イベントを探す?

  • 2016年7月30日(土)〜2016年7月31日(日)

『台湾フェスタ~NEXT TAIWAN~』

『台湾フェスタ~NEXT TAIWAN~』メインビジュアル
『台湾フェスタ~NEXT TAIWAN~』メインビジュアル

「台湾の魅力発見!台湾フェスタ2011」は2011年の中華民国建國100年を迎える年に、代々木公園にて第1回の開催を予定していました。しかし、その年に日本の東北地区では東日本大震災が発生し、大きな被害を受けました。この災害を知った台湾からは、国民の多くの人達から集めた寄付が義援金として200億円を超える多大な金額を送ってくれたのです。この事で、日本と台湾はさらに強い友好関係が築かれました。

私共はこの度、在日華僑の方、台湾の方は勿論、日台交流を応援して下さる日本人を始めとする多くの人達と協力して、台湾に感謝と親睦の気持ちを持って、「台湾フェスタ2016」を開催する事となりました。現在観光では日本と台湾の旅行者数は400万人の大台を突破し、今後日本と台湾の渡航者数を増加させるためにも、日本の人達にもっと台湾を知ってもらい、日台交流を更に推進するために、「台湾の魅力発見!台湾フェスタ2016」を再び初開催したいと考え、雄志が集まりました。

台湾の「観光・産業・芸能・文化・美食」等の魅力を理解してもらうために野外フェスの「聖地」として知られる代々木公園広場にて無料イベントを開催いたします。代々木公園に2日間限定のまさに「リトル台湾」が出現します。

台湾に訪れたことがある人もまだない人も、バーチャルなネット上では決して味わえない「台湾の魅力発見!台湾フェスタ2016」での「リアルな体験」は、台湾について考え、より理解を深め、日本からの渡航者数を増加させる一つのきっかけをつくっていき、日本と台湾の更なる交流の橋渡しとなり、数あるイベントの中でも日本と台湾の更なる交流の橋渡しとして成長させ、国際親善の推進に役立てたいと考えております。

つきましては、本イベントの企画趣旨をご理解いただきまして、ご参加いただきたく存じます。ぜひこの機会にご検討いただきますようお願い申し上げます。(台湾フェスタ実行委員長コメント・『台湾フェスタ~NEXT TAIWAN~』ウェブサイトより)

『台湾フェスタ~NEXT TAIWAN~』

2016年7月30日(土)、7月31日(日)
会場:東京都 代々木公園 イベント広場
時間:10:00~20:00

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『悲しみに、こんにちは』予告編

映画『悲しみに、こんにちは』予告編。両親の死によって、都会から田舎の伯父伯母のもとに引き取られることになった少女・フリダ。スペイン・カタルーニャで過ごす彼女の、きらめくようなひと夏の様子が、新鋭監督による瑞々しい感性によって描かれています。映画批評サイト「ロッテン・トマト」100%Fresh獲得も納得の一作です。(久野)

  1. 『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート 1

    『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート

  2. 吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ 2

    吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ

  3. ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す 3

    ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す

  4. ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現 4

    ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現

  5. 夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演 5

    夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演

  6. SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤 6

    SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤

  7. アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』 7

    アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』

  8. 『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画 8

    『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画

  9. 細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像 9

    細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像