イベントを探す?

  • 2016年6月14日(火)〜2016年7月31日(日)

『新潮社写真部のネガ庫から』

北杜夫
北杜夫

1904年に文芸誌『新潮』を創刊し、今年で創業120年を迎えた新潮社。『新潮社写真部のネガ庫から』では、1956年に発足した新潮社写真部のネガフィルム倉庫に保管されている写真の中から、小説家や音楽家など50人の写真を紹介する。家族との団らんを写した作品や、飲食店でくつろいでいる様子、入浴シーンなど、肖像写真とは異なる作家たちの姿が捉えられている。

被写体として登場する作家は、阿川佐和子、阿川弘之、安部公房、有吉佐和子、池波正太郎、伊丹十三、五木寛之、井上ひさし、井上靖、井伏鱒二、江國香織、遠藤周作、大江健三郎、小澤征爾、開高健、角田光代、川上弘美、川端康成、北杜夫、小林秀雄、沢木耕太郎、塩野七生、司馬遼太郎、杉浦日向子、瀬戸内寂聴、武満徹、田辺聖子、谷崎潤一郎、檀一雄、筒井康隆、ドナルド・キーン、中上健次、野坂昭如、林真理子、藤沢周平、星新一、松本清張、三島由紀夫、水上勉、宮部みゆき、向田邦子、村上春樹、山口瞳、山崎豊子、山本周五郎、養老孟司、吉村昭、吉本隆明、吉本ばなな、吉行淳之介。

『新潮社写真部のネガ庫から』

2016年6月14日(火)~7月31日(日)
会場:東京都 神楽坂 la kagu 2階 so-ko
時間:11:00~20:00
料金:無料
※イベント開催時など観覧できない時間帯あり

  • 三島由紀夫と川端康成
    三島由紀夫と川端康成
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. ゆずが気づいた「歌いたい」という感情。覚悟を決めて未来に進む 1

    ゆずが気づいた「歌いたい」という感情。覚悟を決めて未来に進む

  2. 中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿 2

    中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿

  3. KERAが見てきた東京のインディ・アングラ音楽シーンを振り返る 3

    KERAが見てきた東京のインディ・アングラ音楽シーンを振り返る

  4. A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること 4

    A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること

  5. 『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」 5

    『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」

  6. Daichi Yamamotoと高校生のラップ談義。音楽の自由を10代に学ぶ 6

    Daichi Yamamotoと高校生のラップ談義。音楽の自由を10代に学ぶ

  7. トム・ヨークによるRadiohead“Creep”のリミックスが公式リリース 7

    トム・ヨークによるRadiohead“Creep”のリミックスが公式リリース

  8. ケリー・ライカート特集パンフに蓮實重彦、夏目知幸ら ototoiのグッズも 8

    ケリー・ライカート特集パンフに蓮實重彦、夏目知幸ら ototoiのグッズも

  9. 狂気と恐怖、男2人の権力闘争。『ライトハウス』監督インタビュー 9

    狂気と恐怖、男2人の権力闘争。『ライトハウス』監督インタビュー

  10. アーティストをやめる、苦渋の決断が生んだ現代芸術チーム「目」 10

    アーティストをやめる、苦渋の決断が生んだ現代芸術チーム「目」