イベントを探す?

  • 2016年4月19日(火)〜2016年4月24日(日)

『ALLOY & PEACE』

日本に限らず人々は古来から鋳物技術を使って、金属を生活の中に取り入れてきました。大きな物では神社仏閣などの建造物から、食器や文具、ジュエリーなどの小さなものまで、鋳物はいつも生活の中に溶け込み彩りを与えています。

富山県高岡市の「高岡銅器」は高岡開町より400年の間、伝承と技術革新によって歴史を積み重ね、現在ではその高い製品精度により全国的にも広く知られた鋳物の産地になっています。さらに歴史を積み重ね発展する為には、常に新鮮な息吹を取り込み人々の生活に則した意義あるものでなくてはならないと考えております。

この展覧会は「ALLOY & PEACE」(合金と平和)というタイトルのもとに、鋳物技術がこれから人々とどう関係していくべきか?金属彫刻の先にあるものは何か?をテーマに、従来イメージされている「鋳物」表現の領域を開拓し、金属造形の新しい価値観を発見、考察する試みとして企画されました。

出品にあたり世界で活躍するジャンルを超えたトップクリエイター6人にご協力いただき、彼らの感性で作られた美しくも先進的な鋳物彫刻を展示いたします。参加アーティストの従来と異なる表現を見ることのできる貴重な展示会でもあります。様々なアプローチの立体作品を中心にドローイングや絵画作品などを織り交ぜた本展は、コアなアートファンはもとよりご家族連れや今まで関心の薄かった方にも楽しめる内容になっております。(spiral ウェブサイトより)

『ALLOY & PEACE』

2016年4月19日(火)~4月24日(日)
会場:東京都 南青山 スパイラルガーデン
時間:11:00~20:00
参加作家:
田名網敬一
空山基
寺田克也
フロリアン・クラール
江口寿史
中村哲也
料金:無料

続きを見る
  • 『ALLOY & PEACE』フライヤービジュアル
    『ALLOY & PEACE』フライヤービジュアル
  • 江口寿史『ストップ!!ひばりくん!コンプリート・エディション3』カバー 2010
    江口寿史『ストップ!!ひばりくん!コンプリート・エディション3』カバー 2010
  • 空山基『Untitled』 2015
    空山基『Untitled』 2015
画像を拡大する(5枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 1

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  2. 坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する 2

    坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する

  3. 能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙 3

    能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙

  4. 『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録 4

    『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録

  5. ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を 5

    ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を

  6. King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動 6

    King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動

  7. 柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開 7

    柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開

  8. 勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点 8

    勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点

  9. 暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活 9

    暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活

  10. 小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開 10

    小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開