イベントを探す?

  • 2016年5月13日(金)〜2016年6月4日(土)

『1974』

『1974』メインビジュアル image in courtesy of CLEAR EDITION & GALLERY
『1974』メインビジュアル image in courtesy of CLEAR EDITION & GALLERY

この度、CLEAR EDITION & GALLERY では1974年に生まれた3名の作家、加賀美健、MADSAKI、中村穣二によるグループ展『1974』を開催いたします。

1974年生れは最後のベビーブームとも団塊ジュニアとも言われ、過当競争の末自由を謳歌する者も多く、就職する頃にはバブルが既に崩壊してしまっている世代でもあります。その様な社会情勢にあった時期に生まれた3名ではありますが、現在の作家活動に至るまでの道のりは異なり、表現方法も大きくことなります。

加賀美はスタイリストアシスタントを6年勤め、その後サンフランシスコで過ごし帰国後本格的に作家活動を始動。現在は彫刻からインスタレーション、ドローイング、パフォーマンスと幅広い作品を国際的に発表しながら自身のお店ストレンジストアも運営。MADSAKIは幼いころに家族でNYに移住、現地のアートスクール卒業後、一時はバイシクルメッセンジャーとして活動。アーティストコレクティブBARNSTORMERSへの加入をきっかけに作家活動を再開し、帰国。現在は名画を引用/模倣した作品を中心に制作しております。中村穣二も米国サンタバーバラ滞在中にアートスクールに通っていた友人やルームメイト達の影響もあり本格的に作家活動を開始。帰国後は自身の抽象作品やドローイングだけでなく、展覧会や出版物の企画、最近ではNYを拠点としているバンドDIIVのアルバム用にアートワークを提供したりと幅広く活動しております。

経歴、作風ともに三者三様でありながら彼らに共通しているのは現代アートに対してのある種確信犯的な「捻くれた」見方と敬意、アプローチとアティチュードです。歴史に紐付け付けしようと思えばレディメイドやアプロプリエーション、具体や抽象表現主義とキーワードやフックは多分にありますが、彼らはその重みを鑑賞者に押し付けることもなく極めて軽やかに現代美術の空気の中を泳ぎ、それぞれの方法で自身の経験や置かれてる環境、関心事をストレートに作品反映しながらも、美術のフィールドでの立ち位置を確立しています。

SNSもフル活用し海の向こうのティーンから巨匠作家までと気軽にコミュニケーションを取りながら、ファッション、音楽、アート関係なくカルチャーを横断的に多分に楽しんでいるのも特徴の1つと言えます。いわゆるアカデミックな正統派とは一線を画すこの3人による意識的な「悪ふざけ」はアートコミュニティの閉塞感と排他性に対しての大真面目なステイトメントとしてとらえることもでき、自由を渇望する人にとってのある種の希望でもあると言えます。各々の作品の良さ(面白さ)はさることながら、その表層的な意味合いにとらわれることなくこの3名やその周囲にいる作家そして起きている事を事象として捉え直すことにより美術のみでは解決できない何かが見えて来るように思います。

奇しくも1974年という同じ生まれ年をもった異なる3名のグループ展をぜひご高覧いただければ幸いです。(CLEAR EDITION & GALLERYウェブサイトより)

『1974』

2016年5月13日(金)~6月4日(土)
会場:東京都 六本木 CLEAR EDITION & GALLERY
時間:11:00~19:00
参加作家:
加賀美健
MADSAKI
中村穣二
休廊日:日、月曜、祝日

続きを見る

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. cero高城晶平×折坂悠太 10年代のインディ音楽の萌芽と開花の記録 1

    cero高城晶平×折坂悠太 10年代のインディ音楽の萌芽と開花の記録

  2. 『鬼滅の刃』オリジナルアイテム第4弾 全13キャラクターのアウター&傘 2

    『鬼滅の刃』オリジナルアイテム第4弾 全13キャラクターのアウター&傘

  3. 広告に冷めた時代のアプローチ。Hondaは「フラット」を提示する 3

    広告に冷めた時代のアプローチ。Hondaは「フラット」を提示する

  4. 大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤がオリコンデイリー1位獲得 4

    大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤がオリコンデイリー1位獲得

  5. 『ノマドランド』が映すアメリカの姿。過酷な状況とノマドの精神 5

    『ノマドランド』が映すアメリカの姿。過酷な状況とノマドの精神

  6. 『森、道、市場』第1弾でアジカン、cero、折坂悠太、カネコアヤノら 6

    『森、道、市場』第1弾でアジカン、cero、折坂悠太、カネコアヤノら

  7. 中国Z世代を虜にする漢服ブーム。愛好者やデザイナーが語る 7

    中国Z世代を虜にする漢服ブーム。愛好者やデザイナーが語る

  8. 『そして、バトンは渡された』映画化 永野芽郁、田中圭、石原さとみ共演 8

    『そして、バトンは渡された』映画化 永野芽郁、田中圭、石原さとみ共演

  9. 松坂桃李、菅田将暉、賀来賢人が共演 花王「アタックZERO」新CM放送 9

    松坂桃李、菅田将暉、賀来賢人が共演 花王「アタックZERO」新CM放送

  10. GU×UNDERCOVERが初コラボ キーワードは「FREEDOM/NOISE」 10

    GU×UNDERCOVERが初コラボ キーワードは「FREEDOM/NOISE」