イベントを探す?

  • 2016年5月25日(水)〜2016年8月7日(日)

『村上春樹とイラストレーター ―佐々木マキ、大橋歩、和田誠、安西水丸―』

和田誠、安西水丸『仲良し』2010年 個人蔵
和田誠、安西水丸『仲良し』2010年 個人蔵

『村上春樹とイラストレーター ―佐々木マキ、大橋歩、和田誠、安西水丸―』は村上春樹の小説やエッセイ、絵本、翻訳本などの装画や挿絵を担当した佐々木マキ、大橋歩、和田誠、安西水丸の絵に焦点を当てた企画展。村上の初期3部作『風の歌を聴け』『1973年のピンボール』『羊をめぐる冒険』の表紙や、初公開作品を含む約200点の作品が展示される。

会場では、村上が小説やエッセイなどで使い分ける文体と、4人のイラストレーターが作品にあわせて画材や技法を変えて描いたイラストの相互関係を紹介する。

『村上春樹とイラストレーター ―佐々木マキ、大橋歩、和田誠、安西水丸―』

2016年5月25日(水)~8月7日(日)
会場:東京都 上井草 ちひろ美術館・東京
時間:10:00~17:00(入館は閉館の30分前まで)
休館日:月曜(祝日の場合は翌平日、8月1日は開館)
料金:大人800円 65歳以上・学生証をお持ちの方700円
※高校生以下無料
※障害者手帳をお持ちの方は半額、付添者1名は無料
※視覚障がい者は無料

続きを見る
  • 安西水丸 『ふわふわ』(講談社)より 1998年 個人蔵
    安西水丸 『ふわふわ』(講談社)より 1998年 個人蔵
  • 佐々木マキ 『羊男のクリスマス』(講談社)より 1985年 個人蔵 ©Maki Sasaki 1985 by Medialynx Japan
    佐々木マキ 『羊男のクリスマス』(講談社)より 1985年 個人蔵 ©Maki Sasaki 1985 by Medialynx Japan
  • 佐々木マキ 『風の歌を聴け』(講談社)表紙 1979年 個人蔵 ©Maki Sasaki 1979 by Medialynx Japan
    佐々木マキ 『風の歌を聴け』(講談社)表紙 1979年 個人蔵 ©Maki Sasaki 1979 by Medialynx Japan
画像を拡大する(9枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『傑作? 珍作? 大珍作!! コメディ映画文化祭』予告編

12月15、16日に座・高円寺2で開催される、Gucchi's Free School主宰の『傑作? 珍作? 大珍作!! コメディ映画文化祭』。上映される7本のうち、なんと4本が日本初上映作品(!)。予告だけでもパンチの強さが伝わってくるが、さらに各日トークショー付きという内容の濃さ。このイベントでひと笑いしてから2018年ラストスパートを迎えよう。(野々村)

  1. 入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ 1

    入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ

  2. ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面 2

    ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面

  3. Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍 3

    Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍

  4. ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居 4

    ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居

  5. 光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も 5

    光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も

  6. 鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で 6

    鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で

  7. 『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン 7

    『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン

  8. 「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場 8

    「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場

  9. 立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く 9

    立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く

  10. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 10

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと