イベントを探す?

  • 2016年5月21日(土)〜2016年6月17日(金)

『開館10周年記念特集II シネマヴェーラ渋谷と愉快な仲間たち』

シネマヴェーラ渋谷の開館10周年を記念する『開館10周年記念特集II シネマヴェーラ渋谷と愉快な仲間たち』。斎藤工、柄本佑、小西康陽、松江哲明をセレクターに迎え、それぞれが設定したテーマや作品の組み合わせのもとで各6、7本の作品を上映する。

「斎藤工セレクション」では渋谷実監督『現代人』と加藤泰監督『江戸川乱歩の陰獣』、内田吐夢監督『血槍富士』と工藤栄一監督『十一人の侍』、鈴木清順監督『東京流れ者』と市川崑監督『股旅』をそれぞれ2本立てで上映。斎藤は作品のラインナップについて「劇場で観るべき邦画の傑作の数々、絶やしてはならない宝の様な作品達の中から何を選ぶべきか、家族会議もしました。これが私の答えです」とコメントしている。また斎藤の監督作『半分ノ世界』のディレクターズカット版も上映される。

柄本は「どうしようもなく『映画』。」というテーマでジャン・ルノワール監督の『フレンチ・カンカン』と小沼勝監督の『NAGISA なぎさ』、「変ナ冒険。」をテーマにダニエル・シュミット監督の『ベレジーナ』と古厩智之監督の『この窓は君のもの』、「過激ナ青春。」をテーマに相米慎二監督の『ションベン・ライダー』、山本寛監督の『私の優しくない先輩』をセレクト。

小西は「若くて美しい顔の娘と、ふしあわせそうな男の物語」をテーマに据え、『七人の刑事 終着駅の女』『四畳半物語 娼婦しの』『囁きのジョー』『砂の香り』『ブラック・コメディ ああ!馬鹿』『哀しみのベラドンナ』の6作品を選出している。

「松江哲明セレクション」では、松江が「音楽と映画の力」をテーマに選んだ『ライブテープ』『ちびまる子ちゃん わたしの好きな歌』、「僕が大きな影響を受けた90年代の邦画」をテーマにした『死んでもいい』『RAMPO インターナショナル・ヴァージョン』、「男子映画」をテーマにセレクトした『冷たい雨に撃て、約束の銃弾を』『中学生日記』『あんにょんキムチ』が上映される。

『開館10周年記念特集II シネマヴェーラ渋谷と愉快な仲間たち』

斎藤工セレクション
2016年5月21日(土)~5月27日(金)
会場:東京都 シネマヴェーラ渋谷
上映作品:
『現代人』(監督:渋谷実)
『江戸川乱歩の陰獣』(監督:加藤泰)
『血槍富士』(監督:内田吐夢)
『十一人の侍』(監督:工藤栄一)
『東京流れ者』(監督:鈴木清順)
『股旅』(監督:市川崑)

柄本佑セレクション
2016年5月28日(土)~6月3日(金)
会場:東京都 シネマヴェーラ渋谷
上映作品:
『フレンチ・カンカン』(監督:ジャン・ルノワール)
『NAGISA なぎさ』(監督:小沼勝)
『ベレジーナ』(監督:ダニエル・シュミット)
『この窓は君のもの』(監督:古厩智之)
『ションベン・ライダー』(監督:相米慎二)
『私の優しくない先輩』(監督:山本寛)

小西康陽セレクション
2016年6月4日(土)~6月10日(金)
会場:東京都 シネマヴェーラ渋谷
上映作品:
『七人の刑事 終着駅の女』(監督:若杉光夫)
『四畳半物語 娼婦しの』(監督:成沢昌茂)
『囁きのジョー』(監督:斎藤耕一)
『砂の香り』(監督:岩内克己)
『ブラック・コメディ ああ!馬鹿』(監督:須川栄三)
『哀しみのベラドンナ』(監督:山本暎一)

松江哲明セレクション
2016年6月11日(土)~6月17日(金)
会場:東京都 シネマヴェーラ渋谷
上映作品:
『ライブテープ』(監督:松江哲明)
『ちびまる子ちゃん わたしの好きな歌』(監督:須田裕美子、芝山努)
『死んでもいい』(監督:石井隆)
『RAMPO インターナショナル・ヴァージョン』(監督:奥山和由)
『冷たい雨に撃て、約束の銃弾を』(監督:ジョニー・トー)
『中学生日記』(監督:山下敦弘)
『あんにょんキムチ』(監督:松江哲明)

続きを見る
  • 『哀しみのベラドンナ』(監督:山本暎一)ビジュアル ©虫プロダクション
    『哀しみのベラドンナ』(監督:山本暎一)ビジュアル ©虫プロダクション
  • 『現代人』(監督:渋谷実)
    『現代人』(監督:渋谷実)
  • 『フレンチ・カンカン』(監督:ジャン・ルノワール) ©1954 Gaumont-Jolly Films
    『フレンチ・カンカン』(監督:ジャン・ルノワール) ©1954 Gaumont-Jolly Films
  • 『死んでもいい』(監督:石井隆)
    『死んでもいい』(監督:石井隆)
画像を拡大する(9枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. アイナ・ジ・エンドの心の内を込めた『THE END』 亀田誠治と語る 1

    アイナ・ジ・エンドの心の内を込めた『THE END』 亀田誠治と語る

  2. 佐藤健がギャツビー新イメージキャラクターに起用、ブランドムービー公開 2

    佐藤健がギャツビー新イメージキャラクターに起用、ブランドムービー公開

  3. 広瀬すずがワンカット撮影にチャレンジ AGCの新テレビCMオンエア 3

    広瀬すずがワンカット撮影にチャレンジ AGCの新テレビCMオンエア

  4. 『鬼滅の刃』をイメージした眼鏡コレクションに煉獄杏寿郎モデルが追加 4

    『鬼滅の刃』をイメージした眼鏡コレクションに煉獄杏寿郎モデルが追加

  5. 隈研吾が内装デザイン 「イッタラ表参道 ストア&カフェ」2月19日オープン 5

    隈研吾が内装デザイン 「イッタラ表参道 ストア&カフェ」2月19日オープン

  6. 青葉市子『アダンの風』全曲解説。作曲家・梅林太郎と共に語る 6

    青葉市子『アダンの風』全曲解説。作曲家・梅林太郎と共に語る

  7. 片岡愛之助がイヤミ役 ワイモバイル新CMで芦田愛菜、出川哲朗と共演 7

    片岡愛之助がイヤミ役 ワイモバイル新CMで芦田愛菜、出川哲朗と共演

  8. 水原希子×さとうほなみ Netflix『彼女』に真木よう子、鈴木杏、南沙良ら 8

    水原希子×さとうほなみ Netflix『彼女』に真木よう子、鈴木杏、南沙良ら

  9. King & Prince平野紫耀と杉咲花がウサギ姿で一悶着 Huluの新CM 9

    King & Prince平野紫耀と杉咲花がウサギ姿で一悶着 Huluの新CM

  10. Netflixドラマ『ブリジャートン家』、時代劇ロマンスが大ヒット 10

    Netflixドラマ『ブリジャートン家』、時代劇ロマンスが大ヒット