イベントを探す?

  • 2016年7月22日(金)〜2016年9月4日(日)

『もうひとつの輝き 最後の印象派1900-20's Paris』

ベル・エポック(良き時代)と呼ばれた19世紀末から20世紀初頭にかけてのフランス。ひときわ華やかな芸術の都パリで、フランス美術界の花形として活躍した芸術家たちがいました。アマン=ジャン、ル・シダネル、クラウスら、自然と向き合う印象派の制作スタイルを引き継ぎながら、身近な題材に豊かな詩情を盛り込んだ甘美な作品を制作した画家たちです。

彼らは当時の美術界で高い評価を得ていましたが、フォーヴィスムやキュビスムといった、同時代の前衛的な芸術活動には加わらなかったため、近年までその存在が美術史のなかで大きく取り上げられることはありませんでした。

本展は、これまでほとんど知られてこなかった、彼らが所属した「画家彫刻家新協会(ソシエテ・ヌーヴェル)」とその作品を、日本で本格的に紹介する初めての展覧会です。23作家による83点から、20世紀初頭のフランス美術の中核を担った、もうひとつの美の潮流をお楽しみください。(鹿児島市立美術館ウェブサイトより)

『もうひとつの輝き 最後の印象派1900-20's Paris』

会場
鹿児島市立美術館(鹿児島県)
公演期間
2016年7月22日(金)〜9月4日(日)
注意事項
〔開館時間〕9:30~18:00(入館は17:30まで) 〔休館日〕7/25(月)、8/1(月)・8(月)・16(火)・22(月)。障害者1名につき付添い人1名無料。
問い合わせ先
鹿児島市立美術館:099-224-3400
チケットぴあ より

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. Suchmos、羊文学所属のF.C.L.S.がYouTubeチャンネル開設&謎の動画公開 1

    Suchmos、羊文学所属のF.C.L.S.がYouTubeチャンネル開設&謎の動画公開

  2. 「五輪ファースト」の排除の歴史 記録映画『東京オリンピック2017』8月公開 2

    「五輪ファースト」の排除の歴史 記録映画『東京オリンピック2017』8月公開

  3. 東京事変、児玉裕一監督による“緑酒”PV公開 3

    東京事変、児玉裕一監督による“緑酒”PV公開

  4. 山田孝之主演 Netflix『全裸監督 シーズン2』場面写真が一挙公開 4

    山田孝之主演 Netflix『全裸監督 シーズン2』場面写真が一挙公開

  5. KERA×緒川たまきのケムリ研究室、安部公房『砂の女』研究イベント詳細発表 5

    KERA×緒川たまきのケムリ研究室、安部公房『砂の女』研究イベント詳細発表

  6. カズレーザーの読書トークなど ヱビスがビールと過ごす時間を提案 6

    カズレーザーの読書トークなど ヱビスがビールと過ごす時間を提案

  7. 小林聡美&ともさかりえ&市川実日子&浅丘ルリ子『すいか』Blu-ray発売 7

    小林聡美&ともさかりえ&市川実日子&浅丘ルリ子『すいか』Blu-ray発売

  8. 今泉力哉と根本宗子が決めたこと ちゃんと「面倒くさい人」になる 8

    今泉力哉と根本宗子が決めたこと ちゃんと「面倒くさい人」になる

  9. 杉本志乃が問う「障害とは何か」 偏見を捨て対峙する人間の本質 9

    杉本志乃が問う「障害とは何か」 偏見を捨て対峙する人間の本質

  10. 世間に誤解されてきた戸川純、貪欲に生き抜いてきた35年を語る 10

    世間に誤解されてきた戸川純、貪欲に生き抜いてきた35年を語る