イベントを探す?

  • 2016年4月15日(金)〜2016年6月4日(土)

小沢剛『あなたが誰かを好きなように、誰もが誰かを好き』

小沢剛『無題ーあなたが誰かを好きなように、誰もが誰かを好き』南相馬市の展示で参加してくれた南相馬市の子どもたちの絵の模写 油彩、キャンバス 2016年 Courtesy of MISA SHIN GALLERY
小沢剛『無題ーあなたが誰かを好きなように、誰もが誰かを好き』南相馬市の展示で参加してくれた南相馬市の子どもたちの絵の模写 油彩、キャンバス 2016年 Courtesy of MISA SHIN GALLERY

約100枚の布団を積み重ねた作品『あなたが誰かを好きなように、誰もが誰かを好き』を、2005年から国内外で発表している小沢剛。通称「ふとん山」と呼ばれる同作は頂上がポストになっており、子どもたちが好きな人の顔を描いて投函することができる。東日本大震災後は子どもたちに安全な遊び場を提供するため、福島でも展示されており、今年2月には福島・南相馬のゆめはっとで展開された。

今回の展覧会では、南相馬で同作が展示された際に子どもたちが投函した絵を、小沢が模写した絵画約30点で構成。1枚ごとに異なる色でグラデーションに彩色されたキャンバスの上方には、描かれた顔の目の位置と重なるように白い線が引かれ、全ての作品を連続して並べると線が1本に繋がるという。

小沢剛
『あなたが誰かを好きなように、誰もが誰かを好き』

2016年4月15日(金)~6月4日(土)
会場:東京都 白金高輪 MISA SHIN GALLERY
時間:12:00~19:00
休廊日:日、月曜、祝日
料金:無料

オープニングレセプション
2016年4月15日(金)18:00~20:00
会場:東京都 白金高輪 MISA SHIN GALLERY

続きを見る
  • 展示風景:小沢剛『あなたが誰かを好きなように、誰もが誰かを好き』福島県南相馬市 2016年 Courtesy of MISA SHIN GALLERY 参考画像
    展示風景:小沢剛『あなたが誰かを好きなように、誰もが誰かを好き』福島県南相馬市 2016年 Courtesy of MISA SHIN GALLERY 参考画像
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

カネコアヤノ“光の方へ”

カネコアヤノの新作『燦々』より、すでに先行配信もされている屈指の名曲“光の方へ”のスタジオライブ映像。Tシャツ一枚に素足の飾り気ない佇まいが、音源よりも強気な歌声が、遠くを見つめたり、マイクをすっと見据えたり、手元を確認したりする一瞬一瞬が、いちいちかっこいい。カネコアヤノは、常に、今が一番最高なアーティストだと思う。(山元)

  1. PEDROのアユニ・Dと田渕ひさ子が語る「音楽が開く心の扉」 1

    PEDROのアユニ・Dと田渕ひさ子が語る「音楽が開く心の扉」

  2. ヨルシカインタビュー 自分を滅却し、芸術に人生を捧げた2人の決断 2

    ヨルシカインタビュー 自分を滅却し、芸術に人生を捧げた2人の決断

  3. 『HiGH&LOW THE WORST』ドラマ版が完結。映画に向けてキャストをおさらい 3

    『HiGH&LOW THE WORST』ドラマ版が完結。映画に向けてキャストをおさらい

  4. 三浦春馬が歌いながらダンスする「グロップ」新CM 振付はs**t kingzが担当 4

    三浦春馬が歌いながらダンスする「グロップ」新CM 振付はs**t kingzが担当

  5. ビリー・アイリッシュ×Bershkaがコラボ、カプセルコレクション発売 5

    ビリー・アイリッシュ×Bershkaがコラボ、カプセルコレクション発売

  6. 伊藤健太郎、玉城ティナ、秋田汐梨が荒れた教室に 『惡の華』メイキング 6

    伊藤健太郎、玉城ティナ、秋田汐梨が荒れた教室に 『惡の華』メイキング

  7. Hump Backが「生活」を歌う理由。人の優しさを信じるために 7

    Hump Backが「生活」を歌う理由。人の優しさを信じるために

  8. 星野源、全楽曲のストリーミング配信が解禁 8

    星野源、全楽曲のストリーミング配信が解禁

  9. 佐久間由衣の主演映画『“隠れビッチ”やってました。』主題歌はKitri新曲 9

    佐久間由衣の主演映画『“隠れビッチ”やってました。』主題歌はKitri新曲

  10. 吉田豪が見た『全裸監督』と村西とおる 過去の危ない体験談を語る 10

    吉田豪が見た『全裸監督』と村西とおる 過去の危ない体験談を語る