イベントを探す?

  • 2016年10月14日(金)〜2017年1月29日(日)

早稲田大学演劇博物館 シェイクスピア没後400年記念特別展『沙翁復興―逍遙からNINAGAWAまで』

今や世界中で読まれ、上演されているシェイクスピア(沙翁)の劇世界はいかにして日本で受け入れられてきたのでしょうか?『ジュリアス・シーザー』を演劇博物館創設者である坪内逍遙が浄瑠璃風に翻訳した『該撒奇談 自由太刀余波鋭鋒(しいざるきだん じゆうのたちなごりのきれあじ)』、本場イギリスの観客をも驚かせた仏壇を舞台にした蜷川幸雄の『NINAGAWAマクベス』など例を挙げれば枚挙に暇がありません。

本展では、「日本への輸入(to Japan)」に苦心した江戸・明治期から「世界へ発信(from Japan)」するに至った現代まで、日本のシェイクスピア受容の歴史を振り返り、日本と海外の文化が融合することで生まれる新たな創造の可能性について考えます。

シェイクスピア没後400年にあたる本年、当館はシェイクスピア研究の世界的拠点であるシェイクスピア・インスティテュートを擁するバーミンガム大学と学術連携することになりました。本展は、それを記念したものでもあります。(早稲田大学演劇博物館ウェブサイトより)

早稲田大学演劇博物館 シェイクスピア没後400年記念特別展
『沙翁復興―逍遙からNINAGAWAまで』

2016年10月14日(金)~2017年1月29日(日)
会場:東京都 早稲田大学演劇博物館 1階特別展示室
時間:10:00~17:00(火、金曜は19:00まで)
休館日:12月7日、12月21日、12月23~31日、2017年1月1~5日、1月8~9日
料金:無料

続きを見る
  • シェイクスピア没後400年記念特別展『沙翁復興―逍遙からNINAGAWAまで』チラシビジュアル
    シェイクスピア没後400年記念特別展『沙翁復興―逍遙からNINAGAWAまで』チラシビジュアル
  • 『シェイクスピアの16枚の肖像画』から
    『シェイクスピアの16枚の肖像画』から
  • 新修シェークスピヤ全集
    新修シェークスピヤ全集
画像を拡大する(3枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『悲しみに、こんにちは』予告編

映画『悲しみに、こんにちは』予告編。両親の死によって、都会から田舎の伯父伯母のもとに引き取られることになった少女・フリダ。スペイン・カタルーニャで過ごす彼女の、きらめくようなひと夏の様子が、新鋭監督による瑞々しい感性によって描かれています。映画批評サイト「ロッテン・トマト」100%Fresh獲得も納得の一作です。(久野)

  1. 『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート 1

    『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート

  2. 吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ 2

    吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ

  3. ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す 3

    ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す

  4. ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現 4

    ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現

  5. 夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演 5

    夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演

  6. SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤 6

    SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤

  7. アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』 7

    アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』

  8. 『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画 8

    『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画

  9. 細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像 9

    細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像