イベントを探す?

  • 2016年8月20日(土)〜2016年12月28日(水)

『“夢の世界”のデザイナー シンジカトウ・ワールド―空想の住人たちと愛される雑貨たち―』

40年を超えるキャリアを持つデザイナーのシンジカトウ。童話を題材にしたキャラクターや、「シェリ」「モンペルシェ」「そらべあ」といったオリジナルキャラクターを生み出し、文房具やバッグ、食器類など様々な雑貨を展開しているほか、ディズニーや『ポケットモンスター』とのコラボレーションも行なっている。

『“夢の世界”のデザイナー シンジカトウ・ワールド―空想の住人たちと愛される雑貨たち―』では、「夢の世界を表現し続けたい」と語るシンジカトウの原画や、下絵、雑貨など約200点を紹介するほか、キャラクターグッズを販売。会期初日の8月20日にはトークショーとサイン会を開催する。詳細は神戸ファッション美術館のオフィシャルサイトで確認しよう。

『“夢の世界”のデザイナー シンジカトウ・ワールド―空想の住人たちと愛される雑貨たち―』

2016年8月20日(土)~12月28日(水)
会場:兵庫県 神戸ファッション美術館
時間:10:00~18:00(入館は17:30まで)
休館日:月曜(9月19日、10月10日は開館)、8月16日~8月19日、9月20日、10月11日
料金:一般500円 小中高生65歳以上250円

続きを見る
  • 『Little Red Riding Hood』Design by ©Shinzi Katoh TM Licensed by Copyrights Asia
    『Little Red Riding Hood』Design by ©Shinzi Katoh TM Licensed by Copyrights Asia
  • 『Children』Design by ©Shinzi Katoh TM Licensed by Copyrights Asia
    『Children』Design by ©Shinzi Katoh TM Licensed by Copyrights Asia
画像を拡大する(4枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PUNPEE“タイムマシーンにのって”

あのPUNPEEがまたやった!!! 昨年発売のアルバム『MODERN TIMES』から初のMVとなる“タイムマシーンにのって”が公開。1度見ただけでも存分に楽しめる作品だけれど、この情報量の多さ。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を思わせる時計台のロゴがSEIKOならぬSAYHOになっていたり、車体に『AKIRA』の成田山ステッカーが貼られていたり……ピザなど頼んで細部まで何時間も見ていたい。(井戸沼)

  1. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 1

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  2. 桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役 2

    桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役

  3. ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』 3

    ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』

  4. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 4

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  5. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 5

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  6. 映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら 6

    映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら

  7. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 7

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  8. 太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像 8

    太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像

  9. 新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など 9

    新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など

  10. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 10

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー