イベントを探す?

  • 2016年5月28日(土)〜2016年7月18日(月)

『東松照明 ―長崎― 展』

『山口仙二さん4 フェリー内・東シナ海』1998年 ©Shomei Tomatsu – INTERFACE 長崎県美術館蔵
『山口仙二さん4 フェリー内・東シナ海』1998年 ©Shomei Tomatsu – INTERFACE 長崎県美術館蔵

戦後日本を代表する写真家・東松照明(1930−2012)は1961年に初めて長崎を取材し、土門拳らとの共著『hiroshima-nagasaki document 1961』を刊行します。そこで受けた衝撃の大きさから翌年以降も自ら長崎に通い、98年には移住して、被爆者や町並みを撮影し続けました。広島と同じく原子野となった長崎の再生を、その歴史や風土にまで迫る独自の視点で切り取った作品をまとめて紹介します。(広島市現代美術館ウェブサイトより)

『東松照明 ―長崎― 展』

2016年5月28日(土)~7月18日(月・祝)
会場:広島県 広島市現代美術館
時間:10:00~17:00(入場は閉館の30分前まで)
休館日:月曜(7月18日は開館)
料金:一般1,030円 大学生720円 高校生・65歳以上510円
※中学生以下無料

続きを見る
  • 『町並2 上小島方面』1996年 ©Shomei Tomatsu – INTERFACE 長崎県美術館蔵
    『町並2 上小島方面』1996年 ©Shomei Tomatsu – INTERFACE 長崎県美術館蔵
  • 『無題 長崎市愛宕』1975年 ©Shomei Tomatsu – INTERFACE 長崎県美術館蔵
    『無題 長崎市愛宕』1975年 ©Shomei Tomatsu – INTERFACE 長崎県美術館蔵
  • 『上野町から掘り出された腕時計 長崎国際文化会館・平野町』1961年 ©Shomei Tomatsu – INTERFACE 長崎県美術館蔵
    『上野町から掘り出された腕時計 長崎国際文化会館・平野町』1961年 ©Shomei Tomatsu – INTERFACE 長崎県美術館蔵
画像を拡大する(8枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『角舘健悟 × 青葉市子 Live at Waseda Scotthall』

2020年、全4回にわたって行われてきた対談連載企画『角舘健悟の未知との遭遇』。青葉市子と遭遇し、教会に迷い込んだ2人の秘密のセッションの様子が公開された。本連載の趣旨でもあり、2人を繋いだYogee New Wavesの”Summer of Love”と、青葉市子の”みなしごの雨”を披露。クリスマスの夜にどうぞ。(川浦)

  1. KID FRESINOが示す良好なバランス。多層的な創作者としての姿勢 1

    KID FRESINOが示す良好なバランス。多層的な創作者としての姿勢

  2. 木村拓哉がスーツ姿で仲野太賀、塚地武雅と共演 マクドナルド新CM 2

    木村拓哉がスーツ姿で仲野太賀、塚地武雅と共演 マクドナルド新CM

  3. Gotchが歌う「生の肯定」 現代社会のほころびを見つめ直して語る 3

    Gotchが歌う「生の肯定」 現代社会のほころびを見つめ直して語る

  4. 山田孝之主演のNetflix『全裸監督』シーズン2 新ヒロインに恒松祐里 4

    山田孝之主演のNetflix『全裸監督』シーズン2 新ヒロインに恒松祐里

  5. 綾野剛が白昼の商店街を疾走、映画『ヤクザと家族 The Family』本編映像 5

    綾野剛が白昼の商店街を疾走、映画『ヤクザと家族 The Family』本編映像

  6. キンプリ平野紫耀と杉咲花がウサギになりきってぴょんぴょんするHulu新CM 6

    キンプリ平野紫耀と杉咲花がウサギになりきってぴょんぴょんするHulu新CM

  7. 『鬼滅の刃』煉獄杏寿郎の日輪刀を再現 「うまい!」などセリフ音声収録 7

    『鬼滅の刃』煉獄杏寿郎の日輪刀を再現 「うまい!」などセリフ音声収録

  8. 吉高由里子、知念侑李、神宮寺勇太が「アレグラFX」新広告キャラクターに 8

    吉高由里子、知念侑李、神宮寺勇太が「アレグラFX」新広告キャラクターに

  9. 緊急事態宣言下における「ライブイベント公演の開催」に関する共同声明発表 9

    緊急事態宣言下における「ライブイベント公演の開催」に関する共同声明発表

  10. ermhoiの「声」を輝かせている生い立ち、思想、知識、機材を取材 10

    ermhoiの「声」を輝かせている生い立ち、思想、知識、機材を取材