イベントを探す?

  • 2016年11月11日(金)〜2016年12月24日(土)

篠田太郎『太陽と富士山とスティーブ・ライヒ』

篠田太郎『太陽と富士山とスティーブ・ライヒ』2016年
 Courtesy of MISA SHIN GALLERY
篠田太郎『太陽と富士山とスティーブ・ライヒ』2016年 Courtesy of MISA SHIN GALLERY

MISA SHIN GALLERYは、11月11日(金)から12月24日(土)まで、篠田太郎の新作による個展「太陽と富士山とスティーブ・ライヒ」を開催いたします。

篠田太郎は1964年生まれ、造園を学んだ篠田は、宇宙を含む森羅万象を「人類の営みが共在するような進化する自然として理解する」ことをテーマに、人間と自然の新しい関係を提起するスケールの大きなインスタレーション作品などを発表してきました。近年では特に現代の都市風景やテクノロジーの発展した日常環境と人間との関係を考えることで、生活、社会、文化を含めて抽象化された自然の概念についての洞察を深めています。

MISA SHIN GALLERYでの初めての個展となる「太陽と富士山とスティーブ・ライヒ」は、鉄の化合物である鉄塩の感光性を利用した写真のプリント技法、青写真で制作された作品です。鉄塩を塗った印画紙の上に、富士山の頂上から持ち帰った砂や小石を置き、その印画紙の下にスピーカーを設置。スティーブ・ライヒのミニマルな音型によって振動した砂や小石が、太陽の光で感光することで線や陰影を生み出します。それは、音の振動という不可視なものが、太陽の光というもっとも根源的な自然の力によって可視化され、アーティストの意思を超えて自然現象として生み出されるプルシアンブルーの絵画となります。

「私たちの文明は原子力を除き、地球に存在する物質を加工する事で成り立っています。つまり物質自体を創造することは出来ませんが、存在する物質を別の物質に置き換えることが出来る。そしてやはり原子力を除き、植物の光合成にはじまり、食物連鎖、燃料などあらゆる営みを太陽に依存しているのです。」

太陽の光、地球上の鉱物、音の振動など、すでに存在する元素が化学反応をおこし別の物質に生まれ変わるプロセスの痕跡「太陽と富士山とスティーブ・ライヒ」、どうぞご高覧下さい。(プレスリリースより)

篠田太郎
『太陽と富士山とスティーブ・ライヒ』

2016年11月11日(金)~12月24日(土)
会場:東京都 白金高輪 MISA SHIN GALLERY
時間:12:00~19:00
休廊日:日、月曜、祝日
料金:無料

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『悲しみに、こんにちは』予告編

映画『悲しみに、こんにちは』予告編。両親の死によって、都会から田舎の伯父伯母のもとに引き取られることになった少女・フリダ。スペイン・カタルーニャで過ごす彼女の、きらめくようなひと夏の様子が、新鋭監督による瑞々しい感性によって描かれています。映画批評サイト「ロッテン・トマト」100%Fresh獲得も納得の一作です。(久野)

  1. 『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート 1

    『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート

  2. 吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ 2

    吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ

  3. ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す 3

    ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す

  4. ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現 4

    ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現

  5. 夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演 5

    夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演

  6. SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤 6

    SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤

  7. アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』 7

    アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』

  8. 『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画 8

    『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画

  9. 細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像 9

    細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像