イベントを探す?

  • 2016年11月11日(金)

『J-WAVE THE BASS DAY LIVE 2016』

左上から時計回りに、ハマ・オカモト、KenKen、ミト、亀田誠治
左上から時計回りに、ハマ・オカモト、KenKen、ミト、亀田誠治

ベーシストの亀田誠治が提案し、記念日登録された11月11日、ベースの日。2年目を迎える11月11日「ベースの日」に、赤坂ブリッツでベースの日を祝うイベント「J-WAVE THE BASS DAY LIVE 2016」を開催します。

このイベントは、日本を代表するベーシストの、亀田誠治、KenKen(RIZE,Dragon Ash,LIFE IS GROOVE...)、ハマ・オカモト(OKAMOTO'S)、ミト(クラムボン)が、それぞれジャンルレスにセッション相手を迎え、一期一会のパフォーマンスを繰り広げる、ライブ・イベントです。

亀田誠治は、MONGOL800のキヨサクと、ブラフマンのドラマーRONZIを迎えて。ハマ・オカモトは、ZAZEN BOYSのべーシスト吉田一郎を、そして、ミトは、チェリストの徳澤青弦、サウンド・アーティストの澤井妙治を、KenKenは、the dayや獄門島一家、SPEEDER-Xでもリズム隊を務めるドラマーの中村達也を、それぞれ迎えてお届けする、一夜限りのスペシャル・ライヴ!

日本の音楽シーンの第一線で活躍するオリジナリティー溢れるベーシストたちが、ベースでどのような表現をみせるのか!?会場に鳴り響く圧巻の低音!それぞれのゲストとの間に生まれる化学反応は予測不可能!ベースの可能性をダイレクトに体感する、一夜限りのドリーム・マッチにどうぞご期待ください。(プレスリリースより)

『J-WAVE THE BASS DAY LIVE 2016』

2016年11月11日(金)
会場:東京都 赤坂BLITZ
出演:
亀田誠治
ハマ・オカモト
KenKen
ミト
ゲスト:
ウクレレジプシー(キヨサク from MONGOL800)
RONZI(BRAHMAN)
吉田一郎(ZAZEN BOYS)
徳澤青弦
澤井妙治
中村達也(MANNISH BOYS)
料金:スタンディング5,800円 2F指定席6,300円(共にドリンク別)

続きを見る

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年