イベントを探す?

  • 2016年9月17日(土)〜2016年9月18日(日)

『New Acoustic Camp 2016』

みなさんから親しみを込めて、すっかり「ニューアコ」の愛称で呼んでいただけるようになったこのキャンプイベントは、今年で7回目を迎えます。

昨年は、音楽の小部屋のような可愛らしいステージも仲間にくわわり、さらに多くの場所で幸せな顔がホロホロとほころんだ、笑顔つながる景色が広がっていました。

そんなニューアコは、いわゆる音楽フェスティバルとはちょっと違った、山とキャンプと音楽が、“そこに同じく在る”アウトドアイベントです。全身をつかって遊び、またはヒラメキに心踊らすワークショップ。どれもこれも味見をしてしまいたい素敵な店構えの飲食店。会話がはずんではじまる弾き語りやステージでの予定外のセッションなど、それぞれが自由に楽しみ、そしてゆずりあって過ごすのんびりとした時間とどこか懐かしさ漂う空間には、驚きや感動がここかしこに顔をのぞかせてくれます。

一面の芝生はねっころがったり裸足で走ったり、(このふかふかの緑の絨毯は、日本一“でんぐり返し”したくなるイベントかもしれないですね。)そんな心地よい高原の木立の向こうからは、さわやかな風がキラキラの生楽器のメロディーに乗って葉を揺らし、バーベキューやアウトドア料理のにおいは、いたずらなしぐさでお腹の音をはこんで来ます。

太陽が一日の始まりを告げると樹木たちは光って見えるほどに映え、朝露は神秘的な球体で自然の恵みと畏怖を凛として伝えてくれているようです。清澄な山の空気は、大切な人を想うことはもちろん、自分とも向き合う穏やかな時間を巡り合わせてくれるかもしれません。

空まで続く深緑に白樺の群生が浮かぶ、爽快な水上高原。今年もここでみなさんと、ともに遊び、ともにニューアコをつくれることを、心から楽しみにしています。(実行委員会コメント・New Acoustic Campウェブサイトより)

『New Acoustic Camp 2016』

会場
2016年9月17日(土) 水上高原リゾート200(群馬県)
2016年9月18日(日) 水上高原リゾート200(群馬県)
公演期間
2016年9月17日(土)〜9月18日(日)
開場時間
2016年9月17日(土) 08:00
2016年9月18日(日) 08:00
開演時間
2016年9月17日(土) 11:00
2016年9月18日(日) 08:30
出演者など
2016年9月17日(土) [出演]ACIDMAN / Curly Giraffe / EGO-WRAPPIN’ / エミ・マイヤー / フラワーカンパニーズ / 降谷建志 / ハナレグミ / ハンバートハンバート / 原田郁子 / 一人ピーズ / Hook Book-LOW / 川畑要 / Keishi Tanaka / 金佑龍 / □□□×the band apart / 黒木渚 / LITE / LOW IQ 01 / Michael Kaneko / MONOEYES / MOROHA / 向井太一 / NakamuraEmi / 大森靖子 / OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND / 佐藤タイジ×堂珍嘉邦 / 杉山清貴 / ストレイテナー / トレモノ

2016年9月18日(日) [出演]ACIDMAN / Curly Giraffe / EGO-WRAPPIN’ / エミ・マイヤー / フラワーカンパニーズ / 降谷建志 / ハナレグミ / ハンバートハンバート / 原田郁子 / 一人ピーズ / Hook Book-LOW / 川畑要 / Keishi Tanaka / 金佑龍 / □□□×the band apart / 黒木渚 / LITE / LOW IQ 01 / Michael Kaneko / MONOEYES / MOROHA / 向井太一 / NakamuraEmi / 大森靖子 / OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND / 佐藤タイジ×堂珍嘉邦 / 杉山清貴 / ストレイテナー / トレモノ
注意事項
必ずオフィシャルHPの注意事項を確認の上ご購入下さい。小学生以下は保護者同伴に限り無料。出演者はいずれかの公演に出演。出演者変更に伴う払戻し不可。雨天決行。詳細は問合せ先まで。他に2日通し入場券(Pコード:782-163)・駐車券(Pコード:298-392)・2日間駐車券(Pコード:782-164)もあり。
問い合わせ先
Zeppライブ:03-5575-5170
チケットぴあ より
  • 『New Acoustic Camp 2016』メインビジュアル
    『New Acoustic Camp 2016』メインビジュアル
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PUNPEE“タイムマシーンにのって”

あのPUNPEEがまたやった!!! 昨年発売のアルバム『MODERN TIMES』から初のMVとなる“タイムマシーンにのって”が公開。1度見ただけでも存分に楽しめる作品だけれど、この情報量の多さ。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を思わせる時計台のロゴがSEIKOならぬSAYHOになっていたり、車体に『AKIRA』の成田山ステッカーが貼られていたり……ピザなど頼んで細部まで何時間も見ていたい。(井戸沼)

  1. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 1

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  2. 桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役 2

    桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役

  3. ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』 3

    ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』

  4. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 4

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  5. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 5

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  6. 映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら 6

    映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら

  7. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 7

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  8. 太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像 8

    太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像

  9. 新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など 9

    新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など

  10. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 10

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー