット「ハジメテン」のメンバーとして金氏徹平、梅佳代、川島小鳥などとユニットを組み、その活動の場を飛躍的に広げました。そうした活動はその後の小橋の空間に対する感覚に影響を与え、絵はインスタレーションの要素としても使われ、作品に観られた自由で伸びやかな感覚は展示方法にも発揮されています。2014年の国立国際美術館で開催された「ノスタルジー&ファンタジー」展に於いても、100点のツボを描いた絵画作品でひとつのインスタレーションを構成することで圧倒的な展示を展開し、その評価を確実なものにしました。

小橋の代表的なシリーズであるself-portraitは280点に及びます。ゴーギャンのような荒々しい色彩やタッチ、またマティスが『ダンス』で描いたような柔らかな体のラインやリズムを想起させる初期の絵画は、自然と一体に描かれた裸体の自画像と共に見る者に開放感をもたらしてきました。

近年では自画像から動物や山といった自然、船や壺、人物などにその対象は広がりを見せています。また、その表現もパステルや水彩など異なるマテリアルによって自然に変化し、そうした中にあって小橋自身の持つ自由な感覚は様々なモチーフの組み合せや異なる支持体の展示方法などに発揮され、またその絵たちからは変わらず描くことの喜びと楽しさを感じさせます。

こうしたモチーフやマテリアル、展示方法など変化する自身の制作欲を肯定し、自由な感覚を得るために近年は「こばしの図」という特定のテーマ性を持たせないタイトルで展示を構成してきました。自分の中の矛盾すら肯定していくようなその姿勢は、作品にまとまりを欠いたバラバラな印象を与えるかもしれません。しかし、絵本来の自由さを求めて来た小橋にとってはその「とん・ちん・かん」な様が良いと言います。そんな「とん・ちん・かん」な展示は、様々な見えないしがらみや暗いニュースの溢れる世界に生きる私たちに、童心に返り絵を楽しむ喜びと幸福感を思い出させてくれるでしょう。(GALLERY MoMo Ryogokuウェブサイトより)

小橋陽介
『とん・ちん・かん』

2016年3月26日(土)~4月23日(土)
会場:東京都 GALLERY MoMo Ryogoku
時間:11:00~19:00
休廊日:日、月曜、祝日

  • 小橋陽介『とん・ちん・かん』メインビジュアル © Yosuke Kobashi, Courtesy of GALLERY MoMo
    小橋陽介『とん・ちん・かん』メインビジュアル © Yosuke Kobashi, Courtesy of GALLERY MoMo
  • 小橋陽介作品  © Yosuke Kobashi, Courtesy of GALLERY MoMo
    小橋陽介作品 © Yosuke Kobashi, Courtesy of GALLERY MoMo
  • 小橋陽介作品  © Yosuke Kobashi, Courtesy of GALLERY MoMo
    小橋陽介作品 © Yosuke Kobashi, Courtesy of GALLERY MoMo
  • 小橋陽介作品  © Yosuke Kobashi, Courtesy of GALLERY MoMo
    小橋陽介作品 © Yosuke Kobashi, Courtesy of GALLERY MoMo
  • 小橋陽介『とん・ちん・かん』メインビジュアル © Yosuke Kobashi, Courtesy of GALLERY MoMo
    小橋陽介『とん・ちん・かん』メインビジュアル © Yosuke Kobashi, Courtesy of GALLERY MoMo
画像を拡大する(5枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. 映画『82年生まれ、キム・ジヨン』が突きつける、社会に深く根づく性差別 1

    映画『82年生まれ、キム・ジヨン』が突きつける、社会に深く根づく性差別

  2. 横浜流星が「つらいかぜ」を打ち砕く プレコールの新CM「闘い続ける」篇 2

    横浜流星が「つらいかぜ」を打ち砕く プレコールの新CM「闘い続ける」篇

  3. ジョン・レノンが時代に残す闘いの爪痕、ヨーコがもたらしたもの 3

    ジョン・レノンが時代に残す闘いの爪痕、ヨーコがもたらしたもの

  4. 木村拓哉を操上和美が撮影『SWITCH』原宿特集に小泉今日子、池田エライザら 4

    木村拓哉を操上和美が撮影『SWITCH』原宿特集に小泉今日子、池田エライザら

  5. King Gnu井口理が獣医師役 野村不動産「プラウド」ブランドムービーが公開 5

    King Gnu井口理が獣医師役 野村不動産「プラウド」ブランドムービーが公開

  6. 高橋一生主演×荒木飛呂彦原作ドラマ『岸辺露伴は動かない』12月NHKで放送 6

    高橋一生主演×荒木飛呂彦原作ドラマ『岸辺露伴は動かない』12月NHKで放送

  7. カルティエの新作キャンペーンに常田大希、池田エライザ、野田洋次郎ら起用 7

    カルティエの新作キャンペーンに常田大希、池田エライザ、野田洋次郎ら起用

  8. 大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤が全音楽記録媒体でリリース 8

    大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤が全音楽記録媒体でリリース

  9. YOASOBIがGoogle PixelのCMソングを担当 新曲“アンコール”を起用 9

    YOASOBIがGoogle PixelのCMソングを担当 新曲“アンコール”を起用

  10. スピッツ、全着席のコンサートを11月に東京ガーデンシアターで開催 10

    スピッツ、全着席のコンサートを11月に東京ガーデンシアターで開催