イベントを探す?

  • 2016年6月29日(水)〜2016年7月3日(日)

□字ック『荒川、神キラーチューン』東京公演

山田佳奈がレコード会社勤務を経て2010年に立ち上げた□字ック。これまでの公演では、快速東京、THEラブ人間、THE BOHEMIANSらが楽曲提供をしている。

『荒川、神キラーチューン』は2014年に初演され、『Corich舞台芸術まつり!2014春』でグランプリ、『2014年度サンモールスタジオ選定賞』で最優秀団体賞を受賞。人間関係の希薄さや他人への干渉を避ける風潮が引き起こした実際の事件をもとに構想された作品で、中学教師の渋谷ショーコがストーカー被害にあっている自分の生徒に「じゃあ、先生はわたしが殺されそうになったら、代わりに殺されてくれますか?」と問われ、これまで蓋をしてきた自らの過去を思い出すというあらすじだ。

今回の再演では、渋谷ショーコ役を町田マリーが演じるほか、鬼頭真也(夜ふかしの会)、澤田育子(拙者ムニエル、good morning N˚5)らがキャストに名を連ねている。

□字ック
『荒川、神キラーチューン』東京公演

2016年6月29日(水)~7月3日(日)全7公演予定
会場:東京都 池袋 東京芸術劇場 シアターウエスト
脚本・演出:山田佳奈
出演:
町田マリー
小野寺ずる(□字ック)
日高ボブ美(□字ック)
澤田育子(拙者ムニエル、good morning N˚5)
鬼頭真也(夜ふかしの会)
石橋穂乃香
エリザベス・マリー(CHAiroiPLIN)
大塚宣幸(大阪バンガー帝国)
傳田うに
青山祥子
とみやまあゆみ
濱田真和(Superendroller)
安川まり(さいたまネクスト・シアター)
納葉
かさいみよ
鈴村悠
田島冴香(東京タンバリン)
龍野りな
花村雅子(えうれか)
料金:前売3,900円 当日4,300円 アンダー24歳割3,300円 高校生以下2,000円

続きを見る
  • □字ック『荒川、神キラーチューン』チラシビジュアル
    □字ック『荒川、神キラーチューン』チラシビジュアル
  • □字ック『荒川、神キラーチューン』チラシビジュアル
    □字ック『荒川、神キラーチューン』チラシビジュアル
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『傑作? 珍作? 大珍作!! コメディ映画文化祭』予告編

12月15、16日に座・高円寺2で開催される、Gucchi's Free School主宰の『傑作? 珍作? 大珍作!! コメディ映画文化祭』。上映される7本のうち、なんと4本が日本初上映作品(!)。予告だけでもパンチの強さが伝わってくるが、さらに各日トークショー付きという内容の濃さ。このイベントでひと笑いしてから2018年ラストスパートを迎えよう。(野々村)

  1. 入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ 1

    入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ

  2. ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面 2

    ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面

  3. Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍 3

    Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍

  4. ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居 4

    ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居

  5. 光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も 5

    光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も

  6. 鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で 6

    鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で

  7. 『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン 7

    『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン

  8. 「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場 8

    「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場

  9. 立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く 9

    立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く

  10. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 10

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと