イベントを探す?

  • 2016年4月20日(水)〜2016年4月24日(日)

Ring-Bong第6回公演『名も知らぬ遠き島より』

文学座の山谷典子が立ち上げたカンパニー「Ring-Bong(リンボン)」は、最新公演『名も知らぬ遠き島より』を、4月20日~24日まで座・高円寺にて上演いたします。

本作は、日本劇作家協会プログラム上演の審査に競合多数の中から選出されました。舞台は、現代の東京の病室と、昭和21年の中国の牡丹江にある旧日本軍病院。青春時代、衛生兵だった男の生涯を通じ、「生きるとは何か」という永遠の命題を探していく物語です。「家族」とは...という身近な問題から、「国」「社会」という背景が見えてくる劇構造となっています。

本作は2012年にRing-Bong第2回公演として上演した作品でもあり、今回は座・高円寺との共催公演ということで新演出・新キャストでお届けします。(プレスリリースより)

Ring-Bong第6回公演
『名も知らぬ遠き島より』

2016年4月20日(水)~4月24日(日)全6公演
会場:東京都 座・高円寺1
作:山谷典子
演出:藤井ごう
出演:
遠藤剛
山口雅義
辻輝猛
森宮隆
本城憲
中村亮太
大崎由利子
小野文子
矢野宏美
山谷典子
ほか
料金:一般4,300円 学生3,000円

続きを見る
  • Ring-Bong第6回公演『名も知らぬ遠き島より』チラシビジュアル ©演劇集団Ring-Bong
    Ring-Bong第6回公演『名も知らぬ遠き島より』チラシビジュアル ©演劇集団Ring-Bong
  • Ring-Bong第5回公演『闇のうつつに我は我かは』舞台写真(2015) ©演劇集団Ring-Bong
    Ring-Bong第5回公演『闇のうつつに我は我かは』舞台写真(2015) ©演劇集団Ring-Bong
  • 山谷典子 ©演劇集団Ring-Bong
    山谷典子 ©演劇集団Ring-Bong
画像を拡大する(3枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

サニーデイ・サービス“Tokyo Sick feat. MARIA (VaVa Remix)”

サニーデイ・サービス“Tokyo Sick feat. MARIA (VaVa Remix)”MV。監督・三宅唱の眼差しを通せば、見慣れた街のたしかな息吹が感じられる。映り込む広告から、かなり最近撮影されたのだとわかるパートも。クレジットにまで忍ばせてある遊びにも心くすぐられた(バリュー・ドリモア)。<movieのように華やかじゃない>日々にも、きらめく瞬間が散りばめられているのだと知って、今年も東京で夏の蜃気楼を待ちわびてしまう。(井戸沼)

  1. W杯を彩る音楽。ロシア大会公式ソングや開会式出演者、中継テーマ曲を紹介 1

    W杯を彩る音楽。ロシア大会公式ソングや開会式出演者、中継テーマ曲を紹介

  2. 草凪優の官能小説『どうしようもない恋の唄』R18+で映画化、藤崎里菜ら出演 2

    草凪優の官能小説『どうしようもない恋の唄』R18+で映画化、藤崎里菜ら出演

  3. KOHHの沖縄旅行&地元に密着する『SWITCH』 宇多田、ワンオクTakaらも証言 3

    KOHHの沖縄旅行&地元に密着する『SWITCH』 宇多田、ワンオクTakaらも証言

  4. 椎名林檎&MIKIKO&西加奈子が旅番組初挑戦 NHK『猫にまた旅』でロシアへ 4

    椎名林檎&MIKIKO&西加奈子が旅番組初挑戦 NHK『猫にまた旅』でロシアへ

  5. 石原さとみが10秒メイクに挑戦、花王「オーブ」ウェブ動画&新CM公開 5

    石原さとみが10秒メイクに挑戦、花王「オーブ」ウェブ動画&新CM公開

  6. 安藤政信がカメラを向ける 仏写真家&愛人に着想の矢崎仁司監督作予告編 6

    安藤政信がカメラを向ける 仏写真家&愛人に着想の矢崎仁司監督作予告編

  7. 池松壮亮に尾崎豊が憑依 松居大悟監督『君が君で君だ』新場面写真公開 7

    池松壮亮に尾崎豊が憑依 松居大悟監督『君が君で君だ』新場面写真公開

  8. 小池徹平が「先生界のプリンス」 中川大志主演『覚悟はいいかそこの女子。』 8

    小池徹平が「先生界のプリンス」 中川大志主演『覚悟はいいかそこの女子。』

  9. ラッパーのXXXTentacionが銃撃受けて逝去 20歳 9

    ラッパーのXXXTentacionが銃撃受けて逝去 20歳

  10. 野村萬斎×落合陽一 「表現の本質」に迫る『MANSAI◎解体新書』第28弾 10

    野村萬斎×落合陽一 「表現の本質」に迫る『MANSAI◎解体新書』第28弾