イベントを探す?

  • 2016年10月25日(火)〜2016年11月6日(日)

『UCLA 映画テレビアーカイブ 復元映画コレクション』

『荒野の決闘』©1946 Twentieth Century Fox Film Corporation. Renewed ©1974 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved.
35mm restored “special version” print courtesy of the UCLA Film & Television Archive. Restoration funding provided by The Film Foundation and American Movie Classics.
『荒野の決闘』©1946 Twentieth Century Fox Film Corporation. Renewed ©1974 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved. 35mm restored “special version” print courtesy of the UCLA Film & Television Archive. Restoration funding provided by The Film Foundation and American Movie Classics.

大学のメディア・アーカイブにおいて世界最大規模を誇るUCLA映画テレビアーカイブ。1965年のテレビ・ライブラリーに端を発する50年余りの歴史ながら、1970年代にパラマウントをはじめとするハリウッド・メジャー会社からのフィルム寄贈を受け、初期テクニカラーの『虚栄の市』(1935、ルーベン・マムーリアン)や『狩人の夜』(1955、チャールズ・ロートン)など400本以上の映画を復元するなど、今では議会図書館に次いでアメリカの映画遺産を守る巨大なアーカイブとなっています。

このUCLA映画テレビアーカイブが1988年から毎年開催しているUCLA復元映画祭(UCLA Festival of Preservation)を初めて本格的に日本に紹介する本企画では、無声映画から1980年代までの代表的な復元作品の12本を上映します。

2色減色方式テクニカラーの妖艶さ、ジョン・フォードやバッド・ベティカーの西部劇、レッド・パージ時代の独立プロが放ったフィルム・ノワールの力強さ、アメリカン・ニューシネマの先駆となる60年代の実験性、80年代にアメリカ史の中で個人を照射したロバート・アルトマンやジョン・セイルズの作品など、アメリカ映画の多様さと歴史の厚みをお楽しみいただけます。UCLA映画テレビアーカイブの35mm復元フィルムを大スクリーンで鑑賞できる貴重な機会に、皆様のご来場をお待ち申し上げます。(東京国立近代美術館フィルムセンターウェブサイトより)

『UCLA 映画テレビアーカイブ 復元映画コレクション』

2016年10月25日(火)~11月6日(日)
会場:東京都 京橋 東京国立近代美術館フィルムセンター 大ホール
上映作品:
『恋の睡蓮』(監督:チェスター・フランクリン)
『虚栄の市』(監督:ルーベン・マムーリアン)
『荒野の決闘[非公開試写版]』(監督:ジョン・フォード)
『悪の力』(監督:エイブラハム・ポロンスキー)
『魅せられて』(監督:マックス・オフュルス)
『遅すぎた涙』(監督:バイロン・ハスキン)
『群狼の街』(監督:サイ・エンドフィールド)
『七人の無頼漢』(監督:バッド・ベティカー)
『ザ・コネクション』(監督:シャーリー・クラーク)
『ミッキー・ワン』(監督:アーサー・ペン)
『わが心のジミー・ディーン』(監督:ロバート・アルトマン)
『メイトワン1920』(監督:ジョン・セイルズ)
休館日:月曜、11月1日
料金:一般1,300円 高大生・シニア1,100円 小中学生520円
※障害者手帳を提示で520円(付添者は1名まで)

続きを見る
  • 『遅すぎた涙』 35mm restored print courtesy of the UCLA Film & Television Archive. Restoration funding provided by the Film Noir Foundation.
    『遅すぎた涙』 35mm restored print courtesy of the UCLA Film & Television Archive. Restoration funding provided by the Film Noir Foundation.
  • 『UCLA 映画テレビアーカイブ 復元映画コレクション』フライヤービジュアル
    『UCLA 映画テレビアーカイブ 復元映画コレクション』フライヤービジュアル
画像を拡大する(3枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年