イベントを探す?

  • 2016年10月19日(水)〜2016年12月18日(日)

『創設50周年 夢二が見た夢 Deja-vu ―竹久夢二×細見博子―』

明治に生まれ大正に生き、昭和に没した竹久夢二。かたや、昭和に生まれ、平成の世に活躍する細見博子。細見は、アクセサリー創作からスタートし、造形作家へと導かれるように歩みを進め、現在はアート系美術館の企画展にも名が上るクリエイターのひとりです。

二人はいわゆる正規の芸術教育を受けず、独自の世界をつくっています。創作のスタートは、夢二は雑誌のコマ絵、細見はアクセサリーと、大衆の心や時代の空気に時に寄り添い時に牽引することが求められる商業デザインから始まりましたが、二人ともその商業デザインの枠内にとどまってはいられませんでした。夢二がコマ絵作家から出発し画家・詩人・デザイナーとして幅広く活動したように、細見も店頭販売のアクセサリー創作以後、錫とガラスという異素材の組み合わせで独特の「生き物」たちを制作し、物語を誘発し世界観を提示する立体作品を創作しています。

夢二の作品のなかには、実は「眼」が独特な表現で描かれている作品が少なからずあります。象徴として眼が描かれているもの、背景に眼が描かれているもの…いずれもそれらの「眼」は、代表とされる美人画から少し離れたメッセージ性の強い印象を放っています。そして晩年、夢二が海外へ渡航し挑戦を図った時の、ロサンゼルスのアトリエの看板にも「眼」が印象的に使われています。細見博子もまた、初めに立ち上げたアクセサリーブランド[Bamboo Magic]のロゴマークに、「世界を見つめ、目撃し続けようとする意志を込め」て、奇しくも同じ「眼」を選んでいます。

図らずしも、時代を見てしまう/見えてしまう、直観ともいうべき心の眼を持ったことに意識的であった2種の才能。夢二は没年49歳。当コラボレーションに応える細見もまた今49歳を迎えています。

それぞれにゆかりを持った地・岡山に空間を得て、時を超え、2つの眼と作品群が交錯する濃密な空間をご体験ください。(夢二郷土美術館ウェブサイトより)

『創設50周年 夢二が見た夢 Deja-vu ―竹久夢二×細見博子―』

2016年10月19日(水)~12月18日(日)
会場:岡山県 夢二郷土美術館
時間:9:00~17:00(11月19日、11月26日は19:00まで、入館は閉館の30分前まで)
休館日:月曜(祝日の場合翌平日)
料金:一般700円 中高大生400円 小学生300円

続きを見る
  • 『創設50周年 夢二が見た夢 Deja-vu ―竹久夢二×細見博子―』メインビジュアル
    『創設50周年 夢二が見た夢 Deja-vu ―竹久夢二×細見博子―』メインビジュアル
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 1

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  2. 大野智がNHK『LIFE!』でダンス披露 『嵐にしやがれ』とのコラボ企画 2

    大野智がNHK『LIFE!』でダンス披露 『嵐にしやがれ』とのコラボ企画

  3. 三島由紀夫作の舞台『熱帯樹』に林遣都、岡本玲ら 演出は小川絵梨子 3

    三島由紀夫作の舞台『熱帯樹』に林遣都、岡本玲ら 演出は小川絵梨子

  4. TOSHI-LOWとフェス。アーティスト兼主催者目線で、現状を語る 4

    TOSHI-LOWとフェス。アーティスト兼主催者目線で、現状を語る

  5. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 5

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 安室奈美恵の1994年からの歴代CM45本を一挙公開 AbemaTVの生放送特番 7

    安室奈美恵の1994年からの歴代CM45本を一挙公開 AbemaTVの生放送特番

  8. 平手友梨奈の「予測不可能」な生き様。初主演映画『響 -HIBIKI-』が公開 8

    平手友梨奈の「予測不可能」な生き様。初主演映画『響 -HIBIKI-』が公開

  9. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 9

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  10. Amazon.co.jpが音楽イベントのストリーミング配信を開始。その狙いを訊く 10

    Amazon.co.jpが音楽イベントのストリーミング配信を開始。その狙いを訊く