イベントを探す?

  • 2016年5月28日(土)〜2016年6月25日(土)

地主麻衣子『新しい愛の体験』

地主麻衣子『新しい愛の体験』メインビジュアル ©Maiko Jinushi
地主麻衣子『新しい愛の体験』メインビジュアル ©Maiko Jinushi

この度ハギワラプロジェクツでは、5月28日より地主麻衣子の個展「新しい愛の体験」を開催いたします。当ギャラリーで初めての展示では、タイ、チェンマイで制作した映像作品と、映像を基にした写真作品を展示いたします。

地主麻衣子は1984年生まれ。多摩美術大学在学中はドローイングや小説を制作、のちに2010年より映像を撮り始め、現在は映像作品を中心に、ドローイング、小説、詩、また時にインスタレーションやパフォーマンスを組み合わせるなど、様々な媒体で作品を発表しています。映像作品では、男性のモノローグや、演説、また人々が対話する姿や執筆する情景などが複数の視点から描かれ、時にそれらが脈絡無く同時進行していきます。多角的な価値観を拮抗させ、自身と他者、また自身と社会の関係についての考察が盛り込まれた映像は、日常の断片を綴ったストーリーだけではない深みをもたらし、観る者を惑わせながら作品の世界観に引き込んでいきます。

「新たな文学を生み出す」という地主は、近年さらに公開撮影という方法を取り、映像作品が持つ可能性を広げています。今回展示する作品は、タイのチェンマイに滞在中、屋外の一角に白いタイルを並べてステージを設置し、そこで撮影されました。タイ人の知人女性に素足で立ってもらい、カメラを通して対話をします。日本人とタイ人、お互い政治的に複雑な状況に置かれている国であることを踏まえつつも、地主はあえて抽象的な「愛」をテーマに質問を投げかけていきます。二人の対話は複数のカメラで記録され、途中にステージに花が置かれるなどパフォーマンス的要素を含むドキュメンタリーになっていますが、個人の深淵から紡がれる言葉と詩的で幻想的な光景からなる映像は、観終わったあとに一つの物語を読み切ったような不思議な高揚感を与えます。(プレスリリースより)

地主麻衣子
『新しい愛の体験』

2016年5月28日(土)~6月25日(土)
会場:東京都 初台 HAGIWARA PROJECTS
時間:11:00~19:00
休廊日:日、月曜、祝日
料金:無料

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“逃亡前夜”

楽曲のビートにのせて流れる色鮮やかな、ばっちりキマった画。その中で、重力まかせに寝転んだり、うなだれたりするメンバーの身体や、しなやかな演奏シーンが美しい。どの瞬間を切り取っても雑誌の表紙のようで、約5分間、全く飽きがこない。(井戸沼)

  1. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 1

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと

  2. 『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント 2

    『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント

  3. ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない 3

    ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない

  4. SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も 4

    SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も

  5. 『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も 5

    『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も

  6. 斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で 6

    斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で

  7. 「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』 7

    「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』

  8. 入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に 8

    入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に

  9. 上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編 9

    上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編

  10. 大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで 10

    大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで