イベントを探す?

  • 2016年4月29日(金)〜2016年5月5日(木)

『ポーランド映画祭2015 in 川崎』

『世代』 © FILMOTEKA NARODOWA, STUDIO FLMOWE
『世代』 © FILMOTEKA NARODOWA, STUDIO FLMOWE "OKO", STUDIO FLMOWE "TOR", STUDIO FILMOWE "KADR", STUDIO FLMOWE "PERSPEKTYWA", STUDIO FLMOWE "ZEBRA"

映像ホールのリニューアルにより導入されたデジタルシネマを活用し、デジタルリマスター版で鮮明に甦ったポーランド映画の傑作群をお届けします。世界的巨匠アンジェイ・ワイダの戦争三部作に加えて、日本未公開作品『サムソン』がお目見えします。また、国立映画大学がありポーランド映画の源泉ともいえる都市・ウッチ発の映画を厳選してご紹介します。(川崎市市民ミュージアムウェブサイトより)

『ポーランド映画祭2015 in 川崎』

2016年4月29日(金・祝)~5月5日(木・祝)
※5月2日は休映
会場:神奈川県 川崎市市民ミュージアム 映像ホール
上映作品:
『世代』(監督:アンジェイ・ワイダ)
『地下水道』(監督:アンジェイ・ワイダ)
『灰とダイヤモンド』(監督:アンジェイ・ワイダ)
『サムソン』(監督:アンジェイ・ワイダ)
『身分証明書』(監督:イエジー・スコリモフスキ)
『エヴァは眠りたい』(監督:タデウシュ・フェミレフスキ)
『ヴァバンク』(監督:ユリウシュ・マフルスキ)
『約束の土地』(監督:アンジェイ・ワイダ)
料金:1作品1,000円
※障害者手帳提示で本人と付添者1名無料

続きを見る
  • 『地下水道』 ©STUDIO FILMOWE
    『地下水道』 ©STUDIO FILMOWE "KADR"
  • 『ポーランド映画祭2015 in 川崎』フライヤービジュアル
    『ポーランド映画祭2015 in 川崎』フライヤービジュアル
画像を拡大する(9枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『角舘健悟 × 青葉市子 Live at Waseda Scotthall』

2020年、全4回にわたって行われてきた対談連載企画『角舘健悟の未知との遭遇』。青葉市子と遭遇し、教会に迷い込んだ2人の秘密のセッションの様子が公開された。本連載の趣旨でもあり、2人を繋いだYogee New Wavesの”Summer of Love”と、青葉市子の”みなしごの雨”を披露。クリスマスの夜にどうぞ。(川浦)

  1. KID FRESINOが示す良好なバランス。多層的な創作者としての姿勢 1

    KID FRESINOが示す良好なバランス。多層的な創作者としての姿勢

  2. 木村拓哉がスーツ姿で仲野太賀、塚地武雅と共演 マクドナルド新CM 2

    木村拓哉がスーツ姿で仲野太賀、塚地武雅と共演 マクドナルド新CM

  3. Gotchが歌う「生の肯定」 現代社会のほころびを見つめ直して語る 3

    Gotchが歌う「生の肯定」 現代社会のほころびを見つめ直して語る

  4. 山田孝之主演のNetflix『全裸監督』シーズン2 新ヒロインに恒松祐里 4

    山田孝之主演のNetflix『全裸監督』シーズン2 新ヒロインに恒松祐里

  5. 綾野剛が白昼の商店街を疾走、映画『ヤクザと家族 The Family』本編映像 5

    綾野剛が白昼の商店街を疾走、映画『ヤクザと家族 The Family』本編映像

  6. キンプリ平野紫耀と杉咲花がウサギになりきってぴょんぴょんするHulu新CM 6

    キンプリ平野紫耀と杉咲花がウサギになりきってぴょんぴょんするHulu新CM

  7. 『鬼滅の刃』煉獄杏寿郎の日輪刀を再現 「うまい!」などセリフ音声収録 7

    『鬼滅の刃』煉獄杏寿郎の日輪刀を再現 「うまい!」などセリフ音声収録

  8. 吉高由里子、知念侑李、神宮寺勇太が「アレグラFX」新広告キャラクターに 8

    吉高由里子、知念侑李、神宮寺勇太が「アレグラFX」新広告キャラクターに

  9. 緊急事態宣言下における「ライブイベント公演の開催」に関する共同声明発表 9

    緊急事態宣言下における「ライブイベント公演の開催」に関する共同声明発表

  10. ermhoiの「声」を輝かせている生い立ち、思想、知識、機材を取材 10

    ermhoiの「声」を輝かせている生い立ち、思想、知識、機材を取材