イベントを探す?

  • 2016年11月19日(土)〜2016年11月20日(日)

第10回『東京蚤の市』

「東京蚤の市」が記念すべき10回目を迎えようとしています。

東京蚤の市は、真に“東京を代表する”蚤の市になることができたでしょうか?その答えを出す役目はみなさまにお譲りするとして、10回、まる5年という歳月を経て、東京蚤の市は当初私たちが想像していた以上のお客様にご来場いただくイベントになりました。東京にとどまらず、全国各地から、そして海外からも多くの方が訪れる新しいエンターテイメントの場として成長してきたのではないかと自負しています。

古いものをメインで扱いながらも“新しいエンターテイメント”というのはなんだか不思議な気がするかもしれませんが、これこそが東京蚤の市の本質だと思うのです。時の地層の奥底に眠っていたものを“いま”の視点で見せること。忘れられていた機能を再発見したり、削ぎ落とされていた工程をあえて復活させてみたり、ひと昔前では「手間」と言われていたところに魅力を見出していくこと。そんな新たな楽しみを、出店者のみなさん、そして東京蚤の市を愛するみなさんが作り、輪を広げてきてくれました。

古道具、古家具、古雑貨、紙もの、食べ物、古書に古着。本体に負けない「東京北欧市」と「東京豆皿市」。ワークショップ、そしてライブやショーも東京蚤の市ならではのラインナップでお迎えいたします。いつも無表情な彼や彼女がついつい顔をほころばせてしまう2日間。秋色の京王閣で、みなさまのお越しをお待ちしております。(『東京蚤の市』ウェブサイトより)

第10回『東京蚤の市』

2016年11月19日(土)、11月20日(日)
会場:東京都 東京オーヴァル京王閣
時間:11月19日9:30~17:00、11月20日9:00~17:00
料金:500円
※小学生以下無料

  • 第10回『東京蚤の市』ポスタービジュアル
    第10回『東京蚤の市』ポスタービジュアル
  • 第10回『東京蚤の市』イメージビジュアル
    第10回『東京蚤の市』イメージビジュアル
  • 第10回『東京蚤の市』イメージビジュアル
    第10回『東京蚤の市』イメージビジュアル
  • 第10回『東京蚤の市』イメージビジュアル
    第10回『東京蚤の市』イメージビジュアル
  • 第10回『東京蚤の市』イメージビジュアル
    第10回『東京蚤の市』イメージビジュアル
画像を拡大する(7枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年