イベントを探す?

  • 2016年4月23日(土)〜

『太陽』

『太陽』 ©2015「太陽」製作委員会
『太陽』 ©2015「太陽」製作委員会

『太陽』は、2011年に上演された劇団イキウメの舞台で、『第63回読売文学賞』『第19回読売演劇大賞』を受賞した作品。昨年には蜷川幸雄による演出のもと、『太陽2068』として上演された。バイオテロで人口が激減し、若く健康な肉体と高い知能を持つ一方で、太陽光に弱く夜に活動する新人類「ノクス」と、ノクスによる経済封鎖を受けながら貧しく生きる旧人類の「キュリオ」が分かれて暮らす21世紀初頭の世界を舞台に、10年ぶりにキュリオの村への経済封鎖が解かれたことから巻き起こる事件や、キュリオの若者・奥寺鉄彦と、ノクスを憎む鉄彦の幼馴染・生田結の関係性を描く。映画版の監督・脚本を手掛けるのは、『SR サイタマノラッパー』シリーズ、『ジョーカーゲーム』などの作品で知られる入江悠。

経済封鎖が解かれたことをきっかけに再開されたノクスへの転換手術の抽選に応募し、豊かな暮らしを夢見る鉄彦を演じるのは神木隆之介。自分を捨ててノクスに転換した母とノクスへの反感を糧に、村の復興を手助けしようと前向きに暮らす結を門脇麦が演じる。

『太陽』

2016年4月23日(土)から角川シネマ新宿ほか全国公開
監督:入江悠
脚本:入江悠、前川知大
原作:前川知大『太陽』
出演:
神木隆之介
門脇麦
古川雄輝
水田航生
村上淳
中村優子
高橋和也
森口瑤子
綾田俊樹
鶴見辰吾
古舘寛治
配給:KADOKAWA

続きを見る
  • 『太陽』 ©2015「太陽」製作委員会
    『太陽』 ©2015「太陽」製作委員会
  • 『太陽』 ©2015「太陽」製作委員会
    『太陽』 ©2015「太陽」製作委員会
  • 『太陽』 ©2015「太陽」製作委員会
    『太陽』 ©2015「太陽」製作委員会
画像を拡大する(17枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Dos Monos“Clean Ya Nerves (Cleopatra)”

トラックが持つドロドロとした不穏さを映像で表現したのは、『南瓜とマヨネーズ』などで知られる映画監督の冨永昌敬。ストリートを舞台にしたノワール劇のよう。ゲストで出演している姫乃たまのラストに示す怪しい動作が、見る人間の脳内にこびりつく。(久野)

  1. 入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ 1

    入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ

  2. ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面 2

    ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面

  3. Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍 3

    Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍

  4. ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居 4

    ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居

  5. 光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も 5

    光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も

  6. 鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で 6

    鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で

  7. 『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン 7

    『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン

  8. 「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場 8

    「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場

  9. 立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く 9

    立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く

  10. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 10

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと