イベントを探す?

  • 2016年10月1日(土)〜2016年11月12日(土)

デイヴィッド・ホックニー『The Yosemite Suite』

西村画廊では、2016年10月1日(土)から11月12日(土)まで、20世紀及び21世紀を代表するアーティスト、デイヴィッド・ホックニー(1937年、イギリス生まれ)のiPad drawingによる個展“The Yosemite Suite”を開催いたします。ホックニーの個展は、当画廊では14年振り26回目となります。

ホックニーは2010-2011年にヨセミテ国立公園(カリフォルニア)を訪れ、本シリーズ“The Yosemite Suite”を制作しました。iPadのタッチスクリーンをキャンバスにアプリ“Brushes”を使用して描かれた、鮮やかな色彩の多層的な重なりから成るドローイングの数々は、雄大な山々に抱かれた清澄な自然の息づかい、深く豊かな森の密度、光の繊細な移ろい、観光客の雑踏など、作家が目の前にした美しい場面のきらめきを我々にありありと感じさせます。また、ブライダルベール滝、エル・キャピタン、ハーフ・ドームなど、同地の有名なスポットがホックニーの視点を通して描かれているのも見所のひとつでしょう。

ホックニーはその50年以上にわたるキャリアの中で、超越的な描写力を土台にまったく新しいスタイルの絵画を数多く生み出し、既成の美術を大きく更新してきた、現代において最も影響力を持つアーティストのひとりです。彼はプリントの領域でも、時代の最先端の、それも当時誰もが美術とは無縁と考えていたテクノロジーを使い、それまでひとりとして想像もしなかったような作品を制作してきました。1枚の写真がなぜ長時間見るに耐えないか、という疑問からスタートした革命的な多層写真フォト・コラージュ、コピー機を空間のないカメラとしてとらえ、インクの代わりにトナーを用いるという、実に斬新な技法で創り出したカラー・コピー版画(ホーム・メイド・プリント)、FAXでドローイングを送り、受信先でそれらの展示をリアルタイムで行うFAXドローイング、8×10の大型カメラで撮影した写真を膨大な情報量処理が可能なインクジェット・プリンターで出力したデジタル・プリント、そして近年ではiPhoneやiPadによるドローイングなど、ホックニーがプリントの分野で創造してきたことのほとんど全ては、従来の美術の歴史には存在しなかったものでした。そして、今回の個展でもわかる通り、彼は79歳になった現在でもこうした革新的行為をごく自然に継続しています。

“The Yosemite Suite”はプリント作品におけるホックニーの最新の仕事のひとつで、2012年にロイヤル・アカデミー・オブ・アーツ(ロンドン)で開催された個展“A Bigger Picture”で初発表された後、これまで2014年のデ・ヤング美術館(サンフランシスコ)の個展“A Bigger Exhibition”などに出品されてきました。2016年11月から開催されるヴィクトリア国立美術館(メルボルン)の個展にも展示される予定です。なお、ホックニーは現在、ロイヤル・アカデミー・オブ・アーツで個展“82 Portraits and 1 Still-life”が開催中(-10月2日)、東京では10月1日-11月23日に町田市立国際版画美術館で版画約150点を集めた個展が開催されます(その後、いわき市立美術館)。また、2017年2月にはホックニーの80歳を記念した大回顧展がテート・ブリテン(ロンドン)で開催される予定です。この展覧会は、ポンピドゥー・センター(パリ)、メトロポリタン美術館(ニューヨーク)に巡回します。

本展では、“The Yosemite Suite”からDibond(アルミ複合板)にマウントされた4枚のシートから成る大作1点と、94×71㎝の1枚のシートに出力された24点、計25点のiPadドローイングを初公開いたします。現代の鬼才デイヴィッド・ホックニーが見せる新たな展開に、どうぞご期待ください。皆様のご来廊を心よりお待ちしております。(西村画廊ウェブサイトより)

デイヴィッド・ホックニー
『The Yosemite Suite』

2016年10月1日(土)~11月12日(土)
会場:東京都 日本橋 西村画廊
時間:10:30~18:30
休廊日:日、月曜、祝日(10月31日は開廊)
料金:無料

  • David Hockney  “Untitled No. 15” from “The Yosemite Suite”  2010 iPad drawing printed on paper  Edition of 25  94 x 71 cm ©David Hockney  Photo: Richard Schmidt  Courtesy of Nishimura Gallery
    David Hockney “Untitled No. 15” from “The Yosemite Suite” 2010 iPad drawing printed on paper Edition of 25 94 x 71 cm ©David Hockney Photo: Richard Schmidt Courtesy of Nishimura Gallery
  • David Hockney  “Yosemite I, October 16th 2011”  2011 iPad drawing printed on four sheets of paper (99 x 89 cm each), mounted on four sheets of Dibond Edition of 12  197 x 177 cm overall ©David Hockney  Photo: Richard Schmidt  Courtesy of Nishimura Gallery
    David Hockney “Yosemite I, October 16th 2011” 2011 iPad drawing printed on four sheets of paper (99 x 89 cm each), mounted on four sheets of Dibond Edition of 12 197 x 177 cm overall ©David Hockney Photo: Richard Schmidt Courtesy of Nishimura Gallery
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年