イベントを探す?

  • 2016年7月9日(土)〜2016年7月29日(金)

『日常のフィクション』

この展覧会は日英出身のアーティスト6名、出津京子、榎本浩子、坂本夏海、ジョーゼフ・ポッパー、平山真澄、マシュー・ヒギンズによる写真、映像、ドローイング、インスタレーション作品の発表となります。日本とイギリスを中心に活動する同世代の6人のアーティスト達に共通しているのは、在り来たりで繰り返される日常を観察し、そこからフィクションと現実の間を行き来する物語を作るという制作方法です。

私たちの日常へのまなざしは、フィクションと現実のあいだを行き来しています。インターネット上でプライベートな出来事を見えない他者へ無防備に語る人びと、顔の見えない相手と交わすコミュニケーションの数々。パブリック空間といつどこでもオンラインで繋がることができる環境での私たちの日常の視点は、他者に見られることを意識し続け、まるでコントロールされているかのようです。また、ありふれた日常がいつも非日常と隣り合わせに在ることを、自然による災いや人間の争いの記憶から私たちは学び続けています。繰り返す日々の儚さとむなしさに愛おしさを込めて目の前の景色を注意深く見つめるとき、世界は無数の小さな物語の集合体のように見えます - そこは、夢と現実が曖昧な世界です。私たちは、フィクションと現実の境界を認識することが出来るのでしょうか?

物語は、歴史画や宗教画に見られるような人びとにストーリーを伝える為のアートのひとつの技法です。現代では映像等のメディアを通して様々な物語が、例えば異なる国々の歴史から個人の告白まで、生々しく語られます。常に編集・修正可能なそれらの物語は、それが現実なのか、あるいはフィクションなのかということをもはや追求することは出来ません。事実を捉えた記録の方がフィクションである可能性や、また逆に架空の話がある真実を伝えている可能性に目を見張り耳を澄ませ、物語を読み取り、そして語ることにどのような意味があるのでしょうか?現実から逃げる為の方法ではなく、現実に向き合う為の物語とは、どのようなものなのでしょうか?

家族や友人との日々の会話、見慣れた都会の風景やSNS上の知人の写真 - これらの見過ごしがちな日々の断片を普段とは違う視点で眺め、そこから新たなストーリーを創りだすこと。それは、現実をリアリティーをもって想像するための、ひとつの方法かもしれません。(『日常のフィクション』ウェブサイトより)

『日常のフィクション』

2016年7月9日(土)~7月29日(金)
会場:東京都 秋葉原 3331 Arts Chiyoda アキバタマビ21
時間:12:00~19:00(金、土曜は20:00まで)
出展作家:
出津京子
榎本浩子
坂本夏海
ジョーゼフ・ポッパー
平山真澄
マシュー・ヒギンズ
休廊日:火曜
料金:無料

続きを見る
  • 『日常のフィクション』フライヤービジュアル
    『日常のフィクション』フライヤービジュアル
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像 1

    THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像

  2. 中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿 2

    中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿

  3. 『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」 3

    『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」

  4. ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも 4

    ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも

  5. A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること 5

    A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること

  6. 地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る 6

    地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る

  7. 林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着 7

    林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着

  8. 『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか 8

    『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか

  9. ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開 9

    ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開

  10. 『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察 10

    『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察