イベントを探す?

  • 2016年3月26日(土)〜2016年5月22日(日)

『100年目に出会う 夏目漱石』

「吾輩は猫である」「坊っちやん」「三四郎」「それから」「心」そして「明暗」… 人間の心の孤独とあやうさを描いた夏目漱石の作品は、私たちの生き方へ多くの問題を投げかけ、その一方で、夢や謎、笑いに彩られたイメージの宝庫としても読者を魅了して来ました。

作家としての一歩を踏み出した1906年(明治39)、漱石は「余は吾文を以て百代の後に伝へんと欲するの野心家なり」と述べています。そしてこの言葉の通り、漱石が世を去ってから100年という長い歳月の中で、多くの人びとが作品を繰り返し読み、その魅力は、今日に至ってもなお語り尽くされることはありません。漱石文学は読者にとってまさに「飲んでも飲んでもまだある、一生枯れない泉」(奥泉光)なのです。

没後100年を記念して開催する本展は、こうした作品世界と、英文学者から作家に転身し、わずか10数年の創作活動のなかで数々の名作を書き上げ、「明暗」に新たな文学のかたちを探る途上で倒れた、苦闘の生涯を展覧。生涯・作品・人間へのアプローチを通し、漱石と現代の読者の新たな出会いの場となることを目指します。(神奈川近代文学館ウェブサイトより)

『100年目に出会う 夏目漱石』

2016年3月26日(土)~5月22日(日)
会場:神奈川県 神奈川近代文学館
時間:9:30~17:00(入館は16:30まで)
休館日:月曜(5月2日は開館)
料金:一般700円 65歳以上・20歳未満・学生300円 高校生100円
※中学生以下は無料
※東日本大震災の罹災証明書、被災証明書等の提示で無料

続きを見る
  • 夏目漱石肖像写真 1912.9.[19](大正元)神奈川近代文学館蔵
    夏目漱石肖像写真 1912.9.[19](大正元)神奈川近代文学館蔵
  • 夏目漱石画「達磨渡航図」1913(大正2)水彩 神奈川近代文学館蔵
    夏目漱石画「達磨渡航図」1913(大正2)水彩 神奈川近代文学館蔵
  • 夏目漱石「永日小品」から「下宿」原稿 初出:「大阪朝日新聞」1909.1.22(「東京朝日新聞」1909.1.23,1.24)神奈川近代文学館蔵
    夏目漱石「永日小品」から「下宿」原稿 初出:「大阪朝日新聞」1909.1.22(「東京朝日新聞」1909.1.23,1.24)神奈川近代文学館蔵
画像を拡大する(3枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 映画『ミッドサマー』に星野之宣、行定勲、人間食べ食べカエルらがコメント 1

    映画『ミッドサマー』に星野之宣、行定勲、人間食べ食べカエルらがコメント

  2. 『リメンバー・ミー』が金ローで放送。歌が繋ぐ家族と「記憶」 2

    『リメンバー・ミー』が金ローで放送。歌が繋ぐ家族と「記憶」

  3. 綾瀬はるか、妻夫木聡、藤原竜也、深田恭子ら12人が「じゃんけんグリコ」 3

    綾瀬はるか、妻夫木聡、藤原竜也、深田恭子ら12人が「じゃんけんグリコ」

  4. 橋本環奈の瞳をカラコンで再現 ロート製薬エマーブル新企画「環奈Eye」 4

    橋本環奈の瞳をカラコンで再現 ロート製薬エマーブル新企画「環奈Eye」

  5. 剣心・佐藤健と縁・新田真剣佑が睨み合う『るろうに剣心 最終章』特報公開 5

    剣心・佐藤健と縁・新田真剣佑が睨み合う『るろうに剣心 最終章』特報公開

  6. スタジオジブリレコーズがサブスク解禁 サントラ23作含む38作を一挙配信 6

    スタジオジブリレコーズがサブスク解禁 サントラ23作含む38作を一挙配信

  7. 『映像研には手を出すな!』実写ドラマ化、4月放送 映画版は5月15日公開 7

    『映像研には手を出すな!』実写ドラマ化、4月放送 映画版は5月15日公開

  8. シェア社会に疲れた入江陽が別府・鉄輪で感じた秘密基地の豊かさ 8

    シェア社会に疲れた入江陽が別府・鉄輪で感じた秘密基地の豊かさ

  9. 菊地成孔が渋谷PARCOでお買い物。買うことは、生きている実感 9

    菊地成孔が渋谷PARCOでお買い物。買うことは、生きている実感

  10. 折坂悠太とカネコアヤノの再会の記録 「歌」に注ぐ眼差しの違い 10

    折坂悠太とカネコアヤノの再会の記録 「歌」に注ぐ眼差しの違い