イベントを探す?

  • 2016年7月16日(土)〜2016年9月19日(月)

開発好明『中2病展』

1966年生まれの開発好明は、参加型の作品を中心に国内外で活躍する美術家。これまで約30年間におよぶアーティスト活動を展開してるが、アーティストになることを志したのは、中学2年生の時だという。

『中2病展』は、開発のこれまでの活動を思春期特有の思考が生まれる「中2」の時期の延長線に置き、作品世界を振り返る回顧展。ライフワークである発泡スチロールを用いた彫刻作品や、1年後に手紙が届けられる『未来郵便局』をはじめとする約50点が、展示室や美術館屋外に展示される。さらに新作として市原市内で伐採された竹で作る船の作品『洗濯船』を滞在制作。また音声ガイドはYOUNG HASTLEが担当し、ラップで展覧会をナビゲートする。

会期中はほぼ毎日作家が滞在し、約50回の関連イベントを予定している。音楽家・打楽器奏者の角銅真実を招いたワークショップ『中2病校歌を作ろう』や、開発と高安利明のユニット・Low-Tecによるライブ、美術館に宿泊して企画展示を考える『大人キャンプ』などを開催。各イベントの詳細は美術館のオフィシャルサイトをチェックしよう。

開発好明
『中2病展』

2016年7月16日(土)~9月19日(月・祝)
会場:千葉県 市原湖畔美術館
時間:10:00~17:00(土、日曜、祝日は延長あり、入場は閉館の30分前まで)
休館日:月曜(祝日の場合は翌平日)
料金:一般600円 大高生・65歳以上500円 会期中有効フリーパス1,000円
※中学生以下、障害者手帳をお持ちの方とその付添者1名は無料

続きを見る
  • 開発好明『不在と存在』1994年 photo by Yasunori Tanioka
    開発好明『不在と存在』1994年 photo by Yasunori Tanioka
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 1

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  2. 坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する 2

    坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する

  3. 能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙 3

    能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙

  4. 『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録 4

    『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録

  5. ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を 5

    ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を

  6. King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動 6

    King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動

  7. 柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開 7

    柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開

  8. 勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点 8

    勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点

  9. 暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活 9

    暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活

  10. 小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開 10

    小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開