イベントを探す?

  • 2016年6月25日(土)〜2016年7月24日(日)

佐々瞬個展『うたが聞こえてくる暮し(旅先と指先)』

『私たちの暮しのために』2016年
『私たちの暮しのために』2016年

ARTZONE では東京を拠点に活動する若手作家・佐々瞬を招聘し、彼の関西初個展「うたが聞こえてくる暮し(旅先と指先)」を開催いたします。この度の展示では、佐々が旅先で出会った人々の暮しを主題にした2つの新作を発表いたします。

佐々瞬は、今年、森美術館で開催された「六本木クロッシング 2016展:僕の身体(からだ)、あなたの声」にも出展した注目の若手作家です。佐々は2015年11月の鳥取でのレジデンス・プログラム以降、人々の暮しや他人には分かり得ない領域とどのように関わることが出来るのかを問い、その可能性に取り組んできました。

本展で展示される2つの新作のうち、ひとつは、著書『一戔五厘の旗』(1971年)で、庶民の暮しの旗を掲げることを謳った花森安治と、彼が編集長を務めていた頃の雑誌『暮しの手帖』の読者たちにまつわる作品です。今回の新作は、鳥取(HOSPITALE PROJECT)、そして東京(森美術館)で展開してきたシリーズの最終章となります。

もうひとつは、本展の準備を進めていく中、京都に住むとある親子の暮しと出会ったことをきっかけに制作された作品です。本作では、個人の思いやパーソナルなモチベーションを伝える手段として「うた」を用いた他人同士の対話を試みます。

本展のタイトルにも表れている「旅」というものは、未知なものに触れることの謂いであり、新たなものに出会うために人々は「旅」をします。今回、佐々は、「旅」というものが、旅人、そして旅人を招き入れる人にとって、どのような効果もたらすのか、またどのような影響を与えるのかを問いかけます。

ARTZONEは、年間を通して多くの観光客が訪れる京都の繁華街の一角に位置しています。そこへ出かけてくる人々は、ここで何をかわし合い、その後どのような行き先へ進むのでしょうか。(ARTZONEウェブサイトより)

佐々瞬個展
『うたが聞こえてくる暮し(旅先と指先)』

2016年6月25日(土)~7月24日(日)
会場:京都府 ARTZONE
時間:平日13:00~20:00 土、日曜、祝日12:30~20:00
料金:無料

  • 『旗の行方』2016年
    『旗の行方』2016年
  • 『旗の行方』2016年
    『旗の行方』2016年
画像を拡大する(3枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像 1

    THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像

  2. 中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿 2

    中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿

  3. 『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」 3

    『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」

  4. ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも 4

    ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも

  5. A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること 5

    A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること

  6. 地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る 6

    地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る

  7. 林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着 7

    林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着

  8. 『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか 8

    『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか

  9. ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開 9

    ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開

  10. 『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察 10

    『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察