イベントを探す?

  • 2016年8月5日(金)〜2016年8月17日(水)

黒田愛里『この街のこと』

黒田愛里『この街のこと』メインビジュアル
黒田愛里『この街のこと』メインビジュアル

人物の肖像や群像、日常の何気ないシーンをアクリル絵具で丹念に描きとめている、黒田愛里氏。リアルな一場面で受けとめた印象からの着想をもとに、絵筆やペンを緩急自在に使い分け、一遍のショートストーリーに似た物語性を画面ひとつずつに包容するよう仕上げていきます。ユーモラスな空想が躍動感あるディフォルメを生み、きらめくファンタジックな筆致へと翻案され、絵の奥行きを深くしているのです。デッサンや色合わせの既定セオリーから逸脱し、構図の典型や遠近法にもとらわれない自由な調和感が新鮮な外し技となって、彼女自身の振幅豊かな感受性がゆっくりと見るものの心象へ浸透していくさまは、クロード・ドビュッシーの印象派音楽にも近い酩酊体験のようです。

2014年から個展での作品発表を本格的に開始した彼女。各種のグループ展でも強い存在感を放っていますが、一方で雑誌やPR誌などの装画を中心に、アパレルブランドやショッピングビルのためのイラストレーションなども多数手がけ、衣服や雑貨類などにその絵が展開される中で、多くの女性ファンを獲得。平面から立体、インタラクティブへと、イラストの新地平をさらに拡張する気鋭の若手として期待の視線を集めています。

本展は、黒田氏にとって2年ぶりの個展です。今春に旅をしたブダペストの街での体験から生まれた絵を中心に、東京での生活と心象に発する作品、コラボレーションで生まれた絵などを組み合わせ、「街」で感じたことを主題とした構成に。新作を含め大小の原画約40点を展示・販売いたします。また、本展のために制作する作品集、Tシャツのほか、各所で好評を博している絵入り小瓶、置き小物の新作も紹介・販売いたします。(GALLERY SPEAK FORウェブサイトより)

黒田愛里
『この街のこと』

2016年8月5日(金)~8月17日(水)
会場:東京都 代官山 GALLERY SPEAK FOR
時間:11:00~19:00(8月17日は18:00まで)
休廊日:木曜
料金:無料

  • オリジナルブローチ
    オリジナルブローチ
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『悲しみに、こんにちは』予告編

映画『悲しみに、こんにちは』予告編。両親の死によって、都会から田舎の伯父伯母のもとに引き取られることになった少女・フリダ。スペイン・カタルーニャで過ごす彼女の、きらめくようなひと夏の様子が、新鋭監督による瑞々しい感性によって描かれています。映画批評サイト「ロッテン・トマト」100%Fresh獲得も納得の一作です。(久野)

  1. ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現 1

    ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現

  2. 徳永えり主演ドラマ『恋のツキ』に川谷絵音が出演 映画監督役で演技初挑戦 2

    徳永えり主演ドラマ『恋のツキ』に川谷絵音が出演 映画監督役で演技初挑戦

  3. 小栗旬VS窪田正孝の死闘や三浦春馬も登場 映画『銀魂2』予告編&新写真 3

    小栗旬VS窪田正孝の死闘や三浦春馬も登場 映画『銀魂2』予告編&新写真

  4. 欅坂46・平手友梨奈が平手打ち&不良の指を折る 『響 -HIBIKI-』予告編 4

    欅坂46・平手友梨奈が平手打ち&不良の指を折る 『響 -HIBIKI-』予告編

  5. King Gnu常田大希の野望と目論み 次の時代を見据える男の脳内 5

    King Gnu常田大希の野望と目論み 次の時代を見据える男の脳内

  6. サニーデイ・サービスの丸山晴茂が5月に逝去 食道静脈瘤破裂のため 6

    サニーデイ・サービスの丸山晴茂が5月に逝去 食道静脈瘤破裂のため

  7. 『音楽チャンプ』を制覇した16歳。琴音の謎めいた素顔に迫る 7

    『音楽チャンプ』を制覇した16歳。琴音の謎めいた素顔に迫る

  8. Coccoが21着限定のスカートを販売 売上を豪雨被害のチャリティーに寄付 8

    Coccoが21着限定のスカートを販売 売上を豪雨被害のチャリティーに寄付

  9. チャットモンチーの青春は終わっていない。ラストワンマンを観て 9

    チャットモンチーの青春は終わっていない。ラストワンマンを観て

  10. ホン・サンス×キム・ミニのタッグ作が4本連続公開 背景やねらいを訊く 10

    ホン・サンス×キム・ミニのタッグ作が4本連続公開 背景やねらいを訊く