イベントを探す?

  • 2016年11月16日(水)〜2016年11月20日(日)

江頭誠『Rose Blanket Collection'16』

スパイラルは、今年5月に開催したSICF17(第17回スパイラル・インディペンデント・クリエータ―ズ・フェスティバル)に於いて出展クリエーター100組の中からグランプリに輝いたアーティスト江頭誠による個展『Rose Blanket Collectionʼ16』を2016年11月16日(水)―20日(日)ショウケース(スパイラル1F)にて開催します。

高度経済成長期、日本の一般家庭に広く普及したロココ調の花柄の毛布を用いた立体作品を制作する、江頭誠。SICF17では、出展ブースの空間を生かし、花柄の毛布で洋式トイレの個室を再現。人々が共有している典型的な日本の家庭風景の記憶を蘇らせ、日本が戦後長らく抱いてきた西洋文化へのコンプレックスや憧れなどを巧みに表現しました。アイデアと表現手法の合致、ユーモア溢れる作品そのものが高く評価され、グランプリ受賞に至りました。

本展では、約10畳のガラス張りのショウケースを洋間に見立て、天井から床に至るまで、すべてのものをバラ模様の毛布で包んだ空間を出現させます。神棚、クリスマスツリー、和ダンス、シャンデリアなど、和と洋が入り混じった空間に足を踏み入れる時、日本の一般的な家庭における原体験の記憶に想いを巡らすはずです。(スパイラルウェブサイトより)

江頭誠
『Rose Blanket Collection'16』

2016年11月16日(水)~11月20日(日)
会場:東京都 表参道 スパイラル
時間:11:00~20:00
料金:無料

  • 江頭誠『Rose Blanket Collection'16』メインビジュアル
    江頭誠『Rose Blanket Collection'16』メインビジュアル
  • 『お花畑』(2016)中古毛布、発泡スチロール 撮影:市川勝弘
    『お花畑』(2016)中古毛布、発泡スチロール 撮影:市川勝弘
  • 『神宮寺宮型八棟造』(2015)中古毛布、発泡スチロール 第18回岡本太郎現代芸術賞展 特別賞受賞作品 写真提供:川崎市岡本太郎美術館
    『神宮寺宮型八棟造』(2015)中古毛布、発泡スチロール 第18回岡本太郎現代芸術賞展 特別賞受賞作品 写真提供:川崎市岡本太郎美術館
画像を拡大する(3枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『悲しみに、こんにちは』予告編

映画『悲しみに、こんにちは』予告編。両親の死によって、都会から田舎の伯父伯母のもとに引き取られることになった少女・フリダ。スペイン・カタルーニャで過ごす彼女の、きらめくようなひと夏の様子が、新鋭監督による瑞々しい感性によって描かれています。映画批評サイト「ロッテン・トマト」100%Fresh獲得も納得の一作です。(久野)

  1. 『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート 1

    『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート

  2. 吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ 2

    吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ

  3. ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す 3

    ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す

  4. ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現 4

    ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現

  5. 夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演 5

    夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演

  6. SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤 6

    SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤

  7. アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』 7

    アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』

  8. 『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画 8

    『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画

  9. 細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像 9

    細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像