イベントを探す?

  • 2016年4月29日(金)〜2016年7月3日(日)

日伊国交樹立150周年記念『世界遺産 ポンペイの壁画展』

『赤ん坊のテレフォスを発見するヘラクレス』後1世紀 ナポリ国立考古学博物館蔵 ©ARCHIVIO DELL’ARTE - Luciano Pedicini / fotografo
『赤ん坊のテレフォスを発見するヘラクレス』後1世紀 ナポリ国立考古学博物館蔵 ©ARCHIVIO DELL’ARTE - Luciano Pedicini / fotografo

紀元後79年、火山の噴火という悲劇的な終焉により、時代を瞬時に閉じ込めたポンペイの町。18世紀に再発見されたポンペイの遺跡は、古代ローマの人々の豊かな暮らしを今に伝え、世界中を魅了し続けています。1997年に「ポンペイ、エルコラーノ、トッレ・アヌンツィアータの遺跡地域」として世界遺産に登録され、年間200万人以上の観光客が訪れるポンペイの遺跡は、「秘儀荘」を筆頭とする壁画の美しさで知られ、〈ポンペイの赤〉と呼ばれる特徴的な色彩は、一度目にすると忘れられない鮮やかさです。

本展は、ポンペイの出土品の中でも最も人気の高い壁画に焦点を絞り、壁画の役割と、その絵画的な価値を紹介するものです。本展では、壁画コレクションの双璧である、ナポリ国立考古学博物館、ポンペイ監督局の貴重な作品約80点を厳選し、「第1章 建築と風景」、「第2章 日常の生活」、「第3章 神話」、「第4章 神々と信仰」と描かれたテーマごとに紹介し、古代ローマの人々が好んだモチーフや構図、その制作技法に迫ります。あらゆる建造物を美しい絵画で飾り、人生を謳歌した人々の美意識を、当時の室内を飾ったすがたそのままに、一連の空間装飾として一部再現展示しています。出品作品のなかでも皇帝崇拝の場であるアウグステウムから出土した《赤ん坊のテレフォスを発見するヘラクレス》は、ギリシャ神話を題材にした美しい壁画で、本邦初公開であると同時に、海を渡って初めて持ち出される大変重要な作品です。ポンペイ壁画のまさに決定版ともいえる展覧会を、ぜひご覧ください。

また、気鋭の美術史家3名によるギャラリートークの開催も決定!それぞれの視点から観賞のポイントをわかりやすくレクチャーします。本展をより楽しく鑑賞できる機会です。是非ご参加ください。

そして、5月30日(月)までの期間限定でペアでお得なナイト券も販売中です。六本木ヒルズ上空でイタリアの奇跡と六本木の夜景を同時に味わうことができ、デートにもおススメです。どちらについても、詳しくはホームページをご確認ください。(日伊国交樹立150周年記念『世界遺産 ポンペイの壁画展』ウェブサイトより)

日伊国交樹立150周年記念
『世界遺産 ポンペイの壁画展』

2016年4月29日(金・祝)~7月3日(日)
会場:東京都 六本木 森アーツセンターギャラリー
時間:10:00~20:00(火曜は17:00まで、入館は閉館の30分前まで)
料金:一般1,600円 高大生1,300円 小中学生600円

続きを見る
  • 『ケイロンによるアキレウスの教育』後1世紀 ナポリ国立考古学博物館蔵 ©ARCHIVIO DELL’ARTE - Luciano Pedicini / fotografo
    『ケイロンによるアキレウスの教育』後1世紀 ナポリ国立考古学博物館蔵 ©ARCHIVIO DELL’ARTE - Luciano Pedicini / fotografo
  • カルミアーノの農園別荘『ディオニュソスとケレス』後1世紀 ポンペイ監督局蔵 ©ARCHIVIO DELL’ARTE - Luciano Pedicini / fotografo
    カルミアーノの農園別荘『ディオニュソスとケレス』後1世紀 ポンペイ監督局蔵 ©ARCHIVIO DELL’ARTE - Luciano Pedicini / fotografo
  • 『踊るマイナス』後1世紀 ナポリ国立考古学博物館蔵 ©ARCHIVIO DELL’ARTE - Luciano Pedicini / fotografo
    『踊るマイナス』後1世紀 ナポリ国立考古学博物館蔵 ©ARCHIVIO DELL’ARTE - Luciano Pedicini / fotografo
  • エルコラーノ遺跡の内部 ©Fototeca ENIT photo: Gino Cianci 写真提供:イタリア政府観光局
    エルコラーノ遺跡の内部 ©Fototeca ENIT photo: Gino Cianci 写真提供:イタリア政府観光局
画像を拡大する(5枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Dos Monos“Clean Ya Nerves (Cleopatra)”

トラックが持つドロドロとした不穏さを映像で表現したのは、『南瓜とマヨネーズ』などで知られる映画監督の冨永昌敬。ストリートを舞台にしたノワール劇のよう。ゲストで出演している姫乃たまのラストに示す怪しい動作が、見る人間の脳内にこびりつく。(久野)

  1. 入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ 1

    入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ

  2. ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面 2

    ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面

  3. Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍 3

    Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍

  4. ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居 4

    ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居

  5. 光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も 5

    光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も

  6. 鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で 6

    鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で

  7. 『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン 7

    『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン

  8. 「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場 8

    「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場

  9. 立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く 9

    立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く

  10. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 10

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと