イベントを探す?

  • 2016年5月28日(土)〜2016年8月6日(土)

久保ガエタン『破壊始建設/Research&Destroy』

久保ガエタン『破壊始建設/Research&Destroy』(参考図版)
久保ガエタン『破壊始建設/Research&Destroy』(参考図版)

昭和21年(1946年)、終戦直後の日本では、貨幣を製造するための材料が不足していたため、戦時中の薬莢(やっきょう)などのスクラップを材料として50銭銅貨が製造されていたそうです。久保ガエタンは、そのような、あるものが別のものへと作り替えられ、生まれ変わったりするような、さまざまなものや出来事の来歴や因果関係に関心を持ち、それをさらに自身の作品として、再創造へとつなげていきます。先の50銭銅貨は、それをまた溶かして銃弾の形に鋳造し直し、元の形に戻されています。また、戦車を材料としている東京タワーから剥げ落ちた塗膜を砕いて顔料にし、それで描いたドローイング。久保の母の出身地であるボルドーで建造された戦艦が材料となったという浅草火力発電所から派生し、昭和39年(1964年)に取り壊された千住火力発電所、通称「お化け煙突」を削って陶器など。

この展示は、歴史的な題材への入念な調査にもとづき、廃品を利用したオブジェ、模型、ドキュメント映像、写真、ダイアグラムなど、調査の過程で見出された事実や出来事から派生するさまざまな作品によって構成されています。新作である、曾祖父が日本海軍の駆逐艦の乗員だったことを発端に、その軍艦が戦後、海上自衛隊の護衛艦として再生したという事実にまつわる戦後の兵器の解体史を、証言とともに映像作品にし、それをもとに、その背後にある隠された連関を導き出します。(NTTインターコミュニケーション・センターウェブサイトより)

久保ガエタン
『破壊始建設/Research&Destroy』

2016年5月28日(土)~8月6日(土)
会場:東京都 初台 NTTインターコミュニケーション・センター [ICC]
時間:11:00~18:00(入館は閉館の30分前まで)
休館日:月曜(月曜が祝日の場合翌日)
料金:無料

アーティストトーク
2016年6月25日(土)14:00~
開場:東京都 初台 NTTインターコミュニケーション・センター [ICC] 4階 特設会場
出演:
久保ガエタン
荒木悠
飯山由貴
司会:畠中実
定員:150名
料金:無料

続きを見る

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. ゆずが気づいた「歌いたい」という感情。覚悟を決めて未来に進む 1

    ゆずが気づいた「歌いたい」という感情。覚悟を決めて未来に進む

  2. 中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿 2

    中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿

  3. KERAが見てきた東京のインディ・アングラ音楽シーンを振り返る 3

    KERAが見てきた東京のインディ・アングラ音楽シーンを振り返る

  4. A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること 4

    A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること

  5. 『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」 5

    『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」

  6. Daichi Yamamotoと高校生のラップ談義。音楽の自由を10代に学ぶ 6

    Daichi Yamamotoと高校生のラップ談義。音楽の自由を10代に学ぶ

  7. トム・ヨークによるRadiohead“Creep”のリミックスが公式リリース 7

    トム・ヨークによるRadiohead“Creep”のリミックスが公式リリース

  8. ケリー・ライカート特集パンフに蓮實重彦、夏目知幸ら ototoiのグッズも 8

    ケリー・ライカート特集パンフに蓮實重彦、夏目知幸ら ototoiのグッズも

  9. 狂気と恐怖、男2人の権力闘争。『ライトハウス』監督インタビュー 9

    狂気と恐怖、男2人の権力闘争。『ライトハウス』監督インタビュー

  10. アーティストをやめる、苦渋の決断が生んだ現代芸術チーム「目」 10

    アーティストをやめる、苦渋の決断が生んだ現代芸術チーム「目」