イベントを探す?

  • 2016年11月5日(土)〜

『溺れるナイフ』

『溺れるナイフ』 ©ジョージ朝倉/講談社 ©2016「溺れるナイフ」製作委員会
『溺れるナイフ』 ©ジョージ朝倉/講談社 ©2016「溺れるナイフ」製作委員会

ジョージ朝倉による同名漫画をもとにした映画『溺れるナイフ』。東京で雑誌モデルをしていたが、父の故郷である浮雲町に引っ越すことになった美少女・望月夏芽が、地元を取り仕切る神主一族の末裔で跡取り息子の長谷川航一朗に出会い、彼に強烈に惹かれていく様を描くラブストーリーだ。メガホンを取るのは、『5つ数えれば君の夢』『おとぎ話みたい』などの山戸結希。

コウこと航一朗のことを「わたしの神さん」だと信じ、特別視するようになる夏芽役を演じるのは、映画初主演を果たす小松菜奈。独特の雰囲気を持つ夏芽のクラスメイトで、夏芽の美しさに自分と同じ特別な力を感じて惹かれていく金髪のコウ役を菅田将暉が演じる。さらにコウとの関係に傷ついた夏芽に寄り添うクラスメイト・大友勝利役に重岡大毅(ジャニーズWEST)、夏芽とコウに憧れる松永カナ役に上白石萌音がキャスティングされている。

『溺れるナイフ』

2016年11月5日(土)からTOHOシネマズ渋谷ほか全国で公開
監督:山戸結希
脚本:井土紀州、山戸結希
原作:ジョージ朝倉『溺れるナイフ』(講談社)
出演:
小松菜奈
菅田将暉
重岡大毅(ジャニーズWEST)
上白石萌音
志磨遼平(ドレスコーズ)
斉藤陽一郎
嶺豪一
伊藤歩夢
堀内正美
市川実和子
ミッキー・カーチス
配給:ギャガ

続きを見る
  • 『溺れるナイフ』 ©ジョージ朝倉/講談社 ©2016「溺れるナイフ」製作委員会
    『溺れるナイフ』 ©ジョージ朝倉/講談社 ©2016「溺れるナイフ」製作委員会
  • 『溺れるナイフ』 ©ジョージ朝倉/講談社 ©2016「溺れるナイフ」製作委員会
    『溺れるナイフ』 ©ジョージ朝倉/講談社 ©2016「溺れるナイフ」製作委員会
  • 『溺れるナイフ』ポスタービジュアル ©ジョージ朝倉/講談社 ©2016「溺れるナイフ」製作委員会
    『溺れるナイフ』ポスタービジュアル ©ジョージ朝倉/講談社 ©2016「溺れるナイフ」製作委員会
画像を拡大する(6枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 漫画家・鳥飼茜が浅野いにおとの結婚を報告、日記公開 1

    漫画家・鳥飼茜が浅野いにおとの結婚を報告、日記公開

  2. 『このマンガがすごい!』OP曲はアンジュルム、蒼井優がOP映像で振付披露 2

    『このマンガがすごい!』OP曲はアンジュルム、蒼井優がOP映像で振付披露

  3. 後藤正文主宰only in dreamsのイベント『Gifted』11月開催、第1弾で10組 3

    後藤正文主宰only in dreamsのイベント『Gifted』11月開催、第1弾で10組

  4. 高畑充希主演ドラマ『忘却のサチコ』に温水洋一がゲスト出演&ED曲はedda 4

    高畑充希主演ドラマ『忘却のサチコ』に温水洋一がゲスト出演&ED曲はedda

  5. 勝地涼×澤部佑 深夜の大人向けNHK教育番組『ジミーとふしぎな雑誌たち』 5

    勝地涼×澤部佑 深夜の大人向けNHK教育番組『ジミーとふしぎな雑誌たち』

  6. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 6

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  7. 『新潮45』が休刊、「十分な編集体制を整備しないまま刊行」 7

    『新潮45』が休刊、「十分な編集体制を整備しないまま刊行」

  8. 『フェルメール展』に日本初公開含む9点が来日 『牛乳を注ぐ女』も 8

    『フェルメール展』に日本初公開含む9点が来日 『牛乳を注ぐ女』も

  9. 堀未央奈×清水尋也×板垣瑞生×間宮祥太朗 山戸結希監督『ホットギミック』 9

    堀未央奈×清水尋也×板垣瑞生×間宮祥太朗 山戸結希監督『ホットギミック』

  10. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 10

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音