イベントを探す?

  • 2016年5月14日(土)

『青春音楽活劇「詭弁・走れメロス」』京都公演

森見登美彦の短編小説『新釈 走れメロス』をもとにした同公演は、松村武(カムカムミニキーナ)が脚本・演出、小野寺修二がステージングを担当した2013年初演の音楽劇の再演。「詭弁論部」に所属する学生・芽野史郎が、図書館警察の長官によって閉鎖された部室を取り戻すためにある約束を交わすが、1日の猶予を取り付け、親友を人質にして京都中を逃げ回る、というあらすじだ。初演時は、小説の文章を全てモノローグとしてセリフにしたほか、俳優が様々な身体表現を駆使して通行人や乗り物、街並みなどを表現するといった演出方法で注目を集めた。

芽野役を演じるのは初演に引き続き武田航平。2か月間でほぼ全員の男性部員を虜にした元詭弁論部員・須磨さん役の新垣里沙も続投する。芽野の親友で人質となる芹名雄一役には中村優一、図書館警察長官役には市川しんぺーがキャスティングされている。また脚本・演出も初演時と同じく松村が手掛ける。

『青春音楽活劇「詭弁・走れメロス」』京都公演

2016年5月14日(土)全2公演
会場:京都府 京都劇場
脚本・演出:松村武
原作:森見登美彦『新釈 走れメロス他四篇』(祥伝社文庫)
出演:
武田航平
中村優一
新垣里沙
荒谷清水
小手伸也
小林至
高木俊
上田悠介
市川しんぺー
料金:6,500円

続きを見る
  • 『青春音楽活劇「詭弁・走れメロス」』チラシビジュアル
    『青春音楽活劇「詭弁・走れメロス」』チラシビジュアル
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Homecomings“Blue Hour”

微妙な関係、微妙な距離を前に、言わずに飲み込んだ言葉、あるいは取ってつけたような言葉……夜の終わりと始まりの深い青にはそんな言葉が無数に浮かんでは消える。<まだ夜は冷えるから 僕らは子供のまま>という奥ゆかしくもみずみずしいラインに、<僕らお互い弱虫すぎて 踏み込めないまま朝を迎える>なんて一節を思い出したりしました。(山元)

  1. Ken YokoyamaからのSOS バンドに訪れた転換期を包み隠さず語る 1

    Ken YokoyamaからのSOS バンドに訪れた転換期を包み隠さず語る

  2. 新垣結衣×松田龍平W主演、野木亜紀子脚本『獣になれない私たち』放送開始 2

    新垣結衣×松田龍平W主演、野木亜紀子脚本『獣になれない私たち』放送開始

  3. 『音量を上げろタコ!』KenKen、PABLO、富澤タクら10人のキャスト写真公開 3

    『音量を上げろタコ!』KenKen、PABLO、富澤タクら10人のキャスト写真公開

  4. 自由な大泉洋、振り回される高畑充希&三浦春馬 『バナナかよ』場面写真 4

    自由な大泉洋、振り回される高畑充希&三浦春馬 『バナナかよ』場面写真

  5. 戸次重幸がヨガで白目&床に頬ずりして恍惚 パナソニックの動画4本公開 5

    戸次重幸がヨガで白目&床に頬ずりして恍惚 パナソニックの動画4本公開

  6. 『花椿』でペトラ・コリンズが「東京少女」撮影 満島ひかり×Chara対談も 6

    『花椿』でペトラ・コリンズが「東京少女」撮影 満島ひかり×Chara対談も

  7. 堀込泰行のソロ5年目はどんな感じ? 他者と交わる面白さを語る 7

    堀込泰行のソロ5年目はどんな感じ? 他者と交わる面白さを語る

  8. 松山ケンイチ×染谷将太が「聖職系男子」 ドラマ『聖☆おにいさん』予告編 8

    松山ケンイチ×染谷将太が「聖職系男子」 ドラマ『聖☆おにいさん』予告編

  9. 片渕須直×こうの史代×コトリンゴ オタフクソースのウェブアニメが公開 9

    片渕須直×こうの史代×コトリンゴ オタフクソースのウェブアニメが公開

  10. 隈研吾が設計デザイン「デリス横浜ビル」11月開業 食と文化の発信拠点に 10

    隈研吾が設計デザイン「デリス横浜ビル」11月開業 食と文化の発信拠点に