イベントを探す?

  • 2016年8月6日(土)

第6回スキマアワー『学校で、教わらなかった音楽』

スキマアワーは、これまで全5回、京都木屋町にある廃校「元・立誠小学校」を舞台に“学校で聞く、学校で教わらなかった音楽”をコンセプトで開催してきました。

そして、この度、主催バンド キツネの嫁入りの活動10周年という節目の年に、第1回スキマアワーで共同開催し、これまで独自に15年余り京都の西部講堂、お寺、大学、ライブハウス、カフェなど、場所を問わず、様々な音楽イベントを自主企画運営してきたP-hourと特別なイベントを開催します。

それは、京都でしか行えない音楽イベント。それは、乱立する大型フェスや、ただただ数多くアーティストが軒を連ねるイベントではなく、ただ、「音楽」を楽しめるイベントです。

あの頃から時を経て、お母さんや、お父さんになったり、また、お子さんと一緒に、自分達の人生の一ページを確かに記した“ライブ”を再び体感する事で、私達は思い出し、気づき、また何かを得ることができる。シンプルに、そんな場所を作り続けていきたいと考え、この度第6回目の開催を決意しました。

この飽和と量産の時代に、記憶に残る大切な一日になる事を願って。(キツネの嫁入り・マドナシコメント、『スキマアワー』ウェブサイトより)

第6回スキマアワー
『学校で、教わらなかった音楽』

2016年8月6日(土)OPEN 13:00 / START 14:00
会場:京都府 京都精華大学 アゴラホール・水上ステージ
出演:
UA
トクマルシューゴ
高野寛
五味岳久(LOSTAGE)
中村佳穂
キツネの嫁入り
出店:
喫茶マドラグ(サンドイッチ、冷たいお菓子)
木屋町urBANGUILD(軽食)
カフェコチ、アネ(ドリンク、甘いお菓子、パン)
隈本総合飲食店MAO(冷たい麺、夏のおかず)
dry river(パン)
bunkai社(ドリンク、イタリアン)
ホホホ座
throat records
katou kumiko(陶器雑貨)
足田メロウ(イラスト、陶器雑貨)
3みっつ(アクセサリー、雑貨)
料金:前売4,000円 当日4,500円(共にドリンク別)
※保護者同伴の高校生以下無料

続きを見る
  • 第6回 スキマアワー『学校で、教わらなかった音楽』フライヤービジュアル
    第6回 スキマアワー『学校で、教わらなかった音楽』フライヤービジュアル
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. ゆずが気づいた「歌いたい」という感情。覚悟を決めて未来に進む 1

    ゆずが気づいた「歌いたい」という感情。覚悟を決めて未来に進む

  2. 中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿 2

    中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿

  3. KERAが見てきた東京のインディ・アングラ音楽シーンを振り返る 3

    KERAが見てきた東京のインディ・アングラ音楽シーンを振り返る

  4. A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること 4

    A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること

  5. 『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」 5

    『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」

  6. Daichi Yamamotoと高校生のラップ談義。音楽の自由を10代に学ぶ 6

    Daichi Yamamotoと高校生のラップ談義。音楽の自由を10代に学ぶ

  7. トム・ヨークによるRadiohead“Creep”のリミックスが公式リリース 7

    トム・ヨークによるRadiohead“Creep”のリミックスが公式リリース

  8. ケリー・ライカート特集パンフに蓮實重彦、夏目知幸ら ototoiのグッズも 8

    ケリー・ライカート特集パンフに蓮實重彦、夏目知幸ら ototoiのグッズも

  9. 狂気と恐怖、男2人の権力闘争。『ライトハウス』監督インタビュー 9

    狂気と恐怖、男2人の権力闘争。『ライトハウス』監督インタビュー

  10. アーティストをやめる、苦渋の決断が生んだ現代芸術チーム「目」 10

    アーティストをやめる、苦渋の決断が生んだ現代芸術チーム「目」