イベントを探す?

  • 2016年10月29日(土)〜2016年10月31日(月)

『オトトヒト2016』

ついに結成4年目を迎えた音楽イベント企画集団【音めがね】がお送りする、昨年度の初開催が大好評だった武蔵野美術大学芸術祭特設ステージ【オトトヒト】が今年も開催!

今年はなんと、2ステージでの開催!(3日目はムサビ生パフォーマーONLYのため入場フリー!)アートワークは、武蔵野美術大学卒・LINEスタンプなどで人気急上昇中のアーティスト、新波ふらむが担当。

さらに、シンガーソングライターHARCOによる書き下ろしテーマ曲を、2016リミックスVer.としてお届け!美大生たちが施す、華やかな会場装飾も必見。芸術祭当日は、本格的な作品展示や、学内にところ狭しと並ぶフリーマーケット、模擬店も充実!ゲイバー、パレード、ちょっとアレなお神輿も。

ムサビにまったく縁がないひとも楽しめる、武蔵野美術大学芸術祭に来るきっかけになったとしたら。(音めがねウェブサイトより)

『オトトヒト2016』

2016年10月29日(土)~10月31日(月)
会場:東京都 武蔵野美術大学 鷹の台キャンパス 体育館特設ステージ
10月29日出演:
かせきさいだぁ&ハグトーンズ
ONIGAWARA
神宿
トリプルファイヤー
chelmico
谷澤智文
笹口騒音ハーモニカ
ザ・プーチンズ
小林うてな
折坂悠太
高井息吹
VILLA!!
近藤ていゆう(バンドセット)
少年アダルト
ラヴミーズ
10月30日出演:
NATURE DANGER GANG
カラスは真っ白
林家たい平
細貝圭
切腹ピストルズ
テニスコーツ
ジョニー大蔵大臣
白波多カミン
古川麦
City Your City
バスクのスポーツ
バクバクドキン
大福
ジギジギボーイズ
穴六
10月31日出演:
PUNCH☆STA
ゆきんこ
美菜海
Sora Ishikawa
料金:
1日券 一般2,800円 高校生・70歳以上500円 アフター5チケット1,500円
2日通し券 一般5,000円
※中学生以下無料
※10月31日は入場無料

続きを見る
  • 『オトトヒト2016』フライヤービジュアル
    『オトトヒト2016』フライヤービジュアル
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

中村佳穂『SING US “忘れっぽい天使 / そのいのち”』(live ver.)

古来、歌というものは、すなわち「祈り」だった。中村佳穂というシンガーの歌を聴いて思うのはそんなこと。リリース前の音源を事前配布し、来場者と歌うという試み自体もすごいが、各々の歌う声が重なることにより生まれるエネルギーの躍動はもっとすごい。私たちは、ディスプレイを前にそんな音楽の奇跡を目の当たりさせられる。(山元)

  1. ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現 1

    ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現

  2. 徳永えり主演ドラマ『恋のツキ』に川谷絵音が出演 映画監督役で演技初挑戦 2

    徳永えり主演ドラマ『恋のツキ』に川谷絵音が出演 映画監督役で演技初挑戦

  3. 小栗旬VS窪田正孝の死闘や三浦春馬も登場 映画『銀魂2』予告編&新写真 3

    小栗旬VS窪田正孝の死闘や三浦春馬も登場 映画『銀魂2』予告編&新写真

  4. 欅坂46・平手友梨奈が平手打ち&不良の指を折る 『響 -HIBIKI-』予告編 4

    欅坂46・平手友梨奈が平手打ち&不良の指を折る 『響 -HIBIKI-』予告編

  5. King Gnu常田大希の野望と目論み 次の時代を見据える男の脳内 5

    King Gnu常田大希の野望と目論み 次の時代を見据える男の脳内

  6. サニーデイ・サービスの丸山晴茂が5月に逝去 食道静脈瘤破裂のため 6

    サニーデイ・サービスの丸山晴茂が5月に逝去 食道静脈瘤破裂のため

  7. 『音楽チャンプ』を制覇した16歳。琴音の謎めいた素顔に迫る 7

    『音楽チャンプ』を制覇した16歳。琴音の謎めいた素顔に迫る

  8. Coccoが21着限定のスカートを販売 売上を豪雨被害のチャリティーに寄付 8

    Coccoが21着限定のスカートを販売 売上を豪雨被害のチャリティーに寄付

  9. チャットモンチーの青春は終わっていない。ラストワンマンを観て 9

    チャットモンチーの青春は終わっていない。ラストワンマンを観て

  10. ホン・サンス×キム・ミニのタッグ作が4本連続公開 背景やねらいを訊く 10

    ホン・サンス×キム・ミニのタッグ作が4本連続公開 背景やねらいを訊く