イベントを探す?

  • 2016年5月28日(土)〜2016年7月18日(月)

『東松照明 ―長崎― 展』

『山口仙二さん4 フェリー内・東シナ海』1998年 ©Shomei Tomatsu – INTERFACE 長崎県美術館蔵
『山口仙二さん4 フェリー内・東シナ海』1998年 ©Shomei Tomatsu – INTERFACE 長崎県美術館蔵

戦後日本を代表する写真家・東松照明(1930−2012)は1961年に初めて長崎を取材し、土門拳らとの共著『hiroshima-nagasaki document 1961』を刊行します。そこで受けた衝撃の大きさから翌年以降も自ら長崎に通い、98年には移住して、被爆者や町並みを撮影し続けました。広島と同じく原子野となった長崎の再生を、その歴史や風土にまで迫る独自の視点で切り取った作品をまとめて紹介します。(広島市現代美術館ウェブサイトより)

『東松照明 ―長崎― 展』

2016年5月28日(土)~7月18日(月・祝)
会場:広島県 広島市現代美術館
時間:10:00~17:00(入場は閉館の30分前まで)
休館日:月曜(7月18日は開館)
料金:一般1,030円 大学生720円 高校生・65歳以上510円
※中学生以下無料

続きを見る
  • 『町並2 上小島方面』1996年 ©Shomei Tomatsu – INTERFACE 長崎県美術館蔵
    『町並2 上小島方面』1996年 ©Shomei Tomatsu – INTERFACE 長崎県美術館蔵
  • 『無題 長崎市愛宕』1975年 ©Shomei Tomatsu – INTERFACE 長崎県美術館蔵
    『無題 長崎市愛宕』1975年 ©Shomei Tomatsu – INTERFACE 長崎県美術館蔵
  • 『上野町から掘り出された腕時計 長崎国際文化会館・平野町』1961年 ©Shomei Tomatsu – INTERFACE 長崎県美術館蔵
    『上野町から掘り出された腕時計 長崎国際文化会館・平野町』1961年 ©Shomei Tomatsu – INTERFACE 長崎県美術館蔵
画像を拡大する(8枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

カネコアヤノ“光の方へ”

カネコアヤノの新作『燦々』より、すでに先行配信もされている屈指の名曲“光の方へ”のスタジオライブ映像。Tシャツ一枚に素足の飾り気ない佇まいが、音源よりも強気な歌声が、遠くを見つめたり、マイクをすっと見据えたり、手元を確認したりする一瞬一瞬が、いちいちかっこいい。カネコアヤノは、常に、今が一番最高なアーティストだと思う。(山元)

  1. PEDROのアユニ・Dと田渕ひさ子が語る「音楽が開く心の扉」 1

    PEDROのアユニ・Dと田渕ひさ子が語る「音楽が開く心の扉」

  2. ヨルシカインタビュー 自分を滅却し、芸術に人生を捧げた2人の決断 2

    ヨルシカインタビュー 自分を滅却し、芸術に人生を捧げた2人の決断

  3. 『HiGH&LOW THE WORST』ドラマ版が完結。映画に向けてキャストをおさらい 3

    『HiGH&LOW THE WORST』ドラマ版が完結。映画に向けてキャストをおさらい

  4. 三浦春馬が歌いながらダンスする「グロップ」新CM 振付はs**t kingzが担当 4

    三浦春馬が歌いながらダンスする「グロップ」新CM 振付はs**t kingzが担当

  5. ビリー・アイリッシュ×Bershkaがコラボ、カプセルコレクション発売 5

    ビリー・アイリッシュ×Bershkaがコラボ、カプセルコレクション発売

  6. 伊藤健太郎、玉城ティナ、秋田汐梨が荒れた教室に 『惡の華』メイキング 6

    伊藤健太郎、玉城ティナ、秋田汐梨が荒れた教室に 『惡の華』メイキング

  7. Hump Backが「生活」を歌う理由。人の優しさを信じるために 7

    Hump Backが「生活」を歌う理由。人の優しさを信じるために

  8. 星野源、全楽曲のストリーミング配信が解禁 8

    星野源、全楽曲のストリーミング配信が解禁

  9. 佐久間由衣の主演映画『“隠れビッチ”やってました。』主題歌はKitri新曲 9

    佐久間由衣の主演映画『“隠れビッチ”やってました。』主題歌はKitri新曲

  10. 吉田豪が見た『全裸監督』と村西とおる 過去の危ない体験談を語る 10

    吉田豪が見た『全裸監督』と村西とおる 過去の危ない体験談を語る