イベントを探す?

  • 2016年8月7日(日)

一柳 慧 著『一柳 慧 現代音楽を超えて』出版刊行記念トークセッション『戦後音楽芸術における前衛とは何だったのか──これからの創作のために』

一柳 慧 著『一柳 慧 現代音楽を超えて』出版刊行記念トークセッション『戦後音楽芸術における前衛とは何だったのか──これからの創作のために』イメージビジュアル
一柳 慧 著『一柳 慧 現代音楽を超えて』出版刊行記念トークセッション『戦後音楽芸術における前衛とは何だったのか──これからの創作のために』イメージビジュアル

現代音楽界の巨匠・一柳慧が創作の軌跡とこれからの音楽論を語った新刊『一柳 慧 現代音楽を超えて』の刊行を記念して、トークイベントを開催いたします。

セッションのお相手には、本書に収録された対談にもご登場の、政治学者にして音楽評論家の片山杜秀氏をお招きし、司会を、同じく本書掲載の、一柳氏の回想録をまとめた読売新聞記者(当時)の松本良一氏に務めていただきます。お二人に共通するのは、「音楽を社会にひらく」という視点。「現代音楽=難解」といったよくあるイメージに象徴されるように、芸術音楽を語る言語は、往々にして抽象的かつ専門的になりがちですが、お二人の手にかかればそんなことはありません。

戦後、ジョン・ケージとの出会いから出発し、前衛の時代を経て、伝統と革新/西洋と東洋の接点を模索しながら、80歳を超えた今も精力的に創作を続ける一柳慧が今、伝えたいこととは──。戦争、テクノロジーの衝撃、前衛とその後のポストモダンの時代を経験した者にしか語れない、これからの音楽論・創作論を、片山氏との対話を通じて存分に語っていただきます。(NADiffウェブサイトより)

一柳 慧 著『一柳 慧 現代音楽を超えて』出版刊行記念トークセッション
『戦後音楽芸術における前衛とは何だったのか―これからの創作のために』

2016年8月7日(日)
会場:東京都 銀座ソニービル 5F Aフロア
出演:
一柳慧
片山杜秀
司会:松本良一
定員:40名
料金:無料

続きを見る

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『角舘健悟 × 青葉市子 Live at Waseda Scotthall』

2020年、全4回にわたって行われてきた対談連載企画『角舘健悟の未知との遭遇』。青葉市子と遭遇し、教会に迷い込んだ2人の秘密のセッションの様子が公開された。本連載の趣旨でもあり、2人を繋いだYogee New Wavesの”Summer of Love”と、青葉市子の”みなしごの雨”を披露。クリスマスの夜にどうぞ。(川浦)

  1. 映画『パラサイト』が地上波初放送。鮮烈な印象残すキャスト陣 1

    映画『パラサイト』が地上波初放送。鮮烈な印象残すキャスト陣

  2. SixTONESの個性と冒険心、そして泥臭さ 初フルアルバム『1ST』 2

    SixTONESの個性と冒険心、そして泥臭さ 初フルアルバム『1ST』

  3. 山田智和が語る、変貌する世界への視線 映像作家が見た2020年 3

    山田智和が語る、変貌する世界への視線 映像作家が見た2020年

  4. Snow Man向井康二と阿部亮平が光と雪のCGの世界でアクションを披露 4

    Snow Man向井康二と阿部亮平が光と雪のCGの世界でアクションを披露

  5. スピッツの新曲“紫の夜を越えて”が『NEWS23』エンディング曲に 本日初OA 5

    スピッツの新曲“紫の夜を越えて”が『NEWS23』エンディング曲に 本日初OA

  6. 尾田栄一郎『ONE PIECE』1000話記念 キャラクター世界人気投票開催 6

    尾田栄一郎『ONE PIECE』1000話記念 キャラクター世界人気投票開催

  7. 宝島社企業広告、今年のテーマは「怒り」「暴力」「コロナ感染対策」 7

    宝島社企業広告、今年のテーマは「怒り」「暴力」「コロナ感染対策」

  8. 米津玄師『news zero』テーマ曲のタイトルは“ゆめうつつ”、今夜初OA 8

    米津玄師『news zero』テーマ曲のタイトルは“ゆめうつつ”、今夜初OA

  9. 藤井 風“旅路”が高畑充希主演ドラマ『にじいろカルテ』主題歌に 9

    藤井 風“旅路”が高畑充希主演ドラマ『にじいろカルテ』主題歌に

  10. 石橋菜津美×中村蒼 こだま原作ドラマ『夫のちんぽが入らない』地上波放送 10

    石橋菜津美×中村蒼 こだま原作ドラマ『夫のちんぽが入らない』地上波放送