イベントを探す?

  • 2016年7月30日(土)〜2016年7月31日(日)

『台湾フェスタ~NEXT TAIWAN~』

『台湾フェスタ~NEXT TAIWAN~』メインビジュアル
『台湾フェスタ~NEXT TAIWAN~』メインビジュアル

「台湾の魅力発見!台湾フェスタ2011」は2011年の中華民国建國100年を迎える年に、代々木公園にて第1回の開催を予定していました。しかし、その年に日本の東北地区では東日本大震災が発生し、大きな被害を受けました。この災害を知った台湾からは、国民の多くの人達から集めた寄付が義援金として200億円を超える多大な金額を送ってくれたのです。この事で、日本と台湾はさらに強い友好関係が築かれました。

私共はこの度、在日華僑の方、台湾の方は勿論、日台交流を応援して下さる日本人を始めとする多くの人達と協力して、台湾に感謝と親睦の気持ちを持って、「台湾フェスタ2016」を開催する事となりました。現在観光では日本と台湾の旅行者数は400万人の大台を突破し、今後日本と台湾の渡航者数を増加させるためにも、日本の人達にもっと台湾を知ってもらい、日台交流を更に推進するために、「台湾の魅力発見!台湾フェスタ2016」を再び初開催したいと考え、雄志が集まりました。

台湾の「観光・産業・芸能・文化・美食」等の魅力を理解してもらうために野外フェスの「聖地」として知られる代々木公園広場にて無料イベントを開催いたします。代々木公園に2日間限定のまさに「リトル台湾」が出現します。

台湾に訪れたことがある人もまだない人も、バーチャルなネット上では決して味わえない「台湾の魅力発見!台湾フェスタ2016」での「リアルな体験」は、台湾について考え、より理解を深め、日本からの渡航者数を増加させる一つのきっかけをつくっていき、日本と台湾の更なる交流の橋渡しとなり、数あるイベントの中でも日本と台湾の更なる交流の橋渡しとして成長させ、国際親善の推進に役立てたいと考えております。

つきましては、本イベントの企画趣旨をご理解いただきまして、ご参加いただきたく存じます。ぜひこの機会にご検討いただきますようお願い申し上げます。(台湾フェスタ実行委員長コメント・『台湾フェスタ~NEXT TAIWAN~』ウェブサイトより)

『台湾フェスタ~NEXT TAIWAN~』

2016年7月30日(土)、7月31日(日)
会場:東京都 代々木公園 イベント広場
時間:10:00~20:00

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年