イベントを探す?

  • 2016年9月9日(金)〜2016年11月23日(水)

『福島現代美術ビエンナーレ2016』

ヤノベケンジ×増田セバスチャン作品
ヤノベケンジ×増田セバスチャン作品

「福島ビエンナーレ」は、ビエンナーレ(隔年)で開催されてきた藝術の企画活動です。福島大学が中心となって、2004年から地域住民との協働により開催されてきました。福島を拠点にした若手アーティストを支援し、幅広い世代の人々が興味、関心を抱く最先端のアート(絵画、彫刻、工芸、インスタレーション、ダンスや詩のパフォーマンス、ビデオアート、アニメーション、映画など)を紹介する中で、幅広い芸術活動に触れる機会や、国際交流する場を設け、地域文化を活性化させる一役を担っています。

2012年は「SORA」をテーマに福島空港と空港公園で開催し、震災後の福島発信の芸術企画として国内外に広く知れ渡り、一ヶ月間に国内外から45,000人が訪れました。2014年、10年目の節目となる年は、会津地方、湯川村と喜多方市を拠点に、「お米」をテーマに開催しました。会津にとって稲作文化は、地域の風景を形作り、豊穣の祈りを捧げる伝統芸能や神社仏閣の文化を育んだ精神的な基盤です。飯豊山と磐梯山から流れる川の流れは田を潤し、出来上がったお米は、酒、味噌になって、地域の文化を形づくってきました。芸術諸活動を通じて、日本人の米に関わってきた生活習慣や農業の祝祭、その精神的な支えとなってきた自然の「氣 循環」を紹介しました。

2016年、あらたに「福島ビエンナーレ」として再始動します。今年は二本松を中心に、最初に開催される「重陽の芸術祭」、福島市、郡山市のアート活動と共催で開催します。テーマは「氣 indication」。気配、生と死の意味、「重陽」の意味を内包しています。

「福島ビエンナーレ」の開催初日となる9月9日は、「重陽の節句」で、日本酒に菊を浮かべて不老長寿を願う「長寿の節句」となります。二本松城(霞ケ城)は全国一の規模をほこる菊人形祭が開催されており、菊は古来より薬草としても用いられ、延寿の力があるとされてきました。菊は他の花に比べて花期も長く、日本の国花としても親しまれています。菊を眺めながら宴を催し、菊を用いて厄祓いや長寿祈願をする「重陽の節句」は、五節供(他に1月1日、3月3日、5月5日、7月7日)の中で最も重要な日でした。「重陽の芸術祭」では、安達が原の鬼婆伝説、智恵子抄、菊と日本酒に関連させ、
「長寿」をテーマに、ワークショップやシンポジウムを開催します。

東日本大震災後、福島県は原子力発電所の事故によって、伝統的な文化が失われつつあります。地域の芸術活動の支援も少ない状況にあるでしょう。福島の伝統文化と東日本大震災後のFUKUSHIMAをキーワードに開催する「福島ビエンナーレ」は、創作活動、鑑賞活動、体験活動を通して、人々が幅広い「藝術」に触れ合い、集い、交流する機会を設け、地域文化を活性化させる一役を担うなかで、福島に芳醇な文化を実らせていきます。

二本松は東日本大震災と福島原子力発電所の被災地となった地域の避難所が多数設置されています。安達が原の鬼婆「黒塚」伝説や智恵子の生家、日本一の菊人形祭とその開催されている二本松城(霞ケ城)などに関わる文化資料が残されています。「重陽の芸術祭」では、地域の人々との協働活動を軸に、新しい価値観を提供する機会と、子どもたちが地域文化に魅力を感じ、未来に向かって夢と活力を感じてもらえるような価値観を築いていくことを目的としています。(『福島現代美術ビエンナーレ2016』ウェブサイトより)

『福島現代美術ビエンナーレ2016』

2016年9月9日(金)~11月23日(水)
会場:福島県 二本松市、福島市、郡山市各所
参加作家:
オノ・ヨーコ
荒井経
石川浩子
伊藤公象
岩根愛
上田風子
大山忠作
大槻透
岡部昌生
岡村桂三郎
河口龍夫
木下史青
久保井博彦
後庵野かおり
小堤製作所
小松美羽
近藤丹子
今実佐子
斎藤岩男
サガキケイタ
佐藤陽香
柴崎恭秀
柴田美千里
鈴木美樹
高村光太郎
高村智恵子
月岡芳年
鳥山玲
中村衣里
橋本徳彦
松井冬子
増田セバスチャン
宗像利訓
宗像利浩
ドンペリニヨン×山口晃×GAINAX
山崎千尋
ヤノベケンジ
吉田重信
保住將文
渡邊晃一
福島大学学生
北村はるか
瀬川晶
森山太一
井戸川文美
梅津拓斗
尾形千尋
加藤朱美
熊田あかり
齋藤日和
齋藤友希
佐川朋子
佐久間このみ
高橋花帆
根本亜梨沙
渡邉賀菜子
手塚治虫
松本零士
伊藤有壱(東京藝術大学)
片山拓人
河野亜季
細川晋
浅尾芳宣(ガイナックス)
高村光太郎
和合亮一
千葉清藍
大野慶人
舘形比呂一
平山素子
伊藤睦
岩田渉
大槻玲香
落合敏行
佐藤一成
永幡幸司
野島健太郎
高明
古田晃司
嶺隼樹
ほか

続きを見る
  • 『福島現代美術ビエンナーレ2016』イメージビジュアル
    『福島現代美術ビエンナーレ2016』イメージビジュアル
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. cero高城晶平×折坂悠太 10年代のインディ音楽の萌芽と開花の記録 1

    cero高城晶平×折坂悠太 10年代のインディ音楽の萌芽と開花の記録

  2. 『鬼滅の刃』オリジナルアイテム第4弾 全13キャラクターのアウター&傘 2

    『鬼滅の刃』オリジナルアイテム第4弾 全13キャラクターのアウター&傘

  3. 広告に冷めた時代のアプローチ。Hondaは「フラット」を提示する 3

    広告に冷めた時代のアプローチ。Hondaは「フラット」を提示する

  4. 大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤がオリコンデイリー1位獲得 4

    大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤がオリコンデイリー1位獲得

  5. 『ノマドランド』が映すアメリカの姿。過酷な状況とノマドの精神 5

    『ノマドランド』が映すアメリカの姿。過酷な状況とノマドの精神

  6. 『森、道、市場』第1弾でアジカン、cero、折坂悠太、カネコアヤノら 6

    『森、道、市場』第1弾でアジカン、cero、折坂悠太、カネコアヤノら

  7. 中国Z世代を虜にする漢服ブーム。愛好者やデザイナーが語る 7

    中国Z世代を虜にする漢服ブーム。愛好者やデザイナーが語る

  8. 『そして、バトンは渡された』映画化 永野芽郁、田中圭、石原さとみ共演 8

    『そして、バトンは渡された』映画化 永野芽郁、田中圭、石原さとみ共演

  9. 松坂桃李、菅田将暉、賀来賢人が共演 花王「アタックZERO」新CM放送 9

    松坂桃李、菅田将暉、賀来賢人が共演 花王「アタックZERO」新CM放送

  10. GU×UNDERCOVERが初コラボ キーワードは「FREEDOM/NOISE」 10

    GU×UNDERCOVERが初コラボ キーワードは「FREEDOM/NOISE」