イベントを探す?

  • 2016年11月3日(木)〜2017年1月15日(日)

『アンパンマンとやなせたかし展』

やなせたかし(1919-2013)は、国民的キャラクター「アンパンマン」の生みの親であり、童謡「手のひらを太陽に」などの作詞も手掛け、漫画家・詩人・イラストレーターとして幅広く活躍しました。その温かく、ユーモラスで、ときに哲学的な作品は、まだ言葉を持たない幼児をも魅了し、大人には大切なものを思い出させてくれる、強い力を持っています。

戦争体験、長い下積み時代、遅咲きのヒットを経験したやなせは、困難な状況においても生きることの喜びを伝え、東日本大震災では自らが作詞した「アンパンマンのマーチ」が多くの人々を励ましました。親しみやすい絵柄、分かりやすい言葉、愛に満ちたやなせワールドは、これからも私たちの心に寄り添い、勇気を与え続けてくれるでしょう。

本展は、アンパンマンを描いたキャンバス画のほか、『やさしいライオン』などの絵本原画や、30年間編集長を務めた『詩とメルヘン』の表紙原画、直筆の漫画原稿を中心とした約350点で、やなせの多彩な軌跡をたどります。子どもから大人まで楽しめる展覧会です。(新潟市美術館ウェブサイトより)

『アンパンマンとやなせたかし展』

会場
新潟市美術館(新潟県)
公演期間
2016年11月3日(木)〜1月15日(日)
注意事項
開館時間=9:30~18:00。入館は閉館の30分前まで。休館日=月曜日(但し、12/26、1/2、1/9は開館)、12/29(木)~1/1(日)。中学生以下無料。障害者手帳・療育手帳をお持ちの方は無料。当日受付にて要手帳提示。
問い合わせ先
新潟市美術館:025-223-1622
チケットぴあ より

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 1

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  2. 大野智がNHK『LIFE!』でダンス披露 『嵐にしやがれ』とのコラボ企画 2

    大野智がNHK『LIFE!』でダンス披露 『嵐にしやがれ』とのコラボ企画

  3. 三島由紀夫作の舞台『熱帯樹』に林遣都、岡本玲ら 演出は小川絵梨子 3

    三島由紀夫作の舞台『熱帯樹』に林遣都、岡本玲ら 演出は小川絵梨子

  4. TOSHI-LOWとフェス。アーティスト兼主催者目線で、現状を語る 4

    TOSHI-LOWとフェス。アーティスト兼主催者目線で、現状を語る

  5. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 5

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 安室奈美恵の1994年からの歴代CM45本を一挙公開 AbemaTVの生放送特番 7

    安室奈美恵の1994年からの歴代CM45本を一挙公開 AbemaTVの生放送特番

  8. 平手友梨奈の「予測不可能」な生き様。初主演映画『響 -HIBIKI-』が公開 8

    平手友梨奈の「予測不可能」な生き様。初主演映画『響 -HIBIKI-』が公開

  9. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 9

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  10. Amazon.co.jpが音楽イベントのストリーミング配信を開始。その狙いを訊く 10

    Amazon.co.jpが音楽イベントのストリーミング配信を開始。その狙いを訊く