イベントを探す?

  • 2016年10月31日(月)

『北川フラムの仕事論 大地の芸術祭と瀬戸内国際芸術祭から学ぶ アートと地域づくり』

このたび、2015年に開催された大地の芸術祭の記録集『大地の芸術祭 越後妻有トリエンナーレ2015 地球環境時代のアート』、そして瀬戸内国際芸術祭のプロデューサー福武總一郎さんと、北川フラムさんの初の共著『直島から瀬戸内国際芸術祭へ─美術が地域を変えた』が現代企画室より刊行されました。

過疎高齢化が進む日本有数の豪雪地・越後妻有(新潟県十日町市、津南町)を舞台に「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」を企画、実現させたアートディレクター北川フラムさん。真っ白な状態からのスタートで、実現に至るまでには山あり谷ありだったようです。しかし、北川さんが大地の芸術祭にかける想いは並大抵のものではなく、地元の方に向けて2000回にも及ぶ説明会を開催するなど、徹底的に自分の想いを伝え、企画を形に変えていきました。2000年に幕を開けた大地の芸術祭は、3年に1度のペースで開催され、2015年で第6回目を迎えました。大地の芸術祭がスタートして15年、企画構想の時期を踏まえると実に20年経ちます。

一方、同じく北川フラムさんがディレクターを務める、瀬戸内国際芸術祭は、2010年に幕を開け、今年2016年に第3回を迎えます。開催当初から変わらず国内外から注目を浴び、多くの人を魅了しています。

アートで地域づくりをする機運が高まる中、大地の芸術祭と瀬戸内国際芸術祭はその火付け役であるとともに、今ではすっかり地域に根付き、地元の方、鑑賞者、アーティストに愛され、世界中の人々の芸術欲を掻き立てている芸術祭だといえるでしょう。現に、大地の芸術祭の来場者数は年々増え続けているとともに、地元住民の方々が自主的に「ウェルカムアート」なる作品を作成するなど、さまざまな広がりも見せています。そこには、「アート」と「地域づくり」を考える大切なヒントがたくさん詰まっているのではないでしょうか。

そこで今回は、そんなヒントを探るべく、北川フラムさんから、大地の芸術祭と瀬戸内国際芸術祭を例に「アートによる地域づくり」を学びます。地域に理解され、愛され続けるアートプロジェクトをつくるにはどうすればよいのでしょうか。北川さんが芸術祭づくりやアートディレクターの仕事で大切にされていることは何でしょうか。

大地の芸術祭、瀬戸内国際芸術祭の影も形もなかったころから今日に至るまでの軌跡をたどりながら、北川さんがいかにして、そしてどのような想いで芸術祭を作り上げてきのか、さらには北川さんが手がけられる芸術祭の未来にいたるまで、とことんお話いただきます。

また、本会は、事前に北川さんへの質問を募り、会の後半では、参加者の皆様も交えての質問・相談会を開催します。ぜひ、北川さんと一緒に、アートと地域づくりの可能性を考えましょう!(青山ブックセンターウェブサイトより)

『北川フラムの仕事論 大地の芸術祭と瀬戸内国際芸術祭から学ぶ アートと地域づくり』

2016年10月31日(月)
会場:東京都 表参道 青山ブックセンター 本店 小教室
料金:2,160円

  • 北川フラム Photo by Junya Ikeda
    北川フラム Photo by Junya Ikeda
  • ナウィン・ラワンチャイクン+ナウィンプロダクション 赤倉の学堂 Photo Gentaro Ishizuka
    ナウィン・ラワンチャイクン+ナウィンプロダクション 赤倉の学堂 Photo Gentaro Ishizuka
  • 渡辺泰幸 実の音 photo by Hiroshi Hatori
    渡辺泰幸 実の音 photo by Hiroshi Hatori
  • 鉢&田島征三 絵本と木の実の美術館 photo Ayumi Yanagi
    鉢&田島征三 絵本と木の実の美術館 photo Ayumi Yanagi
  • こへび隊
    こへび隊
画像を拡大する(5枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PUNPEE“タイムマシーンにのって”

あのPUNPEEがまたやった!!! 昨年発売のアルバム『MODERN TIMES』から初のMVとなる“タイムマシーンにのって”が公開。1度見ただけでも存分に楽しめる作品だけれど、この情報量の多さ。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を思わせる時計台のロゴがSEIKOならぬSAYHOになっていたり、車体に『AKIRA』の成田山ステッカーが貼られていたり……ピザなど頼んで細部まで何時間も見ていたい。(井戸沼)

  1. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 1

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  2. 桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役 2

    桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役

  3. ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』 3

    ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』

  4. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 4

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  5. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 5

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  6. 映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら 6

    映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら

  7. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 7

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  8. 太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像 8

    太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像

  9. 新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など 9

    新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など

  10. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 10

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー