イベントを探す?

  • 2016年9月5日(月)〜2016年9月22日(木)

矢島陽介『Ourselves / 1981』

矢島陽介作品
矢島陽介作品

矢島陽介は1981年山梨県に生まれ、学生時代から独学で本格的に写真制作を始めた。2009年の「1_WALL」入選以来積極的にグループ展や個展に参加し、国内外の著名な写真フェスティバル等に入選を果たしてきた。

本写真集『Ourselves/1981』は、矢島の活動の大半にあたる2010年から2015年までの作品をまとめた一冊であり、そのタイトルが示すように、1981年に関東に生まれた矢島自身が経験してきたひとつの時代とその実感を描き出している。被写体の外側にあるものも含めて時を閉じ込めるという写真の性質を利用し、矢島は写真に映り込む気配を捉える、ということに対して慎重かつ積極的にアプローチしてきた。

80年代関東に生まれた者は皆、大都市が21世紀へと切り替わるいくつもの瞬間を通過し、その中で世界の手触りがはっきりと変化したのを体感した。成熟しきった社会で生活も人々の関係性や心理も「郊外化」し、大きな事件のない「今」が綿々とつながっていくという未来に悲観も楽観もなく、妙に体温に欠けた実感しか持てない。矢島はその体温の不在、不穏な予感を写真というメディアを通して注意深く、客観的に観察し、視覚化してきた。

郊外と都心を往復する日常の中で、世間と自分との間に感じるわずかなズレ。そこから目を逸らさずに、丹念に撮影地と被写体を選んだ上で、自分の「感じる」世界の見え方が正しく描き出されるよう、注意深くイメージを作り上げる。矢島の写真に繰り返し登場するプレハブの壁面、引かれた図面が建材で起こされただけのようなペラリとした街の風景、顔を持たない後ろ姿。体温を持たないそれらのイメージはすべて等しく、矢島の抱える生への疑問と渇望を伝えている。(深井佐和子コメント・Totodoウェブサイトより)

矢島陽介
『Ourselves / 1981』

2016年9月5日(月)~9月22日(木・祝)
会場:東京都 渋谷 Totodo
時間:12:00~20:00
休廊日:日曜
料金:無料

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 漫画家・鳥飼茜が浅野いにおとの結婚を報告、日記公開 1

    漫画家・鳥飼茜が浅野いにおとの結婚を報告、日記公開

  2. 『このマンガがすごい!』OP曲はアンジュルム、蒼井優がOP映像で振付披露 2

    『このマンガがすごい!』OP曲はアンジュルム、蒼井優がOP映像で振付披露

  3. 後藤正文主宰only in dreamsのイベント『Gifted』11月開催、第1弾で10組 3

    後藤正文主宰only in dreamsのイベント『Gifted』11月開催、第1弾で10組

  4. 高畑充希主演ドラマ『忘却のサチコ』に温水洋一がゲスト出演&ED曲はedda 4

    高畑充希主演ドラマ『忘却のサチコ』に温水洋一がゲスト出演&ED曲はedda

  5. 勝地涼×澤部佑 深夜の大人向けNHK教育番組『ジミーとふしぎな雑誌たち』 5

    勝地涼×澤部佑 深夜の大人向けNHK教育番組『ジミーとふしぎな雑誌たち』

  6. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 6

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  7. 『新潮45』が休刊、「十分な編集体制を整備しないまま刊行」 7

    『新潮45』が休刊、「十分な編集体制を整備しないまま刊行」

  8. 『フェルメール展』に日本初公開含む9点が来日 『牛乳を注ぐ女』も 8

    『フェルメール展』に日本初公開含む9点が来日 『牛乳を注ぐ女』も

  9. 堀未央奈×清水尋也×板垣瑞生×間宮祥太朗 山戸結希監督『ホットギミック』 9

    堀未央奈×清水尋也×板垣瑞生×間宮祥太朗 山戸結希監督『ホットギミック』

  10. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 10

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音