イベントを探す?

  • 2016年5月28日(土)〜2016年7月18日(月)

『東松照明 ―長崎― 展』

『山口仙二さん4 フェリー内・東シナ海』1998年 ©Shomei Tomatsu – INTERFACE 長崎県美術館蔵
『山口仙二さん4 フェリー内・東シナ海』1998年 ©Shomei Tomatsu – INTERFACE 長崎県美術館蔵

戦後日本を代表する写真家・東松照明(1930−2012)は1961年に初めて長崎を取材し、土門拳らとの共著『hiroshima-nagasaki document 1961』を刊行します。そこで受けた衝撃の大きさから翌年以降も自ら長崎に通い、98年には移住して、被爆者や町並みを撮影し続けました。広島と同じく原子野となった長崎の再生を、その歴史や風土にまで迫る独自の視点で切り取った作品をまとめて紹介します。(広島市現代美術館ウェブサイトより)

『東松照明 ―長崎― 展』

2016年5月28日(土)~7月18日(月・祝)
会場:広島県 広島市現代美術館
時間:10:00~17:00(入場は閉館の30分前まで)
休館日:月曜(7月18日は開館)
料金:一般1,030円 大学生720円 高校生・65歳以上510円
※中学生以下無料

続きを見る
  • 『町並2 上小島方面』1996年 ©Shomei Tomatsu – INTERFACE 長崎県美術館蔵
    『町並2 上小島方面』1996年 ©Shomei Tomatsu – INTERFACE 長崎県美術館蔵
  • 『無題 長崎市愛宕』1975年 ©Shomei Tomatsu – INTERFACE 長崎県美術館蔵
    『無題 長崎市愛宕』1975年 ©Shomei Tomatsu – INTERFACE 長崎県美術館蔵
  • 『上野町から掘り出された腕時計 長崎国際文化会館・平野町』1961年 ©Shomei Tomatsu – INTERFACE 長崎県美術館蔵
    『上野町から掘り出された腕時計 長崎国際文化会館・平野町』1961年 ©Shomei Tomatsu – INTERFACE 長崎県美術館蔵
画像を拡大する(8枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 1

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  2. 坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する 2

    坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する

  3. 能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙 3

    能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙

  4. 『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録 4

    『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録

  5. ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を 5

    ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を

  6. King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動 6

    King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動

  7. 柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開 7

    柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開

  8. 勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点 8

    勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点

  9. 暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活 9

    暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活

  10. 小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開 10

    小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開